野良箱

同人漫画サークル

東野圭吾「さまよう刃」

さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)
(2008/05/24)
東野 圭吾

商品詳細を見る

土産に貰った本。

帯には「正義とは何か。犯罪被害者の叫びを聞け。遺族による復讐を描いた社会派サスペンス。」と書かれています。

【あらすじ】
娘を蹂躙され死体にされた父親、長峰が、密告電話で犯人を知り、その一人を殺害する。
長峰は、娘の為に復讐を誓い、もう一人の犯人を追う。

【途中まで、ネタバレなし感想】
約500ページの長編ですが、サクサク読めました。

タイトルの刃というのは、正義を表しているようです。
読んでいると正義がどこを向いているのか分らなくなります。
正義が、さまよっているのです。

警察は、必ずしも正義を行えるわけではないようです。
法律の限界があります。

少年犯罪がテーマでした。
少年法は、主に罪を犯した少年の更正を目的に作られているようです。
そこに、被害者遺族へのフォローが、まるで存在していないのでは?遺族の怒りはどこに持って行けばよいのか?というのが、この物語で語られていると思います。

復讐鬼と化した長峰ですが、その性格は穏やかです。
やがて、長峰の協力者が現れます。(といっても、長峰には第二の殺人を犯さず、自首してほしいとも思っている。)
世論も警察までも長峰に同調・同情しているように描かれていました。
読んでいて、長峰に肩入れしてしまう部分はありました。
一方で、復讐や殺人は良くないという常識も当然だと思いました。
丁度、作中に出てきた世論調査の結果のような気持ちでした。

犯人の少年は、同情の余地なしな、幼稚な外道に描かれていました。

テレビ業界、週刊誌など、マスコミの裏側や汚い大人の世界が垣間見えました。

【以下、ネタバレあり感想】
私の予想したラストは以下の通りでした。
・長峰が、カイジと間違って誠(カイジに車を貸した、密告者)を撃ってしまう
・鮎村(カイジ達のせいで自殺した娘の父親)がカイジを殺す

どちらにせよ、長峰逮捕エンドだと思ってました。
が、長峰は警察に撃たれて死んでしまいました。

警察は、犯罪少年カイジを守る為に、被害者遺族を殺したのです。
警察(織部)は、ああするしかなかったと思います。

長峰への最後の密告電話は、誠からのものではなく、警察(久塚・班長)からのものだったらしいです。
最後の密告がなければ、長峰は自首したでしょう。彼は、死なずに済みました。

まさに、正義がどこにあるのか分らなくなる結末でした。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/06/14(土) 16:46:08|
  2. 読書感想文(小説)

FC2Ad