野良箱

同人漫画サークル

重松清「哀愁的東京」

哀愁的東京 (角川文庫)哀愁的東京 (角川文庫)
(2006/12/22)
重松 清

商品詳細を見る

上野行きの寝台特急の中で読了。

【あらすじ】
絵本作家の進藤宏はフリーライターとして生計をたてている。
進藤は、絵本の新作が書けないでいる。

【ネタバレなし感想】
全体的に哀愁漂う一冊。
最盛期を過ぎたカリスマなど、人生下り坂、落ち目の人々が登場します。
進藤の絵本担当編集者シマちゃんは、性格のいい子でした。
進藤の書いた絵本は、様々な感情を持って読まれています。
同じ作品でも色んな受け取り方があるのですね。
「プロ」とは何か「ライター」とは何かについても描かれています。
作者プロフィールによると、ルポやインタビュー、週刊誌記事のリライトを手がけているということなので、その経験をこの作品に生かしているのだと思います。

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

  1. 2007/09/24(月) 11:26:38|
  2. 読書感想文(小説)

FC2Ad