野良箱

同人漫画サークル

伊坂幸太郎「アヒルと鴨のコインロッカー」

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
(2006/12/21)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

【あらすじ】
大学入学のためアパートに引っ越してきた椎名は、河崎という男と出会い、本屋を襲うことになる。
狙うのは、一冊の広辞苑。
モデルガンを持ち、ボブ・ディランを歌いながら、裏口のドアを蹴るのが椎名の役割だ。
以上のように始まるのが、「現在」パート。

「二年前」パートの主人公は、ペット店店員の女性。
彼女の恋人は、ブータンからやってきた留学生ドルジだ。
ペットショップからいなくなった柴犬を探している途中、車に轢かれた猫を見つけ、埋葬することになる。
近頃、何者かによるペット殺しが頻発していた。

「現在」パートと「二年前」パートが交互に並んでいる。

【途中までネタバレなし感想】
映画版の感想はこちらです。

読みやすく面白かったです。

あーー、また騙されたー。
何度この手のトリックに騙されればいいのでしょうか。

ペット店店長の麗子は、漫画かラノベのキャラのようだと思いました。
クール・無表情・大人系萌えキャラ?

ボブ・ディランの歌が出てくる小説は、いくつか読んだことがあると思います。
彼の歌(特に昔のヒット曲)は、既に評価が固まっている感があるので、作中に引用しても陳腐になる心配がないですね。

何気ない会話や行動が、物語の伏線になっていたり、「二年前」と「現在」で繰り返されたりしていました。

【以下、ネタバレあり感想】








「現在」の河崎=「二年前」のドルジ という叙述トリックでした。
全然気づかなかった…。
ドルジは、アパートの別の部屋にいるように描写されてましたし、実際椎名も騙されてましたし。

これ、映像化されてるんですよね。
ネットで見る限り、この辺うまくやってるらしいです。

「現在」における河崎の行動が、琴美のセリフに習っている部分があったので、河崎は沢山女の子と付き合ったけど、琴美は特別だったんだと思って読んでました。
そしたら、河崎は、本当は河崎ではなくドルジだったので、琴美への想いも納得です。
(本物の河崎にとっても、琴美は特別だったと思いますが。)

琴美が死の間際に見た夢によると、ドルジは椎名と別れた後死んだようですね。
「二年前」の主人公3人とも亡くなってしまいました。
彼らは、因果応報というほど悪いことはしてないと思うのですが。特に琴美。
…前世で悪人だった?

本屋強盗をしたのは、広辞苑を盗むためではなく、琴美を襲い轢き殺したペット殺しの生き残りを殺して復讐するためだった、というだけでも物語として十分成り立っており面白いのに、殺し損ねて、鳥葬にしようとしていたというのが良かったです。
これで、物語序盤での琴美とドルジの会話が活きてきます。

「二年前」に登場した猫と柴犬は、「現在」も元気に生きているようです。

作者あとがきで、作中に登場するブータンは「架空のものだと思っていただけると幸い」だと述べられていました。
架空だとしても、ブータンの思想、死生観、宗教といった雰囲気が物語全体を流れているのが、この作品のカラーになっていると思います。
動物や人の死ぬ話ですが、生まれ変わりといった考え方のお陰で救われる部分があります。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/05/18(日) 10:13:32|
  2. 読書感想文(小説)

FC2Ad