野良箱

同人漫画サークル

乙一「GOTH 僕の章」

GOTH 僕の章 GOTH 僕の章
乙一 (2005/06/25)
角川書店

この商品の詳細を見る

「夜の章」は未読です。

【簡易紹介】
「僕」を含めちょっと特殊なことに執着したり興味を持ったりする人達が出てきます。
「リストカット事件」「土」「声」の三作品。

【途中までネタバレなし】
最後ら辺誰が誰だか分らなくなって、何度も読み返しました。

「僕」は正義感から事件を解決する少年探偵気質ではなく、むしろ、殺人者寄りの精神構造をしています。
「僕」は、平均的な高校生を演じていますが、クラスメートの森野夜という女子には見抜かれているようです。

映像化不可能だろうと思っていたら、漫画化されているそうです。

【以下、ネタバレあり】




この作品は、叙述トリック的なものが多いので、映像化は難しいでしょうね。
そのトリックというのは、「同一人物だと思ったら別人だった」「別人だと思ったら同一人物だった」といったものです。

私は、3作に共通して「僕」と「森野」が出てくることさえ知りませんでしたし、連作になっていることも知りませんでした。

2作目の「土」が始まった時は、全く別の話が始まったものだと思っていました。「森野夜」の名前を見るまでは。

「僕」の名前が「神山樹」なんですね。
絶対名前が出てこないと思い込んでいたせいで、それが「僕」の名前だとは認識できませんでした。
神山くんを新キャラクターだと思ってました。
3作目「声」を一度読み終えた時点でもまだ誰が誰だか混乱していました。
北沢博子殺人事件の犯人を完全に「僕」だと読み違えました。
森野に写真を渡していた少年が犯人ということですかね。
そして、犯人は「僕」こと神山に殺された。

「僕」の名前が「神山樹」なのは、ネットを見る限りお馴染みの事らしいです。漫画版読者などには特に。
ひょっとして、「夜の章」で名前が出てるんですかね?読んでないので分らないのですが。

「僕」は、不法侵入するわ、手首を盗むわ、人を埋めるわ、人を殺すわで完全に犯罪者ですね。
  1. 2007/07/23(月) 12:48:52|
  2. 読書感想文(小説)

FC2Ad