野良箱

同人漫画サークル

藤原伊織「テロリストのパラソル」

テロリストのパラソル (講談社文庫)テロリストのパラソル (講談社文庫)
(1998/07)
藤原 伊織

商品詳細を見る

【あらすじ】
アルコール中毒のバーテンダー島村が、いつもの習慣で公園で酒を飲んでいる時、近くで爆弾テロが起こった。
二十二年前の同種の事件との関連は。犯人は誰なのか。また、その動機はなんなのか。
ヤクザや宗教勧誘者、ホームレス、警察、週刊雑誌編集部、昔の知人の娘、テロ遺族、様々な人間が複雑に交錯する中、主人公島村は、爆弾テロの真相に迫っていく。

【途中までネタバレなし感想】
江戸川乱歩賞と直木賞をダブル受賞した作品です。
読み応えがあり面白かったです。

主人公が飄々としていて、周りの人間を緩く魅了している感じが良かったです。

全共闘、学生運動を扱った作品は幾つか読みましたが、未だに何を目的に何をしたことなのかよく分っていません。
「セクト」などの用語もネットでちらっと調べて見ましたが、色んな意味がありすぎて理解するのが難しいです。
今後使う機会のないだろう言葉なので、別に覚えなくても良いでしょうが。

【以下、ネタバレあり感想】
「早々に退場したキャラクターが、事件の真犯人」ということは、ミステリーではよくあることだと思います。
が、この作品の場合、殺人事件というよりはテロだったのですっかり油断してしまい、桑野を犯人候補から外してしまいました。
桑野は、爆発で死んだものだとばかり。
被害者に桑野の名が出た時に、自爆テロなのか?とも思いましたが、後に爆弾は遠隔操作で爆発したと判明したので、じゃあ犯人は桑野じゃないやと思ってしまったのです。

ホームレスを身代わり死体にする話は、他にも読んだことがあるのに、これまた油断してました。
川原源三が、桑野の身代わりになっていたとは思いもよりませんでした。
源三は、宗教団体や爆発になんらかの形で関わっていたから失踪したのかと考えてしました。

アルフォンソ・カネーラというのが思いっきり外国名前だったので、その正体が桑野本人だというのはビックリでした。

宗教勧誘のビラと見せかけて、麻薬売買の告知というのが面白かったです。

麻薬の件と桑野、ファルテック、桑野の昔の勤務先、22年前の爆発事故関係者、ヤクザが結びついていたわけです。

それぞれの要素は既に作中で扱われていましたが、そのように関連しあっているとは想像できませんでした。

爆発テロの動機には、精神的に、主人公の島村こと菊池俊彦が深く関わっていたようです。
物理的な動機は、殺したい人間が二人居たからなのですが。

島村が人を殺したり、テロの犯人にでっち上げられなくて良かったです。

島村は、他人の名を騙って誰かになりすますのが上手いです。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/04/23(水) 12:25:18|
  2. 読書感想文(小説)

FC2Ad