野良箱

同人漫画サークル

ジョナサン・キャロル「黒いカクテル」

黒いカクテル (創元推理文庫)黒いカクテル (創元推理文庫)
(2006/07/11)
ジョナサン・キャロル

商品詳細を見る

短編集
【あらすじ】
「熊の口と」…貧しい男リンデが金持ちを装うことを趣味にしているうちに宝くじに当たった
「卒業生」…32歳の男が高校時代の夢を見るが、いつもとは違い夢の中でも32歳だった
「くたびれた天使」…トニーという女性の部屋を双眼鏡で覗く男がトニーと恋人になったが…
「死者に愛されている」…心臓の悪い女が車をぶつけてしまった
「フローリアン」…病気の子供のために物語を書いていたら子供が死んだ
「我が罪の生」…ゴードン・エプスタインという大嘘つきがいた
「砂漠の車輪、ぶらんこの月」…失明間近の男が、カメラを買った
「いっときの喝」…自分の家に、昔住んでいたという女性と弟がやってくる
「黒いカクテル」…ラジオパーソナリティのゲイの恋人が地震で死んだ

【途中まで、ネタバレなし感想】
どの話も、冒頭から途中までは普通に面白いのに、終盤カオスで難解になる傾向がありました。
読みやすさでは前半ですが、作者の真骨頂は後半なのでしょう。
中には、上のあらすじが殆ど意味をなさないような超展開も。

大人が学生時代を振り返る、悪意、狂気、人生の最も輝いていた瞬間、下り坂の人生、地震 といった要素が何度かでてきたと思います。

【以下、ネタバレあり感想】

「熊の口と」
金持ち連中の行動や特徴を3ページに渡る表にするという所が面白かったです。
「料理をつきかえす」「変な角度に駐車する」「無精ひげ」「ネクタイなし」…これらを、金持ちじゃない人が真似しても迷惑でだらしないだけなのでは。
お金を手にしたリンデがとった行動は、魔女にお金にしてもらうことだった。金の気持ちを知るために。
なにこの展開。
お金の一人称で書かれた小説は、読むの2回目ですが、人間からお金になってまた人間に戻る話ははじめてです。
金は、神に人間の貧富に関わる部門をまかされており、意思を持ち動き、最善をつくしているが、システムが完璧ではないので不公平が生じる、らしいです。
なにそれー。

「卒業生」
今の年齢のまま学生時代に戻る夢というのは、多くの人が見たことあるのではないでしょうか。
共感しやすいと思います。それゆえに怖い話です。
途中に現在の妻の声が入るものの、夢から抜け出せないまま物語が終わります。
これでは、32歳の記憶を持ちつつ、高校時代にタイムスリップしてしまったようなものです。
それでいて、まわりの生徒や先生は、32歳であることを信じてくれず、精神異常扱いしてくるのです。
忘れてしまった勉強やテスト、若い頃のスポーツをもう一度やるとなると大変すぎます。
目が覚めれば、夢でよかった、と思えるものを。

「くたびれた天使」
トニーを覗いたり脅したりしている時の方が、恋人として接してる時より好きなようです。
ストーカー心理とは微妙にずれている気がしますが、やってることはストーカーです。

「死者に愛されている」
えーと、誰視点?
最後の「全員」とか、「来るべきして来た人々」とかって誰ですか。死者ですか。

「フローリアン」
「病気の子供のために物語を書いていたら子供が死んでしまったけど、その子の為に物語を書き続ける夫と、心を痛める妻」という話を自分の家族をモデルに書く男の話、だったようです。
冒頭の文章は、作中作の作中作という扱いなようです。
視点レベルがどんどんメタに移行していく話でした。
よかった、死んだ子供はいなかったんだ。
けど、自分の息子を死んだことに、妻を狂ったことにする物語を書くお父さんって…。

「我が罪の生」
ゴードン・エプスタインが、具体的にどんな嘘をついていたのか分りません。
嘘つきって言うから、冴えなかったスポードが大金持ちのイタリア男みたいになって、彼にゴードンが雇われた話からして嘘なのかと思って読んでました。
その後、地震があって嘘つくと舌が石になるやら、馬が出てくるやらさらに嘘くさい話が飛び出しました。
しかし、馬が花の咲かない季節に花を銜えている所を見ると、ゴードンの話は本当なのかもしれません。

「砂漠の車輪、ぶらんこの月」
特殊メイクで老人になって、一流のカメラマンに写真をとってもらう、という場面までは現実に起こりうる
展開でしたが、その後が超常現象です。
物語は、魂と精神の高みへ。

「いっときの喝」
家の心。
不幸せも戻れない幸福も悲しい、という話らしいです。

「黒いカクテル」
「正気の沙汰じゃない」ってすごいラジオ番組ですね。タイトルからしてやばい。
指が5本あるのは、魂が分かれてるからで、それゆえに5人揃わないと人生が不完全、5人揃ったら光る!でも必ずしも綺麗な青色じゃない。自分達の色を知って落胆することもある。
えええー、何言ってるのー。正気の沙汰じゃない。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/10/24(金) 06:57:58|
  2. 読書感想文(小説)

FC2Ad