野良箱

同人漫画サークル

映画「ターミナル」

ターミナル DTSスペシャル・エディションターミナル DTSスペシャル・エディション
(2005/04/28)
トム・ハンクス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 他

商品詳細を見る

【あらすじ】
アメリカの国際空港にやってきたビクター・ナボルスキーだが、祖国のクラコウジア(架空の国)でクーデターが起こったことによりパスポートが無効になり、空港から出ることが出来なくなってしまった。
ビクターは、空港内に閉じ込められ、ターミナルで生活することになる。

【ネタバレなし感想】
キャサリン・ゼタ=ジョーンズは力強く迫力ある女性というイメージが強かったのですが(「シカゴ」での印象)、この作品では、ナチュラルメイクでかわいかったです。

空港内で生活するには、そういう金の稼ぎ方があったのか!って感じです。
カートを所定の位置に集めると金が出る機械って日本にもあるのでしょうか?

【以下、ネタバレあり感想】





ビクターが空港から出たシーンを見て、室温まで変わったような気がしました。
体の周りがスッと涼しくなる感じといいますか。

最後に、ゼタ=ジョーンズのキャラとビクターがくっつかなかったのは、意外でした。
こういう映画は、ラブに関してはハッピーエンドだとばかり思っていたので。

ビクターの渡航目的は、スパイ作戦とか工作活動とか密入国とかヤバイものではなく、父の遺志を継ぎ、ジャズ奏者のサインを貰いに行く事でした。
シンプルで清いです。

ビクターは、空港職員皆の人気者になりました。
人柄の良さと順応力の高さ、手先の器用さの成せる技でしょう。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2008/02/01(金) 00:20:19|
  2. 映画感想

FC2Ad