野良箱

同人漫画サークル

ツルゲーネフ「はつ恋」

はつ恋 (新潮文庫)はつ恋 (新潮文庫)
(1987/01)
ツルゲーネフ神西 清

商品詳細を見る

【あらすじ】
ウラジミール(ヴラジミール)は16歳の時、別荘で過ごしていた。
隣りに公爵夫人とその娘が越してきた。
娘の名を、ジナイーダと言った。
ジナイーダに恋したウラジミールだったが、ジナイーダの周りには取巻きの男が5人いた。
伯爵、医者、詩人、退職大尉、軽騎兵である。その輪の中に、ウラジミールも加わることになった。
ジナイーダを神だ、偶像だと崇める6人。
ジナイーダは恋をしているようだ。その相手は誰なのか。

【途中まで、ネタバレなし感想】
裏表紙のあらすじが、ネタバレしまくりです。
未読の方は、あらすじを見ない方が楽しめると思います。
裏表紙を読まなくても、ヒントは出てくるので、どちらにしろ展開の予想がつくかもしれませんが。

あと、wikipedeiaの「初恋」の項目でもネタバレしてるので要注意です。

ジナイーダは、女王様のように振舞っています。
ウブなウラジミールを弄びます。
実際、ジナイーダを女王様に例えている場面があります。

ジナイーダと愉快な下僕共は、「罰金ごっこ」という遊びをします。今で言う王様ゲームです。
1800年代のロシアに、すでにそのようなゲームがあったのですね。
ウラジミールは、大学入学前だというのにこんな遊びに興じるなんて、堕落してますね。
ジナイーダに惚れたせいです。

マイダーノフという詩人のキャラクターが面白かったです。
彼は、痩せこけた顔で小さな目をしていて、髪の毛が恐ろしく長い男です。
「人殺し」という詩を作り、黒い表紙に血色の題字で出版したいのだと言います。
ゴス系の方ですか?

人名が覚えづらかったです。
【以下、ネタバレあり感想】





ジナイーダが好きなのは、ウラジミールの父親でした。
年の差不倫です。

ジナイーダを鞭で打つ父。
打たれた腕に接吻するジナイーダ。
女王様に鞭をくれるとは、背徳的で変態的な行為ですね。
父は、ジナイーダのことを女王様扱いしてないですが。
父は、苛立ってジナイーダを叩いたのだから、別にサディストというわけではなさそうです。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/10/30(木) 20:11:21|
  2. 読書感想文(小説)

FC2Ad