野良箱

同人漫画サークル

臼井隆一郎「コーヒーが廻り世界史が廻る」

コーヒーが廻り世界史が廻る―近代市民社会の黒い血液 (中公新書)コーヒーが廻り世界史が廻る―近代市民社会の黒い血液 (中公新書)
(1992/10)
臼井 隆一郎

商品詳細を見る

【概要】
コーヒーの誕生から現在までの歴史、コーヒーと世界との関わりを紹介した本。

【感想】
イスラム教、フランス革命、黒人奴隷、人種差別、植民地、ファシズム、その他市民生活とコーヒーとの繋がりが書かれていました。

コーヒー・ハウスが議論の場だったことがあるのですね。
単にコーヒーを飲む場所ではなく、株取引・保険・新聞・郵便など幅広い用途に使われる多目的ホールだったようです。
イギリスのコーヒー・ハウス文化は完全に男性のもので、女性層を取り込むことができず廃れたそうです。(その後、紅茶がイギリス家庭に入り込んだ。)

コーヒーについて述べた文書、文学、詩、歌詞等が所々に載っています。

「コーヒーは市民生活の体内に循環する黒い血液である。しかも戦意高揚に欠かせない。コーヒーが切れれば、戦争に敗けたも同然である。」
「(コーヒーが)ドイツで市民生活の鬼っ子ファシズムを生むに至る。」(カバー折り返しより)
といったあたりは、あまり真に受け過ぎないようにします。
カバー折り返しに「コーヒーという商品の歴史を、現代文明のひとつの寓話として叙述する。」とありますし。あくまでも「寓話」として読んでおきます。

どうやらコーヒーという新商品が市民に浸透するにあたり、優秀なキャッチコピーが存在したようです。本当に市民がコピーの影響を受けたかは定かではありませんが。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/01/16(水) 07:29:41|
  2. 読書感想文(小説)

FC2Ad