野良箱

同人漫画サークル

トム・ロブ・スミス「チャイルド44」(チャイルドフォーティフォー)

チャイルド44 上巻 (新潮文庫)チャイルド44 上巻 (新潮文庫)
(2008/08/28)
トム・ロブ スミス

商品詳細を見る

チャイルド44 下巻 (新潮文庫)チャイルド44 下巻 (新潮文庫)
(2008/08/28)
トム・ロブ スミス

商品詳細を見る

【あらすじ】
過酷な食料難の中、幼い兄弟が猫狩りに出かけた。兄は、食料として大人に連れ去られた。
それから二十年後、スターリン体制下のソ連で、少年の轢死体が発見された。
国家保安省の捜査官レオ・デミドフは、殺人を疑う遺族に対し、事故だと説得した。
レオはスパイ容疑者を追う。

【途中までネタバレなし感想】
帯に「このミステリーがすごい!2009年版 海外編 第1位」と書かれていたので購入しました。

上巻を読んでいて、「ミステリっぽくない」と感じていました。
ソ連の特殊な状況下で、ひたすら無実の人をスパイに仕立てあげ、捕え、拷問し、処刑する話という印象で、「殺人事件があって犯人がいて、それを推理する」ミステリのイメージとは違ったのです。
しかし、通して読んだら確かにミステリーでした。

上巻のラスト辺りから、レオがある事件の存在に気づくため、そこからグっと面白くなります。
下巻を読み終えた時には、上巻が大事だったことに気づきます。

なお、事件の犯人は、下巻の序盤で判明します。
しかし、レオがどうやってそれにたどり着くのかは、まだ、分らないようになっていました。

その後、浮かび上がる事実が意外ですし、大変面白かったです。

レオを愛する両親、よき妻ライーサ。そういった関係が一度は粉々になります。
そこからどう再生するのかが見物です。

この体制下では、普通に殺人事件を捜査することができません。
なぜなら、「平等で貧困のない、この成熟した国家の人間に、犯罪者などいるはずがない。」という考えがあるからです。
殺人をするような人間は、西やナチスの教育を受け洗脳された者か、外国のスパイか、性的異常者か、知的障害者か、なんにせよ「我が国民」に含まれていない不要な者に決まっている、というのです。
一般市民を犯人と疑う事自体が、国家に対する反逆なのです。
そんなわけで、レオは色々と大変な目に遭います。

事件の被害者達に共通する不可解な点を何を意味しているのか。
犯人は、何故このような猟奇的な行為をするのか。
その真相に驚くと共に、納得しました。

【以下、ネタバレあり感想】

レオが自白剤を射たれ名前を問われた時、「パーヴェル」と答えたのには驚きました。
「レオ」じゃないんか!
パーヴェルとは、物語冒頭に登場した少年達の、兄の方の名です。
その固有名詞はすっかり忘れていましたが、話の流れからいって、「これは20年前のあれだな」とピンときました。

パーヴェルは、大人に捕えられたものの、食べられてはいなかったのです。
そして、そのままそこの家族の子供になりました。
つまり今の両親はその時の…。
いやぁ、面白い。全然気づきませんでした。

連続児童虐殺事件の犯人アンドレイ・シドロフは、パーヴェルの生き別れの弟です。
アンドレイは、兄にだけ分るような印を、殺した子供につけていました。
口の中に木の皮を詰めること。足に紐をつけること。
アンドレイの連続殺人は、兄を取り戻すために行われていたのです。
普通の精神状態では、このような手段を取らないでしょう。
アンドレイは、兄に置き去りにされたという気持ちが強い上、パーヴェルを失い狂った母親と死体だらけの村で育ち、さらにドイツ兵の捕虜になりスパイとしても疑われたことで、すっかり歪んでしまったようです。
子供を殺す事は、大人になっても自分を探そうとしない兄に対する罰でもあったようです。

食料として捕えられた直後の少年レオことパーヴェルは、脳震盪で記憶がありませんでした。
しかし、その後は弟がいたことなどを思い出しています。
大人になってもアンドレイに会おうとしなかったのは、義理の両親のつらい過去を掘り返さないためでした。
レオが両親からもらった手紙は、途中で破り捨ててしまったため、読者には中身が分りませんでした。
恐らく、「子供だったレオを食料として捕え、そのまま家族として向かえたこと」「レオが自分達の血の繋がった子供ではないこと」が書かれていたのでしょう。

殺人犯とそれを追う捜査官が兄弟で、再会後カードゲームをする、というのは印象的な場面です。

ワシーリーは、レオに対してドSのツンデレですね。
彼は、レオを恨み苦しめいじめ抜くことに生きがいを見出していたせいか、レオが自分のしかけた罠で死んだであろうことを思い落ち込んでいました。そして、レオが生きていると知って気分が良くなりました。
なんだこの人。
結局、ワシーリーがレオの味方になることはなく、最期までレオを処刑しようとしていました。
ワシーリーからレオを救ったのは殺人犯のアンドレイです。

レオとライーサは、物語序盤で見殺しにしてしまったミハイル・ジノヴィエフの娘達を、養子として迎えることにしました。
ライーサが子供のできない体であることもあり、丸く収まったハッピーエンドになっていました。

しかし、自分の父親を、やっと会えた彼の兄(と嫁)に殺されてしまった娘、ナージャがかわいそうです。
ナージャはレオについて「父さんの兄さんはなんてハンサムなんだろう。どうすれば戦闘機のパイロットになれるかも教えてくれるだろう。」と、とても好感を持ちました。
それだけに、目の前で起こった父親殺しの衝撃は、さぞかし大きかったでしょう。
その行く末が気になります。新たな復讐者とならなければ良いのですが。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/06/03(水) 04:38:04|
  2. 読書感想文(小説)

FC2Ad