野良箱

同人漫画サークル

澁澤龍彦「秘密結社の手帖」

秘密結社の手帖 (文春文庫)秘密結社の手帖 (文春文庫)
(2004/09)
渋沢 龍彦

商品詳細を見る

秘密結社についてのエッセイ的な本です。

とても読みやすいごく普通の文体です。

フリーメーソン、薔薇十字団、カルボナリ、K・K・K、カモラなど、世界中の秘密結社について書かれています。

秘密結社では一般的に階級制と入社式があるようです。

入社式では、死と復活を模したものが多いようです。
心身への試練を課されたりします。

儀式は、エロティックなものや血まみれのものが多いですね。

過度に性的なものもあれば、逆にストイック過ぎて去勢してしまう結社もあるそうです。

男オンリーの結社「カモラ」で一番偉いボスの事を、会員が「ママ」と呼んでいるというのが面白かったです。

文中で「かの有名な●●」とか「名高い△△」などと人名や団体名が出てくるのですが、どれも知らないものばかりでした。

澁澤手帖シリーズ三部作の内、「毒薬の手帖」だけ未読なので、その内読んでみようと思います。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2007/09/12(水) 00:42:14|
  2. 読書感想文(小説)

FC2Ad