野良箱

同人漫画サークル

有栖川有栖「月光ゲーム Yの悲劇'88」

月光ゲーム―Yの悲劇’88 (創元推理文庫)月光ゲーム―Yの悲劇’88 (創元推理文庫)
(1994/07)
有栖川 有栖

商品詳細を見る

【あらすじ】
有栖川有栖所属の英都大学推理小説研究会は、キャンプの為、矢吹山に登った。
そこで、他の大学の学生達と知り合いになった。
第一の殺人が起こった時、被害者は「Y」という文字を残していた。
火山の噴火により、学生達は下山できなくなってしまった。
探偵役は、江神二郎。

【ネタバレなし感想】
作家アリスものは、数冊読みましたが、学生アリスものは初めてでした。

「登場人物多っ!」というのが第一印象でした。

ルナこと深沢ルミが、ちょっと電波さんでした。
突然「クンダバファー」とか言い出して、何事かと思いました。
「人は月のため労働しているが、それがあまりにつらいから、天使達は人間に幻想を見せる。」というような論理らしいです。
オカルト本でも読んで、そういう思考になったのでしょうか。

ダイイングメッセージ、クローズドサークル、作者から読者への挑戦状、犯人はこの中にいる、解決編といった要素から成り立つ、本格ミステリというやつらしいです。
どこかで読んだ「本格」の定義には、「読者に対してフェアであるかどうか」というのが含まれていたと思います。
この作品は、終盤に挿入されている挑戦状手前までに、推理に必要な全ての要素が出揃っていました。
確か、ホームズあたりだと、探偵の推理・解決編の途中で新たな手がかりが提示され、読者には推理をしようのない話があるんですよね。そんなの聞いてないよって言うヒントが後出しされるという。

登場人物は、皆関西弁でした。

「俺以外の人間は本当に存在するのか?自分以外は役者で、出番が済んだら幕の袖で談笑しているんじゃないか?」という考えに陥っていたキャラクターが出てきます。
そういう妄想に取り付かれる人って結構いるらしいですね。作中でも「月並みな空想」と言われていますし。
上記のセリフをリアルにやってしまったのが、映画「トゥルーマン・ショー」です。

この本の中には、本文の他に、写真や図も登場します。

自分では、全く真相を読めませんでした。
自力での推理を放棄して、解決編を読みました。

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/11/05(水) 19:50:51|
  2. 読書感想文(小説)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://norabako8.blog93.fc2.com/tb.php/811-fef97c4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad