野良箱

同人漫画サークル

シェイクスピア「ヴェニスの商人」安西徹雄・訳

ヴェニスの商人 (光文社古典新訳文庫 Aシ 1-3)ヴェニスの商人 (光文社古典新訳文庫 Aシ 1-3)
(2007/06)
シェイクスピア

商品詳細を見る

【あらすじ】
貴婦人ポーシャは、亡き父の考案した方法で結婚相手を選んでいる。
それは求婚者に、金・銀・鉛の3つの箱の中から一つを選ばせるというものである。
バサーニオは、ポーシャに求婚するにあたり金が必要になる。
貿易商アントニオは、友人バサーニオのためにユダヤ人高利貸シャイロックから借金をする。
担保はアントニオの肉1ポンド。

【ネタバレなし感想】
ポーシャが求婚者の一人について述べた「御自分の馬のことしかしゃべらないんだもの。」という評価は、現在でいうと「自分の車のことしかしゃべらないんだもの。」というのと似たようなものでしょうね。
最近読んだ小説で、女が出会い系で知り合った男のことを「あいつって車の話ばかりしてつまんない男」と評していたのを連想しました。
いつの世も変わりませんね。

私は、本の裏表紙に書いてあるあらすじを読まないで本文に入る派です。
今回もそのように読み始めました。
半分近く読んだところでなにげに裏表紙を見ると、まだ読んでいない部分のネタバレが書いてありました。
ぎゃー。

本の帯は、ユダヤ人シャイロックがメインの書かれ方ですが、シャイロックは主役ではないようです。
どちらかと言うと悪役です。

解説によると、「ヴェニスの商人」には他の人の先行作があったのですね。
漫画でこれやったらパクリ検証サイトができそうですが、劇台本だから別に構わないんでしょう。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2007/12/01(土) 10:33:29|
  2. 読書感想文(小説)

FC2Ad