野良箱

同人漫画サークル

【ゲーム感想】「Papers,Please(ペーパーズ・プリーズ)」

GLORY TO ARSTOTZKA

【あらすじ】
舞台は、1982年、架空の共産国Arstozka(アルストツカ)。
主人公は、勤労抽選で入国管理官となり、連日列を成す入国希望者の書類をチェックすることになる。
入国可の緑、不可の赤。二種類のスタンプを押し続け、自身の家族を含めた人々の運命を、そして国の行く末すらも左右してゆく。

【途中までネタバレなし感想】
steamで購入し、日本語版でプレイしました。
http://store.steampowered.com/app/239030/

アルストツカは、旧ソ連と、東西ドイツ時代のベルリンに近いイメージでしょうか。

提出された書類が、規定の項目を満たしているかという間違い探しです。
チェックの済んだ書類から脇にどけていく、できるだけ綺麗にスタンプを押そうと試みる、嫌な入国希望者へは、パスポートを投げつけるように返す、など、シナリオには全く関係のない箇所で、性格の出るゲームです。

小さな職場で、世界を転がしているようなスリルが楽しい作品でした。
事務作業が、人の生き死にや外交に関わってきます。
前日の判断が、翌日、新聞記事の内容を変えてしまうのです。
窓口を訪れるのは、旅行者だけではありません。スパイ、密売人、亡命者、マスコミ、警備員、指名手配犯、情報省職員などさまざまです。
それがアクセントになっていて、単純な作業を面白くしてくれます。

プレイヤーにとっての世界は、あくまでも、入国管理室という狭い部屋、狭いテーブルの上だけです。
にもかかわらず、その外に広がる架空の国際情勢が伝わってくるので、「またコレチア人か!」という、作中キャラクターの偏見や不満までをも、自ら抱くに至りました。
コレチアとアルストツカは、最近まで戦争していたのですが、その情報のみで不信感を持ったのではありません。日々の積み重ねによるものなのです。

どの操作でも、目の前にある紙の書類を扱っているように感じました。効果音の種類とタイミングがしっくりきます。
机の上、というスペース内なら配置が自由である、というのが魅力を生んでいるのでしょう。
ルールブックの他、パスポートや許可証、その他書類で机が埋まってしまいます。どのように重ね配置すれば、ミスが少なく見やすいか、工夫せざるを得ません。

他のプレイヤーは、現実にカンニングペーパーを作り、極力、画面内のルールブックを使わずに審査していたようです。
私は、「名前」「パスポートナンバー」「発行都市」を機械頼りでチェックしていたため、常にルールブックと照合していました。
一文字だけ微妙に違うのを見落としたら悔しいからです。

賄賂、偽造、密売、不正入国。こんなのは良くないことと決まっているのに、プレイをしてみれば、事情に応じて仕方ないものにも感じられました。
エンディングは細かい分岐を含めて20あり、11個までは見ました。
同じストーリーでも、厳格、温情などプレイ方針で印象が異なりますし、エンディングも変わります。
「書類に不備があるなら拒否をする」のは、仕事として当然です。しかし、「追い返せば家族が二国に引き裂かれてしまう」などの事情が絡みます。
プレイヤーとして、さまざまな選択を迫られました。

どんな楽しみ方をしようと、入国管理の仕事が杜撰でミスが多ければ、クリアには至れずゲームオーバーになってしまいます。
基本は、素早く正確な仕事であり、収入である、というつらい現実が痛感されます。

全く自分とは異なる時代、境遇の主人公なのに、不思議と感情移入できます。
突然、「あなたには妻子がいます」と表示されるだけではここまでの没入感はないでしょう。
また、過剰なシナリオやムービーがあっても同様に、「主人公というキャラクターの家族」、という風に一歩引いて見たはずです。

アルストツカは、共産主義国なのに、給料は歩合制です。さらに、暖房費と食費、家賃も自腹で、日々の稼ぎから捻出しなくてはなりません。
寒さや飢えで病気になる家族。薬代も足りない。そんな中でも、誕生日プレゼントは買ってあげたい。
最低限のシステムメッセージとイベントを通して、家族を大事にするよう、皆で生き残りたいと願うよう、さりげなく誘導されていたのだと思います。
家族を持っていることによる責任と負荷、その労に対するささやかだけど大きな報酬。ますます仕事に身が入り、父としての誇りを保とうとする気持ちがわいてきました。

美麗なグラフィックも豪華な声優陣もありませんが、だからこそ楽しめるタイプのゲームでした。
世界観とシステム、絵柄、ストーリーがかみ合っていれば、ここまで面白くなるのですね。

ゲーム実況は、公式で許可されているとのことで、見やすいプレイ動画を紹介させていただきます。
[Papers,Please] 入国審査しましょう1,2日目 [結月ゆかり実況] (8:21)
編集が丁寧で、ゲームの面白さが良く伝わりますし、ゆかりさんがかわいいです。
日本語版が出る前なので、英語版を字幕翻訳しながらプレイされてます。シリーズで26本動画があります。

【以下、ネタバレあり感想】

息子に高級なクレヨンを買ってあげたら、父親である主人公の絵を描いてくれて、「よし、パパがんばっちゃうぞ!」と壁に飾ったら、上司にゴミ扱いされてとても頭に来ました。
よくできた引っ掛けシナリオです。
上司への憎悪や怒りと、息子を想う気持ちが同時に湧いてきます。
人間の心とはかくも簡単に動いてしまうのか、と、そのチョロさに我ながら驚きますが、ツボをついてくる良イベントでした。

手書きパスポートを持ってきたジョージ(Jorji、ジョルジ) 。「実は、主人公の仕事ぶりをチェックするための政府高官内偵説」もありましたが、たぶん本当にオブリスタンの麻薬密売人なんでしょうね。最後の「大きな仕事」は、反政府レジスタンス「EZIC」による国境の壁破壊でしょうか。普段から「EZIC」と関わっているのではなく、最終日のあたりだけ雇われていたのかもしれません。壁が壊れることで何か得をする別の仕事をした可能性もあります。あるいは、壁の破壊をやりやすくする補助の工作を。
国外脱出ルートでは、ジョージの存在は欠かせないものです。主人公家族全員分のパスポートを偽造するため、ジョージの教えてくれた怪しい業者に発注しました。
ジョージは自分のパスポートすら渡してくれました。偽造には、本物のオブリスタンパスポートが必要だったのです。
没収の手続きは、すでに、アルストツカ国民のアルタン地区民で覚えていたので、すんなりできました。
クリアに必要なチュートリアルが作中に組み込まれており、作りがしっかりしています。
偽造パスポート作成には金がかかります。毎日の終わりに出てくる収支画面で、偽造や脱出まで選べるのが良かったです。

オブリスタンの国境審査がザルで助かりました。(審査官は、偽造に気付いたけど通してくれたのかもしれない。また、ジョージが口利きしてくれた可能性も。)晴れて、アルストツカを捨て、家族全員で新しい人生を始められるのです。
審査を待っている間、緊張しました。普段、プレイヤーの行っている仕事を、入国希望者の視点で見るとこんな感じなのですね。
この逆転は、面白いエンディングでした。今まで書類に不備があって追い返した人々には、恨まれているんでしょうね。
偽造者は、ただズルいから、悪いから、そうするのではなく、主人公のように、もう自国にはいられない理由があって、命がけで不正をしていることもあるのでしょう。

ゲーム本編でも、「アンテグリアの圧政から逃げてきた、帰ったら殺される」という人がいました。
職務に忠実なら通しませんが、助けたいなら自分が罰金食らってでも通すことができます。
この時、後者だとメダルを貰えたと思います。

オブリスタンパスポートの没収鬼と化した主人公。自分と家族の命が最優先になってしまいます。罪もないオブリスタン国民にはご迷惑おかけしました。
この頃には、パスポートの表紙だけで国が分かるようになっていました。

なぜ賄賂を受け取るか。この国の給料じゃやっていけないからです。そう言い訳をしながら悪事を重ねました。

「EZIC」に加担する政府転覆エンドでは、しっかり彼ら側につかず半端にしていると情報省「M.O.I」にバレて処刑されてしまうなどします。
「EZIC」も「M.O.I」も味方にすれば心強いけど、敵に回すと恐ろしい存在でした。
「M.O.I」の捜査官には、「M.Vonel」という個人名があるのですが、「モイさん」と呼んでいました。他の旅行者と同じく、大まかな身長と体重が出るので、チェックしてました。モイさんは、比較的小柄で軽い男性でした。見た目と口調が好きなのですが、突然画面に現れるのでビックリします。

「EZIC」加担ルートを進めていくと、毒殺にすら手を染めるようになります。
初日には考えられない凶行を淡々と行う主人公が怖いです。
「EZIC」ルートでは、暗号解読など、記憶力と注意力を必要としますから、政府転覆を志してたとしても、ボーっとして、通さねばならない彼らの入国を阻止してしまうことがあります。

最後に壁が破壊される「EZIC」ルートはドラマチックで派手なのが良いですね。
オブリスタンに逃亡しない場合の、非「EZIC」ルートでは、壁の破壊に来た人を狙撃しないと、入国管理室も一緒に爆破されるか、銃で撃たれるかして主人公が死んだと思います。
後ろ暗いことはしていないものの、翌朝に「M.O.I」の審査を控えた夜は不安でした。

事務作業としては、ワクチン証明書と身体特徴票が必要なあたりで、かつ、労働者が来ると、机の上がパニックになりました。
性別の分かりにくい人をスキャンした際に、顔と体で雑なコラージュになっていると、酷い絵づらでギャグでした。
また、顔が違う、と指紋を取ったら本当に同一人物だった時も、「月日って残酷ね」ではすまない、無茶苦茶さが良かったです。
プログラムとしては、ランダムなグラフィック選択になっていて、「二つの顔は違うため、ここで指紋をとらなければペナルティ。なお、指紋の結果は同一人物である。」と決まっているだけなのでしょうが。
証印(シール)は、時々しか、偽造が来ないため油断していました。違和感に気付いても、指摘のためにルールブックをめくるのが面倒です。
ミスをした時のFAX(?)カタカタ音はトラウマ。
演出上は、一人を審査するたび、すぐに通知がくるようですが、実際には、もう少し時間がかかっているのでしょうね。
一日を数分に凝縮していますから。そうでなかったら、審査官は要りません。
スキャンの性能、機械による照合スピードなど、アルストツカは科学技術が進んでいるようです。
分かりやすく不備のある書類はありがたいです。すぐに指摘できますから。問題は、どこにも問題のない書類、あるいは、そのように見える書類です。
じっくり時間をかけて見て、どこも間違っていないようだ、と旅行者を通し、数歩目でカタカタ音。というのが一番落胆します。

息子に会うというお母さんは、書類に不備があります。「そう言って、本当は嘘で、テロリストなのではないか?」と疑ったりしました。
優しくした結果、国内で問題を起こされたら自分の責任です。信じられるのは書類だけ。と言いたい所ですが、テロリストは、書類を正確に作り、国境では引っかからないように気をつけていることが多いようでした。
 
ピンクなチラシやスポーツジムの紹介、エンジニア募集の名刺、愛の手紙、助けを求めるメモ、黒い暗号カード、など入国に必要のない書類は、人間模様が見えてくるので気に入っています。

「コレチア人だけスキャン」という決まりがある日でも「無作為に選ばれました」と嘘をつくのが面白かったです。しれっと欺瞞。
結局、それがコレチア人に知れて、差別的だの怒られてしまいます。
そんな時、「でも、やっぱり武器など隠し持ってたじゃないか、テロをしたじゃないか。だからスキャンされるんだよ。」と不信感が募りました。
たったこれだけで、排他的感情、警戒心が生まれてしまうのですから、ゲームの持つ機能性の高さと人間心理の単純さを思い知らされます。

マスコミが、必要書類を用意せず通ろうとし、追い返したら、拒否の時にわざわざ理由を示す青スタンプが必要になってしまいました。なお、マスコミは、国境を通しても、新聞に悪く書かれます。どちらにせよ主人公が嫌な目を見るというのは、本当に有り得そうで、風刺が効いています。

緑色の警備員セルジュ(Sergiu)は、彼女と再会し、着々と死亡フラグを立てて行きます。主人公がテロリストを狙撃できなければ、彼は死んでしまいます。
銃の鍵は、どこに置くか気をつけないと、いざという時、書類の下敷きです。
もう、入国審査という枠を超えたお仕事になってます。爆弾処理もやりましたし。
そんな、リアルとフィクションから面白い所だけ取り出したようなゲームでした。

GLORY TO ARSTOTZKA
  1. 2015/12/28(月) 10:25:29|
  2. ゲーム

FC2Ad