野良箱

同人漫画サークル

DSゲーム「ウィッシュルーム 天使の記憶」2周目クリア

ウィッシュルーム 天使の記憶ウィッシュルーム 天使の記憶
(2007/01/25)
Nintendo DS

商品詳細を見る

【ゲーム概要】
願いが叶う部屋(WISH ROOM)があるという「ホテル・ダスク」での一夜。
アドベンチャーゲーム。
マップ上を歩いて移動したり、物にタッチして調べたり、人と会話したりして物語を進めていく。
会話中には、2択が出ることがある。
間違った選択をすると、即ゲームオーバーになることがある。

【途中までネタバレなし感想】
主人公カイル・ハイドを始め、ホテル・ダスクの宿泊客、ホテル従業員のキャラクター達が、よく作りこまれていて魅力的でした。

ハイドの旦那かっこいい。ハイドのおじさんに何かを打ち明けたい。

絵柄が大変好みです。
会話内容により、キャラクターがいろんなアクションをします。
所謂「立ち絵」よりはよく動くと思いますし、表情も変わります。
キャラデザ・作画監督の金崎泰輔さんは、ディレクターも兼任しているみたいですね。

ゲームシステム的には、私が好きなゲーム「メタルスレイダーグローリー」(メタスレ)に近いかもしれません。
ただしメタスレや恋愛シュミレーションゲーム、かまいたちの夜などのサウンドノベルほどは、分岐が激しくありません。あれらは、全く別のルートに入ってしまうことがありますから。
ウィッシュルームでは、間違った分岐に入ると、その直後ゲームオーバーになります。
でもすぐ前からやり直せるので、イライラしなくて済みます。

ホテルのオーナー(マスター)ダニングには、しょっちゅうホテルを追い出されました。
コミカルな音楽と共に。
なので、ダニングを見る度に、ゲームオーバーか!?とビビりました。
また、会話における追求に失敗して、しょっちゅうカイルが自室に引きこもりました。

そんなの絶対引っかかるって!という罠の数々。

とても面白かったので、ぶっ続けで何時間もプレイしていました。

全てのゲームオーバーシーンが見てみたいです。あえて間違った行動をして。
また、自動販売機の景品を宿泊客にあげて、反応を見たいです。

タッチペンの特性を活かしたゲームでした。

残念なことに、自力でクリアできませんでした。
こちらの攻略サイトをちょくちょく参考にしました。

2周目は、1周目と違う要素があるので、1周クリアしたという方も、ぜひ2周目をプレイしてみて下さい。

カイル・ハイド萌えスレッド(ネタバレ注意)
ウィッシュルームのカイル・ハイドは無愛想かっこいい
検索キーワード、ハイライトは無視して下さい。

【以下、ネタバレあり感想】
攻略的ネタバレ→小ネタ的ネタバレ→ストーリー的ネタバレの順です。
【攻略的ネタバレ感想】
攻略サイトを見ても、行き詰ったところがあります。

それは、第3章の配電盤です。
結局は、右スイッチをタッチペン、左スイッチを左手の爪で同時に上げたら解決しました。

以下、攻略サイトを見てしまった箇所など。

【第2章】
一周目は自力でやりましたが、メモを破ってしまいました。結局、破った残りも手に入れたので、事なきを得ましたが。
二周目は、攻略サイトを見たので、最初からバールを使い、梃子の原理でロッカーを持ち上げ、メモを破かずに済みました。



【第3章】
厨房にある小麦粉が怪しい…とは思いつつ何をしてよいのか分らず、行き詰ってしまいました。
なので攻略サイトを見て、万年筆に小麦粉をつけたらいいんだと分りました。



【第4章】
217号室で、ライターを発見しただけで満足してしまい、絵画の横の古い写真を手に入れなかったため、次のイベント(トイレ水浸し)が発生しなくて困りました。

第4章で、ドル札をコインに両替するのを忘れたため、1周目では、自動販売機が使用できませんでした。
2周目では、両替しました。

所持品検査でどういうものが引っかかるのか、攻略を見てしまいました。



【第6章】
ローザ(メイドのおばさん)に「ホテルに関する詳しい話はダニングに聞いて」と言われた後、ダニングを見つけられなくて、ホテル中のドアを叩いて回りました。
一瞬レストランにも入ったのに、すぐに出てしまったせいで、ダニングを見つけられなかったのです。




【第7章】
メリッサ、ローザと会話し、なんとなくクリスマスツリーのイベントが発生するんだろうなぁと思いつつ、肝心の「倉庫」が発見できなくて、攻略サイトを…。
私は、後に「酒蔵」と判明する部屋、もしくは「食料庫」を倉庫だと思い込んでいました。
本当の「倉庫」は、ローザの部屋の隣りです。




【第8章】
2階の奥で扉の音を聞き、屋上に直行するも誰もおらず。
その後、なぜかホテル中をうろうろして、何をしていのかわからなくなり攻略サイ…。
結局、屋上ドア手前、リネン室の向かいにある「用具室」のゴミ箱を探すべきだったのです。

カセットテープがルイスの部屋にあるボールペンでは巻き取れず、じゃあどうやって…と詰まりました。
カイルの自室にある鞄に入っている鉛筆を使うのが正解だったのです。
これには、自分で気付きたかった…。

カセットテープのA面を再生した時流れてきた曲が、ダニングにホテルを追い出される時のものだったので、ゲームオーバーになったのかと思ってあせりました。



【第9章】
111号室で、ミラが倒れて人工呼吸をするというイベントで、私は一生懸命DSマイクに息を吹きかけました。
ローザが「それでは息が届かない、もっと顔を近づけて」というので、私はDSに口をつけました。
しかし、意味なし!
正解は、「DS本体を閉じる」でした。これにより、DS左画面のカイルの顔と右画面のミラの顔をくっつくのです。

ちなみに、どの章か忘れましたが、メリッサのパズルを裏返す時にもDSを閉じるのが正しいやり方だそうです。
私は、1周目の時、やり方が分らず諦めてしまったのです。
そして、裏面のままパズルを組み立て文字を読んだのでした。
2周目では、正しくやりましたよ。




【第10章】
地下室では、本当に困ってしまい、攻略サイトに頼りまくりました。
ハサミとかどうでもいいものに気を取られている間に窒息しました。

流れとしては、机の下の工具箱からハンマーゲット→本棚の青い本ゲット→青い本からダニングと娘の写真ゲット→机の下のプラグをチェック→机の上の引き出し2段目のヤスリで鉛筆を削る(ヤスリの見えている画面で、アイテム鉛筆を使う)、削った粉を机下のプラグに撒く→机の上の引き出し上段に入っている金庫のロックを解除(番号は、ダニングと娘の写真の裏にかいてある日付)→中の手紙をゲット→手紙の最後に書いてあるアルファベットをDSではなくリアルの紙にメモ→机の上にある白紙のメモに倉庫で手に入れたブラックライトを当てる(ブラックライトがなくても、メモをアップにしてDSを傾ければうっすら数字が見える)→コンピュータの電源ON→右上を白紙メモに書いてあった数字にする→手紙の最後にあったアルファベットを入力(スペースキーで空白を入れたり、Enterキーで改行したりする)→Enterを押すと暗号が解読できる。

ルイスの助けで地下室を出た後、これまたどこに行ってよいのか迷い、地上に出てしまったりしました。
以下は自力攻略しましたよ。
レンガが落ちてくるのは、地下道の角の所です。
そしてそこでのイベントが終了したら、最後は、地下室の向かいの壁の所に行けばよいのです。


【小ネタ感想】
ほぼ全ての鏡を見て回りました。
普通は「鏡は綺麗に磨かれている」というコメントですが、中には「ヒゲが伸びてきた」「なかなかの男前だ」というセリフがありました。
カイルったら、以外と自惚れ屋。

ルイスがくさるシーンが好きです。
ルイスの「なんでだよぅ」ってのがかわいいです。

ローザの若い頃が美人過ぎる。あのカイルの反応も頷けます。

バーで一杯目を飲んだ時や、クリスマスツリーを見つけた時のカイルの笑顔が眩しいです。

最後のダニング追及で失敗してゲームオーバーになった時、カイルが両手で顔を覆って落ち込んでいました。


【ストーリー的ネタバレ感想】

なんという会えず終い!
さわやかかつ暖かくもどこか悲しいラストでした。
2周目でジェニー帰ってきたけど。

行方不明者多っ!
ナイル関係者も多っ!
ギャラリー・メイ関係者も多っ!
飛行機事故で死んだ女も多っ!(アイリスの母、ジェニーの母、ミラの母)

こりゃ、この飛行機事故、なんらかの裏がありそうですね。ないか。

キャラクター達が意外なところで繋がっているのが面白かったです。

新聞記事が物語の全体像を知る上で、重要ですね。

グレイス(メリッサの母)は、ダニングを脅迫して絵を描かせ、それを金にしたんでしょうか。

ジェフの盗難騒ぎは、当然、銃や札束の隠し場所に困ってのことと思ってましたよ。まさかあんな動機だったとは。

サマーは、文章力もないらしいし、推理力もゼロっぽいですが、憎めない奴です。
盗作野郎ですが。
サマーに文才があったら、この「ウィッシュルーム」自体がサマーの書いた小説だったのですオチとかできそうですが(ありふれてるけど)、サマーには無理そうです。

オーダーシートに「セシル・リーが表紙の雑誌」とあったのは、別にブラッドリーがわざと忘れて行ったものじゃないですよね。たしか、今月号だと書いてありましたから。
つまり、「どこにでもあるありふれたもの」としてオーダーしたんですかね。ホテルのどこかにゃあるだろうと。

話の柱になってそうなのは、「親子関係」「女の自立」「探し人」「夢を追う」といった要素ですかね。

オスターゾーンが実在しなかったのにはビックリでした。
実際には、ダニングがオスターゾーンを演じていたわけですが。

無駄に地下室、無駄に隠し部屋、無駄に暗号ってあたりがいい意味で馬鹿ミステリーっぽくて好きです。
(それらの部屋には、存在する意味がちゃんとありましたが。)
私が昔ハマったゲーム「ポートピア連続殺人事件」に通じるものがあります。



【エンディングパターン】
私が見たのは以下の二つです。

1.カイルとミラが旅立つ。

2.カイルがミラに「ミラの思い出の品※」を渡してから、二人で旅立ち、大晦日にジェニーが帰ってくる。

※2周目以降手に入る「謎のカセットテープ」の暗号をメモり(DSのメモじゃなく、リアルの紙にメモるべし)、地下室の暗号解読機に入力すれば、ホテルを出る直前に220号室(部屋の名前はLOVE「愛」)に入ることができ、そこで「ミラの思い出の品」を手に入れることが出来る。

まだ、「カイルが一人で休暇を取る」パターンは見ていません。

【間違っていたエンディング予想】
私は、自動販売機景品の「口紅」をアイリスに渡したので、アイリスと一緒に旅に出るパターンもあるのではないかと思っていました。親密度が上がって。が、そんなのありませんでした。
ちなみに、旅立ちの日、アイリスは屋上にいて、話しかけることができます。

また、口紅を誰にも渡さずに持ったままホテルを出れば、レイチェルに口紅を送るイベントが発生するレイチェルエンドがあるのかとも思っていました。なかったけど。
カイルとレイチェルは、クリスマスイブに一緒に食事をした仲みたいです。

【追記】
私、暗号をリアルの紙にメモってましたが、カセットや手紙を持って暗号解読器をタッチすれば、文字が表示されるっぽいです。
  1. 2008/01/08(火) 01:31:06|
  2. ゲーム

FC2Ad