野良箱

同人漫画サークル

フィリップ・K・ディック「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229)) (ハヤカワ文庫 SF (229))アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229)) (ハヤカワ文庫 SF (229))
(1977/03/01)
フィリップ・K・ディック

商品詳細を見る

上の画像は、私の買ったものと装丁が違います。

【あらすじ】
第三次世界大戦後、世界は放射能灰に汚染され、動物は厳重に保護されていた。
機械仕掛けの模造動物ではなく、本物の動物を所有することが、ステータスとされている。
知能が低く生殖に適さない人間は、「特殊者/スペシャル/マル特/ピンボケ」などと呼ばれ、火星に移住できない。
賞金稼ぎのリックは、火星から逃亡して来た8人のアンドロイド(人造人間)の狩りを開始した。

【途中まで、ネタバレなし感想】
アンドロイドと人間の区別をつけるのが、大変難しいという設定です。
両者の違いは、フォークト・カンプフ検査法という性格特性テストで判別されます。
これは、幾つかの状況項目に対する反応を、測定器で記録し、感情移入度を調べるというものです。

人間とアンドロイドの違いは、感情移入・共感能力があるかどうか、なのです。

アンドロイドの中には、自分を人間だと信じている者がいました。
偽の記憶を植えつけられているのです。

人間とアンドロイドの境界がどんどん曖昧に感じられてきます。
リックも、アンドロイドに同情したり、自分がアンドロイドなのではないかと疑ったりするようになります。

アンドロイドにも人間的な所があり、人間にもアンドロイド的な所があるのです。

フォークト・カンプフ検査を今現在の現実世界で行ったら、ベジタリアン以外は皆アンドロイドと判別されそうです。
このテストの項目は、動物愛護精神を逆撫でするものが多いのです。
普段から、動物の皮製品を使っていたり、動物を食べている人からしたら、そんなテスト項目には特別な反応は示さないでしょう。

マーサー教という宗教が登場します。
ひたすら山を登り続け、石を投げられるマーサーと、その体験を共有する信者達。
これは、何を象徴しているのでしょうか。
人間とは何か、というのが、この物語のテーマだと思うので、マーサー教もそれを補足する部品なのかもしれません。

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」というタイトルのパロディ作品は、確認されているだけでも90個くらいあるそうです。(日本作品だけで)
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/1460/data/what.html(外部リンク)

【以下、ネタバレあり感想】






バスター・フレンドリーがアンドロイドであることは、早い段階で気づきました。
人間とは思えないペースで番組収録をしているとのことだったので。

機械猫だと思ったら、本物の猫だったり、本物のヒキガエルだと思ったら、機械のカエルだったり。
どちらのケースもちょっとした悲しさと失望感がありました。

リックが体を重ねたアンドロイド・レイチェル。
彼女は、リックが買ったばかりの山羊を殺しました。
この世界観の中で、動物を殺せるのはアンドロイドだけだと思います。
その点では、レイチェルの行動は非常にアンドロイド的なのですが、殺した動機は、アンドロイドが持っているかもしれない心・精神に関わるものであり、人間くささを感じました。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/10/06(月) 00:47:16|
  2. 読書感想文(小説)

FC2Ad