野良箱

同人漫画サークル

映画「エコール」感想

エコールエコール
(2007/04/04)
ゾエ・オークレール

商品詳細を見る

【あらすじ】
森の中に学校と5つの寄宿舎があり、少女たちが暮らしていた。
棺桶に入った裸の少女イリスが運び込まれ、少女たちの見守る中蓋が開けられた。
少女たちは、白い制服に身をつつみ、髪には年齢ごとに色の異なるリボンをつけている。
最年少は赤で、最年長は紫だ。全部で7学年ある。
少女たちは、踊りと生物を習っている。
召使と二人の教師は、いずれも女性だ。
年長組の少女たちは、夜9時になるとどこかに消えていく。

【途中まで、ネタバレなし感想】
内容が意味不明でも、映像美が楽しめればいいや、という気持ちでレンタルしました。

フラフープやブランコ、なわとびで遊んでいるシーンが幻想的でした。
棺桶で入学し、制服もレオタードも体操服も真っ白という独特のルールが美しかったです。

ストーリーは、謎に満ちていました。
少女たちはどこから来たのか、少女たちの家族は?、どんな目的でこの学校が作られたのか、教師達がわけあり風な理由は?、学校を出た少女たちはどこに行くのか、なぜ校長に選ばれると一足早く卒業できるのか、脱走したら与えられる罰とはなんなのか、服従こそが幸福への道とはどういうことなのか。
色々ミステリアスでした。
最後まで見ても、答えが提示されていないのです。

原作本には、その辺書いてあるんでしょうか。未読だから分らないのですが。
あんまり身も蓋もないことが書いてあっても、趣がないですけど。

最初は、新入りのイリスがメインの映像となっています。
イリスは、アジア系かアフリカ系な感じで、肌の色が浅黒いので、他の子と見分けがつきやすかったです。
次は、青いリボンのアリスがメインで、最後は、最年長のビアンカがメインです。

ほとんどBGMがなく、非常に静かな映画でした。

【以下、ネタバレあり感想】






青リボンでバレエが得意だけど、校長に選ばれなかったアリスは、脱走成功したのでしょうか。

ボートに乗ったローラは、水死してしまいました。
火葬されましたね。

最後、電車(地下鉄)に乗っているシーンで、車窓の明かりが見えて明るくなったり、暗くなったりというのが繰り返されていましたが、私は、何回目かの真っ暗でそのままエンドロールになるのだと予想していました。
が、違いました。
てっきり、森の外は描かれないのだとばかり。

ビアンカ達が噴水で遊んでいるラストシーンについては、ネット上で色んな解釈を見ました。
噴水が男性器を表している、とか、噴水がおしべとめしべを表しており、ビアンカと男の子は、花の上の蝶なのだ、とか。
後者だと、物語を通して蝶が出てきたことと繋がりますね。

エコール出身者は、純粋無垢すぎて、歳のわりに行動が幼いようですね。
12~13歳くらいになったら、普通人前で噴水遊びしませんもんね。
悪い人に気を付けて。

この映画は、謎だらけですが、そういった謎は、少女ばかりの世界という特殊な状況を作り出すためだけにあった装置なのかもしれません。
不要物を濾過して除き、純化した少女期というものを取り出したかったのではないでしょうか。
だから、外に出てはいけない理由とか、どんな罰が待っているのかとかは、実はどうでもいいのかもしれません。

最初と最後のぶったぎり方も、少女期だけを切り取っているという感じがします。

物語全体が暗喩に満ちている気がします。が、それがなんなのかは分りません。

女性教師二人も、この学校出身なのでしょうか。
彼女達は、外の世界で汚れた事柄を知り、幻滅してしまったのでしょうか。
教師の内の一人が杖をついていたのも、何かを暗示しているような気がします。単なるキャラ付けかもしれませんが。

この学校の存在意義についても、いくつかの説を見ました。
売春婦養成学校だったのではないか、とか、淑女養成学校だったのではないか、とか。
(同原作の別映画では、前者に近かったです。もっと人権がありません。)

ステージを見に来ていた観客達は何者なんでしょうか。
この学校の存在は、外の世界で広く知られていたりするのでしょうか。
それとも、なにか秘密の少女鑑賞協会みたいなものがあって、そこのメンバーなんでしょか。
舞台の公演料で、学校が運営されているということだけは、分りました。

ビアンカ(だったと思う)が観客席に残されていた手袋(おそらく男性客のもの)をつけ、自らのふとももをまさぐる姿がエロスでした。
あと、男性客に薔薇を貰ったのが嬉しかったようです。
水の中に投げ捨ててしまいましたが。

少女期の、大人の世界や異性に対するほのかな憧れが描かれていたように思います。

水中に始まり、水中に終わりました。
ローラが溺れたことを考えると、水中は死の世界、もしくは生の外の世界を表しているのでしょうか。

この映画を通して、さなぎから蝶になる、少女達の世界を垣間見ました。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2008/07/21(月) 16:57:36|
  2. 映画感想

FC2Ad