野良箱

同人漫画サークル

映画「それでもボクはやってない」

それでもボクはやってない スタンダード・エディションそれでもボクはやってない スタンダード・エディション
(2007/08/10)
加瀬亮;瀬戸朝香;山本耕史;もたいまさこ;役所広司

商品詳細を見る

DVDの返却期限の関係で、所々2倍速で鑑賞しました。
なので、一応感想は書いてますが、しっかりは見ていません。

【あらすじ】
主人公の金子徹平は、身に覚えのない痴漢容疑で逮捕された。

【以下、ネタバレあり簡易感想】
裁判のシーンで、痴漢被害者少女の声が小さかったため、音量を上げたら家族にうるさいと怒られました。
彼女の声が小さいのは、別に悪いことではなく、キャラクターの性格に合った喋り方だと思いました。
「内気な少女が勇気を持って告発した」感がなおさら出ていたと思います。

まさかの有罪。
てっきりハッピーエンドの映画だと思っていました。
実験により、主人公が手を後ろに引くのは不可能だと分ったり、物語終盤で、主人公に有利な目撃者証言が出たり、かなり無罪になりそうな進み方をしていただけに、有罪エンドは意外でした。

金子役の加瀬亮さんは、ちょっとキレた時の演技がリアルだったと思います。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2008/01/01(火) 21:03:35|
  2. 映画感想

FC2Ad