野良箱

同人漫画サークル

【ゲーム攻略】東方紺珠伝EX 鈴仙・優曇華院・イナバでクリア

基本イージーの、ギリでノーマルシューターですが、EXクリアできました。

難易度:エキストラ
自機:鈴仙・優曇華院・イナバ(レガシー)
コントローラ:パソコンのキーボード
挑戦回数:435回
プレイ時間:57時間56分41秒
ハイスコア:268104270点(クリアボーナス加算後)

EX以外の本編感想はこちらです。

以下、ボス名、スペカ名などネタバレあり
クリアできた時のコツを書きます。

チャプターごとに200グレイズで残機の欠片が出るのは、激破率100%の時の計算だそうです。
激破率が下がるごとに、必要グレイズ数は大きくなります。
EXをクリアしてから、「グレイズアイテム」の存在を確認しました。同じ弾を長めにカスることで、小さな緑っぽい丸が火花と一緒に上(前方)へ浮かび、自機へ自動回収されるもので、通常よりグレイズが多く稼げます。

【最初のチャプター 自機狙い】
ボムのバリアを展開したまま、左からチョン避けでグレイズを稼ぎ、残機の欠片を手に入れる。

【白い放射状の弧】
高速ショットメインで中央、左側、右側と、弧の隙間を抜ける。多分、グレイズ稼ぐのは難しい。

【黄色いポイフル弾地帯】
左 右 と各個激破してから左にじりじり移動しつつ低速撃ち、最後に右で激破率100%。

【自機狙い小弾と打ち返しレーザー地帯】
高速ショットで画面両端まで左右に振りながら激破率90%以上を目指す。小弾をかわしつつも、レーザーで止まる。グレイズは、レーザーのカスリのみで稼げる。

【バラマキ】
中央、最下段よりは上の辺りで、最初高速ショット。弾幕が近づいてきたら基本の場所から高さをあまり変えずに低速左右で気合避け。自機より少し上を見て、すいていそうな所へ移動。止まっている時は、高速ショットを混ぜてもよいかも。少し弾幕が薄くなる。急いで避ける時も高速。多分グレイズ稼げる。被弾したら、常にボムバリアを展開。

中ボス ドレミー・スイート
【蝶符「バタフライサプランテーション」】
常にドレミーのすぐ前に陣取る。そうすると、下段にいるのとは違い、赤い弾を一列しか抜けなくて済む。斜めに飛んできたりもするけど、少し下がりながら低速ショットするなどして角度を調節すれば良い。当たり判定がやや大きめなのできっちり赤い弾同士の真ん中を抜けたい。

【超特急「ドリームエキスプレス」】
中玉の他、一定間隔で、ちょっと前に自機のいた方向へ高速弾幕が飛んでくるので、左右に移動してショット。動きが安定すれば、低速でも高速でも臨機応変に。
ここで、注意点。もしも、ボムのバリア輪が1本以下になっていたら、自ら当たってでもボムを張り直し、輪が2本以上の状態で次のスペカへ行くべき。

【這夢「クリーピングバレット」】
低速で、基本、時計回りに回る。隙間の形に応じて、上下やL字型に動くこともあるし、時として、ちょっと戻った方が良かったりもする。残機が減らず、新しくボムを展開しない状態で1UP。なお、スペカ前に張っていたボムバリアが数枚つぶれてもOK。ここで残機が増えるのとそうでないのは大違いなので、取れなかったら、最初からやり直した方が良いかもしれない。別に、バリアが残1でも、バリアなしでも、頑張ればノーミス突破は可能。

【再び道中バラマキ】
上と同じ

【粗めの自機狙い2WAY(3WAY?)レーザー】
一番左から低速でジワジワ右へチョン避けしていけば、かなりグレイズを稼げる。切り返えし不要。ボムバリア展開時なら、そんなにギリギリまでレーザーに寄せなくてもグレイズできる。

【放射状ポイフル地帯】
敵が硬め。一匹ずつ倒さないと、画面中がポイフル弾で埋まる惨劇になる。
中央右から出現した妖精は、弾を吐きながら徐々に左へ移動するので、常に正面を取るように心がけ確実に仕留める。
次は、左から右へ動く。その次は、また右→左。左→右。中央に二匹現れ左右に散ってくので、右を速攻、倒したら、左。
今度は、左右端に二匹登場する為、先ほどの位置から左の妖精を激破。最後に右から中央へ来る妖精を倒す。激破率100%で、グレイズは200を超えるのが望ましい。

【交差ポイフル×3】
敵が固い。一匹目は、真ん中辺りで軽く上下しつつ避ける。二匹目は、小さく四角っぽく動いたりする。三匹目は、ゆらゆら左右に揺れつつ、時々高さを変えるなどする。被弾が少なければ、二匹目激破時、大きな「P」を獲得できる。霊力フルパワー。三匹目では、スペカ「S」丸ごとか、その欠片がもらえる。

ボス ヘカーティア・ラピスラズリ 純狐 
(突入時で残機4 ボム残2。ボス戦中、何度か残機5にエクステンド。)
【ヘカTの通常1 ピンクのクナイ弾】
弾幕展開直前まで画面にいた純狐がカウントされているらしく、400グレイズしないと残機の欠片がもらえない。
グレイズにこだわって残機が減っては元も子もないので、真面目に速攻で良さそう。でも、ヘカがやけに右に寄った時など、正面を取り損ねて、いい具合にグレイズを稼げる時がある。
クナイ弾の間に沿って左右に低速移動するが、各波の最後は、クナイ弾が左右に偏り狭くなっていることがある。その時は、高速で該当箇所のを横切り別の列に出た方が良い。

【異界「逢魔ガ刻」】
最下段から低速でチョンチョンと3列前に出て、そこから横移動すれば、かなりグレイズする。
降って来る斜めの切れ目を左右に揺れながら通る。切れ端のような短い弧があったら逆回転する。さらに逆回転する時は切れ端がないので、感覚で覚える。あまり端に行き過ぎても、ホーミングのないうどんげにはつらいので、中央付近で移動。縦移動不要。基本低速。大きく動きたいなら高速。

【ヘカTの通常2 青くて狭いクナイ弾】
高速でクロスしてくる各二波目に沿って避ける。しかし、沿いすぎてぶつかりそうなら、二波目の最後の方で左などへ移動しかわす。その後、波と波の間に少し前に出て、位置を調節するのも良い。連続被弾に注意。ボムは常に張り直す。当たり判定が大きくなるけど。

【地球「邪穢在身」】
左右の光る白弾がある高さからレーザーに変化し自機狙いしてくる。横避け派もいるけど、私は縦避け。
中央最下段よりスタートし、レーザーにグレイズしながら低速で上がっていく。ボスに近づきすぎるとペナルティー弾が飛んでくる。バリアを犠牲にして切り返すもよし。ペナルティーが出てもなお、上手く切り返せることがある。後退に転じる時、急ぎすぎないほうが良い。ペナルティー弾は、真正面に来るものと、真ん中が開いているものがあるので、自機狙いレーザーを避けつつかわせると良い。この場合、切り返しは、1回で済む。(他の機体なら、ホーミングがあるから左右避けの方が安全なこともありそう。)

【ヘカTの通常3 黄色くて速いクナイ弾】
1・2波は、見たまま左右に高速移動。移動キー押しっぱなしではなく、トントントン。と少し間を置く。最下段でいいけれど、場合によっては、最後斜め上に抜けることになる。3・4波目は、どこかの隙間を見定めその真ん中に入ったら、パっと見の流れとは逆に。3波目なら、まず左に向かって低速シフトを押したまま、素早く方向キーを連打する。4~6回で、どこかの列中央に入るので、あとは、見たままの流れに沿って高速トントンで避ける。4波目は、反対。まず、右へ向かってシフト押しつつ方向キー連打。流れに沿って高速。以下、繰り返し。

【月「アポロ反射鏡」】
ボスから放射状金平糖+3方向からのレーザー。
パターン性はなく、力避けらしい。最下段かその少し上辺りで、低速横移動を基本に、動きすぎないのが安定しやすい。どこかのレーザー軌道上にいることに気付いたら、少し上に避けるのもあり。いくら綺麗に避けても、正面にボスがいないと意味はない。

【純狐の通常1】
避けさせる気がない純粋に狭くて白くてめんどくさい弾幕。
ボムバリアを張った状態で純狐前に陣取っておき、弾幕とともに低速後退でグレイズ。バリアを犠牲にすることで弾幕を吹き飛ばしたらまた純狐前に張り付いて以下繰り返し、というのが手っ取り早く、グレイズも稼げる。一応、最下段から避ける努力をすれば、連続で抜けられることもある。コツは、少し上を見ておいて、事前に動かし方をイメージし、その通りに方向キーを押すこと。「まさにその時」考えて反射で避けるのは難しそう。

【「袋の鼠を追い詰める為の単純な弾幕」】
純狐より少し下、少し左に陣取り、スペカ開始の音がしたら、低速でチョン避け。半時計回りが個人的に楽。純狐の上を通ってまた正面に来た所で移動しながら打ち込む。ホーミングの無いうどんげでも、時間内に激破可能。止まるとピチュる。急ぎすぎてもいけない。落ち着いてやればできる弾幕。途中でプレイヤーの顔や腕が痒くなると大変なことになりがち。

【ヘカTの通常4 狭いピンククナイ弾】
左右小刻み低速移動で避ける。各波最後の端は、隣同士くっついていることがあるのでぶつからないよう別の列に行きたいところ。ボムの張り直しを忘れずに。

【異界「地獄のノンイデアル弾幕」】
固定らしい。最初は、右下気味の切れ目に入って左へ移動していって、最後の方は、左上に向かって切れ目を通る。次のパターンに切り替わったら、中央下気味で、弾幕の流れに沿って右へトントントントンと低速移動し、切れ目で左に高速移動。それの繰り返し。また、最初のパターンに戻る。

【ヘカTの通常5】
青くて狭い。酷い。通常2強化版。高速波の後ろでジワジワ動くクナイ弾は、波と波の間隔に空きがほとんどない。避け方はあまり変わらない。

【地球「地獄に降る雨」】
一見楽そうなのに事故率が高く焦る弾幕。自機は、中央と右(または左)への移動を繰り返す。
下から上がってくる弾と、ヘカTから飛んでくる全方位弾をかわしつつ、上から降って来るレーザーも避けなければいけない。
中央から外へ出る時には、場合により一旦上気味に抜けることもある。バリアを破るなら中央でした方がいいのに、つい脇で被弾しがち。
移動時に高速だとぶつかりやすい気がする。脇にいる時で、横移動の必要がなさそうな時に高速ワイドショットにしておけば良いかも。ホーミングないので。

【ヘカTの通常6】
黄色くて狭くて速い。通常3の狭くなった版。避け方は同じ。

【月「ルナティックインパクト」】
月が二個に増えるまでは、ヘカT正面で低速打ち込みしつつ上下でかわす。低速ショットは貫通弾のようで、月があってもヘカTにダメージ通ると思う。月二個以降は、ヘカTより下で四角を描くように移動して月を誘導したい。細かい星は、よく見ると斜めに避けられそうだったり、ちょっと待てば隙間ができそうなこともあるから、できるだけ被弾を避けたい。四角が無理な時は、斜め移動の二等辺三角形でもどうにかなりそうか。高速低速あわせて、とにかく月に当たりたくない。残機が減りやすいスペカなので、いかに「ルナティックインパクト」前にエクステンドし、かつ、それを保つかが重要。スペル開始時に残機4、終わりで残機2だったらクリアできるかも。

【純狐の通常2】
赤い。狭い。速い。列が多い。避けさせる気がない。しかも、いくらグレイズしても残機の欠片がもらえない、らしい。
「ここでエクステンドできてたら楽なのに」という局面が何度もあった。
純狐の通常1と同じ避け方で良い。

【「人を殺める為の純粋な弾幕」】
当たり判定が非常に大きく正面で避けるのは無理。純狐の前について、全方位中玉とともに下がり、純狐がいない方の隅に移動、低速で止まりきっちりかわす。ボムと残機に余裕があるなら、避けることを放棄してボムバリアごり押し中央突破もありか。ホーミングがないので耐久になりがち。

【「トリニタリアンラプソディ」】
耐久。青三角が二個の内は、避けたついでに高速でちょっと逃げると良さそう。三個になってからは避けるの苦手だけど、上手い人の動画を見ると、避けた後、中央あたりで低速時計回り(または反時計回り)していた。
緑三角からは、逃げるように画面全体を時計回りしつつ避ける。赤三角は、追う様に画面全体を時計回り。最後の早くなるところでは、少し中央へ逃げると幾分ボムバリアの消費が抑えられそう。(赤三角は、常に中央避け派もいるが、謎の、純狐表示→突破時激突事故があるらしい。)

【「最初で最後の無名の弾幕」】
ヘカTと純狐の友情パワータッグ弾幕。ラストスペル。どちらか一人を倒せばクリア。
右の純狐下で避けた。ヘカTのクナイ弾と、純狐の白小玉は同時ではなく、バラで避けたい。
純狐の弾幕は、「ここだ」という位置(小玉の隙間)についたら、まっすぐ前へ出るように避け、別途、低速で少し下がったり左右に調節しながらヘカTの弾幕を避けるようにすると良さそう。
三段階で、輪の射出される間隔が狭くなる。

クリア時は、残り人数1、スペルカード1と3/5、バリア1でした。
以下、スペカ取得履歴です。(二枚の画像を貼り合せているので、背景パターンがずれています。)
東方紺珠伝EX戦歴
最初は、中ボスにすらたどり着けませんでした。今度はやっと中ボスを抜けるものの、ポイフル地獄や交差ポイフルで詰むようになりました。ボスにたどり着けさえすれば、上出来、という時期を経て、じわじわとゆっくり新しいスペカに挑戦できるようになり、ついにクリアいたしました。
このゲームは、確率や運の影響が小さく、練習によってプレイヤースキルを上げれば、いつか必ず先へ進める所が気に入りました。
【再度、関連記事紹介】
EX以外の本編感想はこちらです。


クリアボーナス

  1. 2016/01/15(金) 04:06:07|
  2. ゲーム

FC2Ad