野良箱

同人漫画サークル

北森鴻「花の下にて春死なむ」

花の下にて春死なむ (講談社文庫)花の下にて春死なむ (講談社文庫)
(2001/12)
北森 鴻

商品詳細を見る

【あらすじ】
ビア・バー「香菜里屋」(かなりや)マスター工藤が探偵役の連作短編ミステリー。
第52回日本推理作家協会賞短編および連作短編集部門受賞作。

「花の下にて春死なむ」…俳人・片岡草魚が自室で死んだ。部屋の中では、季節はずれの桜が咲いていた。
「家族写真」…駅に設置された、貸し出し・返却自由の本棚の複数の本に、同じモノクロ写真が挿んであったという。
「終の棲み家」…カメラマン・妻木信彦の個展ポスターが、何者かによって全て剥がされてしまった。
「殺人者の赤い手」…赤い手の魔人が子供を襲うという怪談が流行っている。
「七皿は多すぎる」…回転寿司で、鮪ばかり続けて7皿食べた男の真意とは。
「魚の交わり」…かつて、放浪の俳人・片岡草魚と接点を持ったらしい女性がいた。

【ネタバレなし感想】
タイトルは「はなのもとにてはるしなむ」と読みます。

ビア・バー「香菜里屋」には、推理好きが集まっています。
あとがきの解説には、「安楽椅子探偵」ものであり「推理クラブ」ものであると書いてありました。

小さな日常ミステリーといった感じでした。
物語の舞台が日本中に散らばっているとはいえ、最終的にはビア・バー「香菜里屋」内が中心となって話が進みます。

どんでん返しの要素があって面白かったです。
ヒントがちりばめられているのに、自力では、真相にたどり着けませんでした。

登場する料理がおいしそうです。
が、私はビールが飲めないので、「香菜里屋」が実在しても、行けそうにありません。

多岐に渡って取材しないと、書けなそうなお話でした。
ビア・バー「香菜里屋」シリーズは、あと2冊出ているそうです。
  1. 2008/07/03(木) 07:04:08|
  2. 読書感想文(小説)

FC2Ad