野良箱

同人漫画サークル

映画「想い出のサンジェルマン」

想い出のサンジェルマン想い出のサンジェルマン
(1999/02/25)
ボリス・ヴィアン、ジュリエット・グレコ 他

商品詳細を見る

サンジェルマンに集う芸術家達を描いたドキュメンタリー映画。
詩人アルトーや作曲家でエンジニアでペット奏者でギタリストのボリス・ヴィアンなどが登場する。
〈ダブー〉という店に集う客層の変化や、音楽・ダンス・服の流行についても触れている。
著名人のインタビューあり。

【感想】
監督の名前が、某海賊漫画に出てくる海上レストランと同じです。

人々の服がかっこいいので、スケッチしながら鑑賞しました。
髪型とメイクもかっこいい。それは、メモれませんでした。

アメリカ文化の影響で、チェックシャツが流行したようです。

「絶叫詩」というスタイルがあるんですね。
叫ぶ詩人。
防音設備がない部屋だと、隣りの住人が迷惑しそうです。

ヴィアンのエヴィアン水。そんな駄洒落を言ってました。ヴィアンが。
ボリス・ヴィアンの持っているギターの形が凄まじいです。こんなの見たことない。

「自由表現祭」は、私には高度過ぎます。
あまりの前衛芸術ぶりに、理解の範囲を超えてました。

当時の歌や映画に戦争の色が出てました。反戦歌とか。

生活の為ではなく遊ぶ金欲しさに、「おもらい」をする少女も出現。
「お金を下さい」と町行く見知らぬ人に金を貰っていたのです。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2008/01/31(木) 04:43:02|
  2. 映画感想

FC2Ad