野良箱

同人漫画サークル

森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
(2008/12/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る

【あらすじ】
自分の後輩である「黒髪の乙女」に恋する「先輩」は、夜の町で、古本市で、学園祭で、彼女の後姿を追い続ける。
怪しげな団体が多数登場し、二人の恋愛(?)を彩るのだった。
「先輩」の想いは、「黒髪の乙女」に通じるのか。
彼の「ロマンチックエンジン」は、止まらない。

【途中までネタバレなし感想】
この作品は、週間少年マガジン連載中の漫画「さよなら絶望先生」(久米田康治・作)にて、あまりよろしくない意味でネタにされていました。
うろ覚えですが、「京大出身の作者が書いた、いかにも頭いいでしょ?という難しい言い回しを多用し、それを読んだなら、面白いと言わなければならないという空気を出している小説」というような文脈で登場してました。
それに対し、絶望先生ファンで、かつ、森見ファンの人が「その、簡単なことをややこしく書くのが、モリミー小説の面白いとこなんだけどね」と書き込んでいるのを、どこかで見ました。

で、実際読んでみると、これが大変面白い、いや、オモチロイ文体でした。
どうでもいいことを、妙ちくりんかつ、イメージしやすい言い回しで書いており、全編ギャグのように感じられました。
高尚っぽい語り口なのに、その内容は情けなかったりしょーもなかったりすることが多く、それが可笑しみに繋がっているのです。

作者の森見先生は、自身のブログで「さよなら絶望先生」に自著が登場したことを報告し、喜んでいるようでした。
登美彦氏の長女っぽい本、マンガに出る。(森見氏ブログ記事)

さて、お話の中身ですが、単なる大学生男女のラブストーリーに終わらず、個性的過ぎる登場人物達の変人祭となっていました。
主人公二人からしてちょっと変わってますし。

以下、登場団体の紹介です。

詭弁論部…詭弁を行う部活。伝統の詭弁踊りは、両手を頭上で合わせ体をくねらせるというもの。学園祭では「ごはん原理主義者VSパン食連合」という討論会を主催した。

閨房調査団…色事にまつわる品を集める人々。春画なども守備範囲。大学には青年部が存在する。

京福電鉄研究会…京福電鉄の古い時刻表を手に入れようとしたり、かつて京都と福井を結んでいたという幻の車両を研究し、その模型を制作したりする。

自主制作映画サークル「みそぎ」…ゲリラ的に演劇を行う「偏屈王」の公演を撮影している。

他にもありますが、大体こんな感じです。

どこまでが現実でどこからが夢や妄想なのか分りませんが、天狗や達磨、竜巻で空に巻き上げられる錦鯉、古本市の神様、風邪の神様など、和風ファンタジーな存在が複数出てきます。
物語もそれに伴い、摩訶不思議なものとなっています。

三階建電車、偽電気ブラン(酒)、韋駄天コタツ、パンツ総番長、象の尻、女装姿の美しい事務局長などなど謎な物体、人も多数登場します。

「黒髪の乙女」の脳内CVは、野中藍さんでした。
彼女は、大学一回生にして酒豪なのですが、何歳なのでしょうか。未成年でも別に構いやしませんけど。

本文は、「先輩」パートと「黒髪の乙女」パートという二つの視点に分かれ、それぞれの一人称で書かれています。
完璧にではないのですが、おおむね交互です。
「先輩」パートは、「だ、である」形なのに対して、「黒髪の乙女」パートは、「です、ます」調です。
そのパートの絡み合いとタイミングが絶妙でした。

【以下、ネタバレあり感想】






絵本「ラ・タ・タ・タム」に同時に手を伸ばした二人ににやりとしました。
それは、散々「先輩」が妄想していたものです。
しかし、彼はすでに作戦を変更していたのでした。
それは、火鍋耐久レースで優勝し、「ラ・タ・タ・タム」を手に入れた後、それを「黒髪の乙女」に差し出すというものだったのです。
しかし、先に捨てたほうの作戦がまさかの成功。
めっちゃくちゃベタなシーンですし、散々読者に予告してあったにも関わらず、実際に起こってみると大変面白かったです。

樋口さんは、本当に天狗なのでしょうか。
この本は、微妙に超常現象が起こってますが、現実非現実の曖昧さが良いのだと思います。
巻末解説で羽海野チカ先生の描かれた樋口さんが、えらくかっこ良いです。
気に入ったセリフにつきましては、概ね羽海野先生と一緒です。
他にも迷言多数でした。

好奇心旺盛で初心な乙女と恋に恋し悶々とする男子。
その二人が喫茶店で会話するに至るまでの紆余曲折が描かれています。
そこで交わす会話が、この本全体のエピソードなんでしょうね。お互いのパートについて話すわけです。

「先輩」の自問自答は、普遍的な青春の難題です。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/07/09(木) 01:18:41|
  2. 読書感想文(小説)

FC2Ad