野良箱

同人漫画サークル

コミティア89(COMITIA89)に委託参加した感想

※2009/09/08 追記

本日2009/08/23は、コミティア89の開催日です。
うちのスペース情報は、こちらのページでご確認いただけます。

今回、頒布物に同封したペーパーは、以下の通りです。
長髪髭おっさん 金髪ハーマイオニー系ふわふわくせっ毛幼女 女の子

ペーパーでは、「次回以降はなるべく直参」って書いてありますが、次回11月ティアは欠席いたします。2月は直参予定です。

新刊「報われない子供」の誤植情報です。
p17
(誤)「研究成果の述べるように」
(正)「研究成果を述べるように」

P18
(誤)「図書館」
(正)「図書室」

その他、誤植、デッサン狂い、不要な線の消し忘れ、キャラの顔がコマごとに違うなどの不具合を発見しましたら、然るべき形に脳内補正しておいてください。
P12の1コマ目、キャラの顔が草なぎ剛さんに似ているのは偶然です。別に彼がモデルというわけではありません。

さて、私は今回はじめて委託参加をいたしました。
委託物の見本誌は、会場内の委託コーナーに並べられます。
買い手が、欲しい本をなんかの紙(見たことないので曖昧な記述ですいません)に書き、それをコミティアスタッフに渡すと、商品が買えるそうです。
これを「倉庫からの品出し方式」というらしいです。

今日は、本だけが東京の会場に行き、私は北海道に残ったため、イベントのレポートはできません。
が、委託参加ってこんな感じ、という手順について書いてみたいと思います。

まず、委託参加の申込をします。
コミティアにおける委託は、今のところ8月と2月の年2回しか受け付けていないようです。
また、オンラインによる受付は行われていません。郵送オンリーです。
直接参加用の申込要領を読んでおくことは必須条件で、委託申込用紙にも、「ちゃんと読んだよ」とチェックを入れる箇所があります。

委託セット数により、料金が異なります。
1セットは、1種・30部までです。
2種でそれぞれ15部を委託する場合は、2セットの申込になります。
また、1種を45部委託する場合も、1セット30部の上限を超えているため、2セットの申込となります。

申込後、抽選に受かってスペースが取れると、委託参加用の案内書が届きます。これは、直接参加用のものとは異なり、スペース配置図などはついてきません。
案内書には、委託依頼書であるところの「委託品リスト」の書き方や委託物の納品方法が書かれています。

「委託品リスト」には、コミティアの角印(朱色)が押されています。
コピーは不可で、この印が押されたものだけが原本として有効です。
「委託品リスト」に、委託物の名称、数量(見本誌を除く)、サイズ、販売価格、18禁の有無と売上の送金方法等の必要事項を記入したら、署名します。

署名後、コピーをとり、コピーの方に自分のハンコを押印します。
つまり、コミティアの印が白黒で、自分の印が朱色という状態になります。
原本は手元に保存し、コピーの方を委託物、在庫返却用伝票(たしか、ヤマト運輸)と共にコミティアに送ります。

なお、コミティアには、イベント開催の10日前必着です。
新刊原稿の〆切設定は、お早めに。

委託物のビニール袋詰めは必須です。
袋の封は必ず綴じなければいけません。

また、袋の余った部分は、テープで止めるなどして、邪魔にならないようにします。

コミティア当日は、委託スペース上に、ポップやポスターなどのディスプレイ物を置くことはできません。
また、ペーパーやフライヤーも置けません。

本の購入者にペーパーを配布したい場合は、折ったペーパーを委託物に挟み込み、一緒に袋詰めすると良いです。

売れ残った在庫物は、数日後に「委託品リスト」と共に返却されてきます。
そこには、こちらから送った委託依頼書に色々書き足して、コミティアの印を押したものも同梱されているそうです。

というわけで、今日の時点では、何冊売れたのか、はたまた1冊も売れなかったのかは、不明です。

委託参加は、私のような地方在住者にとって、交通費と宿泊費がかからないという大きなメリットがあります。
東京近郊にお住まいの方でも、「コミティア当日、予定が合わなくて会場に行けない」という場合、有効利用できます。

デメリットは、コミティアに参加する友人・知人に会えないこと、イベント参加の実感が湧きにくいこと、頒布物に関する生の反応を見られない・聞けないこと、他サークルの本を買えないこと、在庫がすぐに手元に戻ってこないこと、売上を当日に把握できないこと、納品〆切が早いこと、ディスプレイでアピールできないこと、などがあると思います。

でも、今回は、委託参加できて本当に良かったです。
とにかく、精神的にも体力的にも金銭的にもお得で楽ちんなのです。
自分で売り子や会計をやらなくて良いという利点もあります。(売り子業務が好きな人には物足りないかと思いますが。)
コミティアスタッフの方、ありがとうございます!

【追記】2009/09/08在庫が返却されてきました。

新刊「報われない子供」の袋の外には、「85-1 ¥200」というシールが、既刊「GUN MeDICINe」には「85-2 ¥400」というシールが貼られていました。
スペースNo.「委085」の内の1種目、2種目という意味でしょう。

戻ってきた「委託品リスト」には、残部・販売数・売り上げ合計が、書かれてました。
リスト送付時に私が押した印鑑(朱)は、白黒状態になり、新たにCOMITIAのハンコ(朱)が押されていました。
向こうでコピーを取ったのですね。

売り上げ冊数は、直接参加の時より若干落ちる感じです。
(サークルさんによっては、委託参加の方が売れる所もあるらしい。)

お買い上げいただいた方、ありがとうございました!!
  1. 2009/09/08(火) 12:53:58|
  2. 同人誌・オフライン

FC2Ad