野良箱

同人漫画サークル

チェ・ゲバラ「ゲバラ日記」訳・高橋正

ゲバラ日記 (角川文庫)ゲバラ日記 (角川文庫)
(1999/02)
チェ ゲバラ

商品詳細を見る

【あらすじ】
キューバ革命後、ラテン・アメリカ全体を革命しようと、ボリビアでゲリラ活動をする。
ゲバラの日記。

【感想】
上の画像は、私が持っているものと装丁が違います。

ゲバラが何をした人なのか、ゲリラ活動とはどんなものか、知らずに購入しました。
革命後の日記なので、革命時の活躍ぶりが分りませんでした。
巻末の「ゲバラ小伝」にゲバラの一生(この日記の前からこの日記後、ゲバラの死まで。)が書かれています。

革命の思想を全面に打ち出すでなく、ゲリラの理念を論じるでもなく、普通に日記です。
ゲリラの日常。

自分の子供や、隊員など、人の誕生日を小マメに書き込んであります。
クリスマス・イヴに楽しい晩を過ごしたとあります。
その辺だけ見ると、女の子の手帳のようです。

部下を抱える管理職のような一面もありました。

隊員の本名と通称が違いすぎます。
また、一人に対して何通りもの呼び名があります。
日記だけに、そのあたりが統一されていません。
同じ人を、色々な名前で書いています。(文中に注釈あり)

ボリビアでのゲリラ活動を要約すると、以下のような感じです。
・変装していたが、元の姿に戻っていく
・虫が邪魔なのでつぶす
・横穴を掘る 
・物資を貯蔵する
・隊員が喧嘩する
・喧嘩した隊員をたしなめる
・人事をする
・ラジオで情報収集する
・道を切り開く
・農民を仲間にしようとする
・食料を確保する
・手紙の暗号を解読する
・政府軍の兵隊と戦闘する(隊員が)
・あぶりだしインクで暗号文を書く
・ミルクを大量に紛失する
・裏切り者や脱落者が敵に情報を漏らす
・農民などに口止め料を払う
・隊員がヘマをする
・隊員をどやしつける
・探検する
・キャンプを設営する
・行軍する
・分かれてしまった別の班と連絡が取れない
・隊員が体調を崩す・病気になる
・隊員の一人が精神に異常をきたし、幻覚を見る
・「学習」と称して隊員を教育する
・戦闘や事故で隊員が死ぬ
・隊員を埋葬する
・賞金首になる
・持病の喘息と戦う
・喘息が酷くて眠れない
・イカダを組む
・渡河する
・隊員が盗み食いをする
などなど

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/01/14(月) 12:22:58|
  2. 読書感想文(小説)

FC2Ad