野良箱

同人漫画サークル

ジブリの絵職人 男鹿和雄展 トトロの森を描いた人

スタジオジブリ作品などアニメの背景画を担当し、また、アニメ以外にも活動の場を広げている絵師、男鹿和雄(おが かずお)さんの展示会を見てきました。

森や川などの自然物を多く手がけていらっしゃいますが、ビル群などの人工物も描かれています。
どちらも大変お上手です。

木々の緑色がエメラルドグリーン入ってる感じで、鮮やかながらも優しい色合いでした。
実物や写真より絵の方が綺麗だと思います。

夕焼け空などをアナログ・水彩で描けるのはすごいと思います。

実際にアニメに使用された背景画はもちろんのこと、背景画の前段階で、スタッフ間での色彩イメージを統一させるために描かれる美術ボード、白黒(所々着色あり)で描かれた背景設定も展示されてました。
背景画と美術ボードは、パッと見ほとんど同じものもありました。
細部は背景画(アニメで使われる絵)の方が手が込んでますし、色味も違う場合がありますが、それにしても、実際には本番で使われない美術ボードをここまでしっかり描き込むのか…、と驚き感心しました。

何箇所かモニターが設置してあり、展示されている背景が使用されたアニメのシーンが繰り返し流れていました。3秒~6秒くらいの映像でした。
背景画単体で見ると、まだ「絵」という感じがしますが、実際にキャラクターのセル画が乗り彼ら彼女らが動き、それにカメラワークがつくと、それはもう「絵」ではなく、キャラクター達の生きる「世界」そのものになってしまっている、という感じがしました。

トトロが寝ている森を穴から覗くといった趣向の立体展示がありました。
私は最初トトロがいるのに気づきませんでした。

アニメ以外の仕事では、もっと淡い色を使った作品等、背景画とは違った画風のものもありました。

テーマ:映像・アニメーション - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/09/03(水) 20:46:35|
  2. 雑記

FC2Ad