野良箱

同人漫画サークル

雫井脩介「犯人に告ぐ」

犯人に告ぐ 上 (1) (双葉文庫 し 29-1)犯人に告ぐ 上 (1) (双葉文庫 し 29-1)
(2007/09/13)
雫井 脩介

商品詳細を見る

犯人に告ぐ 下 (2) (双葉文庫 し 29-2)犯人に告ぐ 下 (2) (双葉文庫 し 29-2)
(2007/09/13)
雫井 脩介

商品詳細を見る

【あらすじ】
神奈川県警警視の巻島は、6年前児童誘拐事件を担当した。
ちょうどその頃巻島の娘は出産に挑んでいた。
帯には、「劇場型犯罪VS,劇場型捜査」と書かれています。

【以下、ネタバレあり簡易感想】
6年前の会見で失敗した時、マスコミの質問はいやらしいながら、一方で、まっとうだとも思いました。

警察官が沢山見ている前で、また映像も撮られている前で、磁石つきの紙を落とすことって可能なんですかね。

こりゃ巻島の孫が誘拐される展開になるな…と予想したら当たりましたが(前半でそれを匂わせる描写がありましたし)、誘拐犯が予想外でした。

犯人(バッドマン)が手紙を落として風で飛ばされたことで、事件が解決につながりました。
バッドマンったら迂闊!バッドマンったらドジっこ!バッドマンったら凡ミス!

植草は、巻島を妨害したかったというよりは、未央子の気を引き、自分を追わせ、掌握したかったのでしょうね。

あの自殺した人が「ワシ」で確定なんですかね?自殺のタイミングを考えると合ってそうなんですけど。

犯人「バッドマン」「ワシ」達の事件への動機や手口はあまり語られていませんでした。
「ワシ」は金がないからやったという部分もあったんですかね?
現実では、どういう人物が快楽殺人犯・愉快犯は、なりやすいのでしょうか。

巻島は、手紙の捏造はやっていなかったのですね。
あの飄々としたかわし方も相まって、視聴者同様巻島が捏造をやったと思って読んでました。

その後、植草をあぶり出し嵌めるために普通に映像や容疑者を捏造してましたけど。(正確には巻島本人が映像編集したわけではありませんが)

アイドルグループ「マイヒメ」が一日署長をやったことが、事件解決に役立ったのが面白かったです。

「チョンボ」小川は、チョンボをする一方で運が強いですね。
私の中で、小川はデスノートの松田桃太をイメージして読んでいました。

ちなみに、未央子はデスノートの清楚高田のイメージです。

6年前の事件より遺族の反発が弱かったのは、あらかじめ遺族とコンタクトを取っていたからでしょうか。
捜査の為に、犯人の人格を尊重したり悪のヒーローであるかのように扱う可能性を述べておいたのが良かったのだと思います。

酒鬼薔薇聖斗という単語が出てくる小説を読むのはこれで3~4作目です。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2007/11/26(月) 18:51:57|
  2. 読書感想文(小説)

FC2Ad