野良箱

同人漫画サークル

映画「キサラギ」

キサラギ スタンダード・エディションキサラギ スタンダード・エディション
(2008/01/09)
香川照之、ユースケ・サンタマリア 他

商品詳細を見る

【あらすじ】
自殺したD級アイドル、如月ミキの一周忌に、ファンサイトを通じて集まった5人の男。
家元(小栗旬)、オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)、スネーク(小出恵介)、安男(塚地武雅@ドランクドラゴン)、イチゴ娘。(香川照之)。
会の目的は、ミキを追悼することだったが、オダ・ユージが、「ミキの死は自殺ではなく他殺だ」と言い出したことで、5人はミキの死の真相について論争していくことになる。
物語の殆どは、ビルの一室で展開する。
密室心理劇。

【途中まで、ネタバレなし感想】
いやー面白かったー、見て良かったです。おすすめ!
ジャンルとしては「サスペンス」ですが、全体的にコメディタッチなので、恐怖映画が苦手な人でも安心して楽しめるかと思います。

オダ・ユージ役のユースケ・サンタマリアがかっこよく見えてきました。
俳優の織田に憧れているわけじゃないといいつつ、織田風のセリフを言ってて笑いました。

集まった5人が個性的でした。
第一印象と、その正体のギャップが意外でした。

話の初期から、伏線が盛り沢山です。
最後まで目が離せませんよ。
【以下、ネタバレあり感想】






家元が警察だと分るシーンがやけに男前でした。

ミキの留守中に部屋に上がりこみ、ベッドを直したり、下着を畳んだりするって、変なストーカーだなぁと思っていましたが、当人(いちご娘)は「見守っていただけだ」と主張していました。
後に、本当に見守っていただけなことが判明します。
イチゴ娘は、ミキの実の父親だったのです。
ネカマな無職のおっさん…。
嫁さんに逃げられたわけがちょっとだけ分らなくもないです。
イチゴ娘は、アリバイがあったためミキ殺しの疑いが晴れたわけですが、そのアリバイというのが「無銭飲食で、警察に拘留されていた」っていうのはへっぽこです。
なんて嫌なアリバイw

オダ・ユージが、人を突き飛ばしたり、汗を拭いたりしているのは、彼の正体がマネージャーのデブッチャーであることのヒントだったのですね。
全く気づきませんでした。
劇ヤセ!!

途中、マネージャーのデブッチャー改めヤセッチャーこと、オダ・ユージが追い詰めたことによる自殺ではないかという流れになったときに、ああこれが真相なのかな…と思いかけましたが、話がさらに展開したのが楽しかったです。

スネークはミキの友達(雑貨屋店員と客)で、安男はミキの幼馴染、イチゴ娘はミキの父親、オダ・ユージはミキのマネージャーであることが判明し、また、ミキの死についての責任も4人それぞれにあることが分りました。
ミキ通を自称していたのに自分だけ完全に無関係者だと、すっかりいじけてしまう家元の姿が笑えました。
が!ミキが死んでいた場所が物置ということで、ミキは炎の中、家元のファンレター200通を取りにいったのではないかという感動的な推測が行われ、家元は涙しました。
さらに、ミキが死の間際に作っていたクッキーは、家元の誕生日のためだったのです。(あくまでも推測だけど、ミキの命日の翌日が家元の誕生日)
家元は、全く身内ではないただの一FANだったけど、ミキの一番の心の支えで、家元からの手紙は、文字通り命より大事だったのです。(という推測)

いい話だ。

ミキの死の真相は、次のようなものらしいです。
ミキは、ゴキブリを倒す為、安男の電話によるアドバイスで、ママレモン(本当は違う洗剤らしい、イチゴ娘曰く)を撒こうとして、誤ってサラダ油を撒いてしまった。
それは、ミキがドジなだけでなく、スネークが紛らわしいボトルに液体を詰め替えていたせいだった。
アロマキャンドルの火が地震で倒れ着火したらしい。
マネージャー(オダ・ユージ)への遺言と思われていたものは、実は、安男に向けられた言葉で、ゴキブリとの戦いで疲れたことを言っていただけらしい。

ミキの歌ってる映像が可愛かったです。
それにあわせてオタ芸を披露する5人が微笑ましいです。
なんだかんだで5人とも、ミキが大好きですね。

ミキはヌード写真集を嫌がっていたのかと思いきや、以外と乗り気で、お父さんに見せる気マンマンだったようです。
自分でつけたタイトルは「SHOW ME」。
「私を見て」と言いたいんでしょうが、これだと、「私に見せて」です。

色々天然な子だったようです。
この映画を見ると、如月ミキは真のアイドルだ!と思ってしまいます。

物語では、ミキは事故死だったということで決着がつきました…が。
ミキの死から丁度二年後、今回と同じ5人+新たに1人が集まり…。
その1人というのが、大磯ロングビーチで、ミキのステージの司会を務めていた宍戸錠なのですが、宍戸錠曰く、2年間調べた結果、ミキの死因が明らかになったとのこと。
その手には、銅線みたいなものが。
え?何それ?発火装置的なもの?

すごく気になるところで映画は終わります。

派手なカーチェイスや、ラブロマンスがなくても、面白い映画って作れるのですね。

テーマ:キサラギ - ジャンル:映画

  1. 2008/03/12(水) 00:12:15|
  2. 映画感想

FC2Ad