野良箱

同人漫画サークル

映画「デトロイト・メタル・シティ」感想

公式サイト→http://www.go-to-dmc.jp/index.html
【あらすじ】
根岸崇一(松山ケンイチ)は、オシャレな渋谷系ポップソングを歌うミュージシャンを目指し、大分から上京した。
が、なぜか悪魔系デスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ(DMC)」のボーカルギター、「ヨハネ・クラウザーⅡ世」としてカリスマ的人気を誇ることになってしまう。
ボクがしたかったのは…こんなバンドじゃない!

【途中までネタバレなし感想】
根岸の歌いっぷり(クネクネした動き)と走り方が気持ち悪くて面白かったです。
根岸が路上ライブ中、大きく横に反るのとかが笑えました。
クラウザーさんメイクをしていても、内面が根岸の時は、動きや表情がナヨっちいです。
身も心もクラウザーさんな時は、走り方もかっこいいです。

最初のシーンは、DMCの映画とは思えないほど、良い感じの音楽と映像でした。
根岸が上京する際の、母や弟との別れが描かれているのです。

ギャグやインディーズ戦国時代の描写は大分削られているので、そこら辺をもっと楽しみたい人は、原作コミックを読んでみたらいいと思います。

「NO MUSIC NO DREAM」が全体を通してのテーマになっており、映画としてまとまりがあったと思います。

映画のみのオリジナルシーンや台詞も結構ありました。

ジャック・イル・ダークを演じている方は、大物海外ミュージシャンなので、原作通りだと大変なことに!と思っていましたが、そこら辺はなんとかなってました。彼は迫力があって役に合っていたと思います。
ジャックの歌う「ファッキンガム宮殿」が無駄にかっこよかったです。

映画を見終わってからしばらく、劇中歌「SATSUGAI(殺害)」と「甘い恋人」が頭を離れませんでした。

劇場では、あちこちで笑いが起こっていました。

根岸のお母さんがキュートでした。

ジャギ様は、ものすごくうねうねしてました。彼は、メジャー志向が強くMステに出たいみたいです。いつも社長のご機嫌取りをしています。

カミュは、イメージ通りでした。ブルマブルマ言ってました。あんななのに、ドラム叩いてるとかっこよく見えます。不思議。

劇中歌は、全て吹き替え、口パクなのかと思っていたのですが、エンディング見たら「唄 松山ケンイチ」って書いてた箇所があったような…。
見間違いじゃなかったら、どこで歌ってたんでしょう松山さん。

【以下、ネタバレあり感想】





原作だと、単に帰省だった所が、映画では、夢破れ、と言うか、夢を捨てて、失意の中地元に帰るという設定になってました。
弟が、原作より幼かったみたいです。

実家の牛やジャックのメタルモンスターをべぇべぇして手懐ける、トラクター運転、草刈など、原作でもお気に入りのシーンが映画で再現されていて嬉しかったです。

お母さんの絵馬が良かったです。
「崇一の夢がかないますように。」

人に夢を与えるような音楽をやることが根岸の夢であり、憧れの女の子相川さんにとっても音楽とはそういうものなのです。
そんな相川さんは、DMCの音楽を認めていません。殺すとかレイプとか、弱虫が恨みをぶつけるような歌ばかりだからです。
ですが、根岸は、クラウザーとして、自分にしかできないやり方で、信者(FAN達)に夢を与えていることを知るのです。
根岸がメタルの才能を発揮し、DMCがジャック=イル=ダークを倒すことは、デスレコーズ社長にとっても夢だったのです。
と、そんな感じで一貫して「夢」について描いていた映画でした。
ギャグやりつつも、そこは一本筋が通ってました。

オシャレ四天王アサトさんは、なんでもかんでもプロデュースするキャラクターとして描かれていました。
飲むふりかけって何。

根岸と相川さんは、映画版では相思相愛であることが確定しました。
しかし作中で想いが通じ合うことはなく、二人の今後はどうなるやら…というギャグテイストなオチで締めでした。

社長のとこのグリとグラは人間ではなく猛犬になってました。
社長は、タバコの火を押し付けたり投げつけたりするアクションが多かったです。

ジャックが、DMC人文字に組み込まれるという屈辱的なシーンはなくなってて、ちょっとホっとしました。あれを大物ミュージシャンにやらせるのは忍びないので。

原作の構成を変えて、ジャックとの対決を山場に持っていってました。

主人公が挫折→落ち込みから復活→果たしてステージに間に合うのか!?という流れは映画の王道ですが、なんだかんだでこういうのが面白いです。

金玉ガールズ(酷いバンド名だ…)の、「去勢、去勢せよー」の所が可愛かっこよかったです。

佐治くんやタンバリンに対する虐待はほとんどなくなってました。ちょっと佐治くんを突き飛ばすくらいで。
佐治くんとクラウザーさんが、トイレで歌うシーンは楽しそうでした。何あの踊り。

カジヒデキさん作の曲はどれも覚えやすくて良いメロディーだと思いました。
まさにポップ、まさにオシャレ。
作中では、駄目曲扱いなのですが、カジさん的にどんな気持ちなんでしょうか。
カジさん自身も、冒頭の歌う大学生役で出演されてました。

エンドロール後、根岸弟(俊くん)が茶髪ロンゲを公然猥褻カット(根岸と同じ前髪パッツンのマッシュルームカット)にしたシーンが入ってました。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2008/09/02(火) 23:45:14|
  2. 映画感想

FC2Ad