野良箱

同人漫画サークル

筒井康隆「ヘル」

ヘル (文春文庫 つ 1-14)ヘル (文春文庫 つ 1-14)
(2007/02)
筒井 康隆

商品詳細を見る

読後、本が行方不明になったので、あらすじは後で書きます。多分。

【ネタバレなし感想】
地獄、というかヘルの話でした。
死んだ人達が行くところです。

一般的な地獄のイメージ(針の山、血の海)などとは全く異なり、現実の世界とほとんど変わりません。
空港があり、飲食店があり、橋があります。
神の不在がヘル、今の日本はヘル状態、ならしいです。
だから、現実と大差ないのでしょうか。

誰かがヘルに来た場面が書かれていても、いつ死んだのかその瞬間が分りません。
ゆるーっと、にょにょーっとヘルの世界に以降しているのです。

生きている人の夢はヘルに繋がっているらしいです。
なので、ヘルにいるのは、死者だけではないのです。
ヘルでは、なぜかものの値段を知っている、考えが全て相手に通じてしまう、など夢っぽいことがよく起こります。

ものすごく痛そうな拷問シーンがありました。ぎゃあーーーー!
あと、エロとか下品とかもありました。

物語の場所も時系列もバラバラでしたが、ちゃんと連続していました。
連続しすぎて、過去と現在、ヘルと現世、夢と現実がマーブル模様のように混ざり合っていました。

巻末に対談とインタビューが載っています。
それを知らずに読んでいたので、まだまだページがあると思ってました。
なので、え、ここで終わり!?という感じでした。
ヘルの管理組織は本当にあるのか、あるのなら、どのようにヘルを運営しているのか気になります。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/07/25(金) 23:22:14|
  2. 読書感想文(小説)

FC2Ad