野良箱

同人漫画サークル

夢野久作「少女地獄」

少女地獄 (角川文庫)少女地獄 (角川文庫)
(1976/11)
夢野 久作

商品詳細を見る

【あらすじ】
全ての患者に好かれる看護婦・姫草ユリ子は、嘘つきだった。
表題作他、数編収録。

【ネタバレなし感想】
ユリ子に虚言癖のあることが少しずつ明らかにされるのではなく、はじめの方から彼女が嘘つきであると書かれています。
嘘つきであるとわかってもなお、ユリ子は人を惹きつけるようです。
看護婦や他人と接触する才能が飛びぬけているだけに、嘘つきであることがもったいないです。

「少女地獄」のタイトルの中には、3作品入っています。
てっきり、全て姫草ユリ子に関する話だと思ってましたが、3作はそれぞれ別の話であるようです。

その他の話は、既存のジェンダー論に対する挑戦のような要素がありました。
また、異常性欲、加虐嗜好、サディズム、猟奇、といった部分もあったと思います。
苦手な人は注意してください。
私も苦手なはずなのですが、活字で読むのは大分慣れました。映像は無理です。

肺病の男が出てくる話は、不思議な読後感でした。
見知らぬ女に、乳母車を渡され、向こうの電車通りまで押してくれと頼まれる。というシチュエーションが、面白かったです。何かを象徴してそうな気もしますが、それがなんだか分りません。

複数の話で「アカ」(共産主義)って言葉が出てきました。
当時は、アカ狩りとかあったんですかね。

虚無主義っていうのは、作者の造語じゃなくて、元々ある哲学用語なんですね。別名、ニヒリズム。
wikipedeiaによりますと、「この世界、特に過去および現在における人間の存在には意義、目的、理解できるような真理、本質的な価値などがないと主張する哲学的な立場である。名称はラテン語の Nihil (無)に由来する。」だそうです。

本書と同名の成人コミックがある模様です。タイトルと表紙から想像するに、陵辱系だと思われます。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/03/20(金) 03:52:35|
  2. 読書感想文(小説)

FC2Ad