野良箱

同人漫画サークル

同人STGサークル上海アリス幻樂団「東方紺珠伝」

EXステージは、別記事になっています。

紺珠伝自機

シューティングゲーム東方紺珠伝(かんじゅでん)を、委託通販で購入。8種類のエンディングを見ました。
東方シリーズをプレイするのは、「弾幕アマノジャク」に続いて2作目、整数ナンバリングでは初です。
初心者でキーボード操作でも、イージー完全無欠モード・レガシーモード、ノーマル完全無欠モード(現在早苗・うどんげのみ)は、クリアでき、ストーリーは全部追えるようになってました。

【あらすじ】
地上浄化のため月の兎襲来。このままでは生物が住めないレベルでクリーンにされてしまう。
永琳は、動きだした「彼ら」 ― 人ではかなわず、妖怪には干渉すらできない、そして月の民が手を出しては相手の思うつぼ― に対抗するため、未来を見る「紺珠の薬」を作り、自機メンバーに持たせる。

【システム】
完全無欠モード…今回のメイン。紺珠の薬を飲むことで、未来を見、失敗はノーカウント、できた所だけを一発で成功したことにする。つまり、ミスを「なかったことにして」、できるまでやり直しができる。永琳の作戦上、また、敵の性質上、ただ一回のミスも許されないからだ。自機ごとにエンディングあり。イージーでも見られるし、クリア後は、EXも出現する。チャプター制でオートセーブ。

レガシーモード…通常の残機制。薬を飲まないで出撃。一度でもミスをすれば完全無欠モードとは分岐し、違うエンディングが4種類。6ボスとの会話も変化。ノーコンティニューでEX出現。

【自機性能】
パッツン原作寄り霊夢
霊夢。高速移動でホーミングショット(敵追尾弾)あり。当たり判定が小さめ。

原作寄り魔理沙
魔理沙。火力がある。速い。ホーミングなし。ボムは角度調節可能。

原作寄り早苗
早苗。低速(集中)で横殴りホーミングショット。全画面ボム時グレイズ可。

原作寄りうどんげ 鈴仙
うどんげ。貫通弾。当たり判定は大きくなるものの3回まで被弾可になるボム。

【途中までネタバレなし感想】
ストーリーは、規模が大きく、単純に敵勢力、味方勢力と割り切れない所が、現実の争いに見られる構図のようで面白かったです。
要素としては、キュリオシティ、探査機、アポロ月面着陸捏造説など宇宙科学方面のモチーフになっており、さらに日本国内にとどまらない神話が掛け合わせてありました。惑星や星座、探査機、宇宙計画の名前はもともと神話由来が多いので相性が良いです。
メカや宇宙、現実的な考察は、早苗が担当していました。早苗さんは、調子に乗るところと暴言を吐く姿が素敵でした。
シナリオの把握、整理、解説にあたるのが魔理沙パートだったかもしれません。
月陣営に関しては、うどんげルートが詳しいです。元月の、現、地上の兎になったんですね。

完全無欠モードでは、ボムを早めに使いすぎると、5面・6面あたりで詰みます。
この場合、キャラクター達は、いつまでも悪夢のようなピチュり地獄を抜け出せないままなんでしょうか。突破ビジョンが出るまで閉じ込められるというモチーフは、3面やEXに近いものがあります。

紺珠の薬に副作用があるとして、もっとも影響を受けるのは、作中キャラではなく、プレイヤー自身である説を何度も見かけました。
完全無欠モードでは、失敗しても、直前からやり直せるため、ボムを持ったままできわどい避け方をすることに抵抗がなくなります。
しかしその後、残機制のレガシーモードをやると、ボムを持ったまま被弾する抱え落ちをしまくってしまうのです。
 
現実には、アポロが着陸したということは確定したようですが、だからこそ捏造説の方が、都市伝説として幻想郷入りしたんでしょうか。

5面道中から先の難易度が大変なことになってました。
雑魚敵とは一体なんだったのか…。バリエーションに富んだ攻撃。しかもやたら固い。

音楽はどれも音源自体がよく、道中もボス戦も名曲つづきでした。6面道中と6ボス曲が特にお気に入りです。

ノーマルは早苗からはじめましたが、5ボスで苦戦しているうちに誤って1面スタートに戻す操作をしてしまい、その間に、イージーの魔理沙でクリアしてしまいました。
レガシーモードは苦手なので、全員イージーです。それでも、5・6ボスあたりにコンティニューが尽きて最初からになってしまったことが数回。
完全無欠ノーマルをうどんげと早苗でクリアした以外は、全てイージーです。
ハードにも挑戦していますが、2面ボスにパワー1.00で立ち向かい続けて止まっています。

ひとつのスペカで千回以上、完全無欠を通しては数千回ミスりましたが、それでも必ずクリアできるようになっていました。
難しい弾幕を切り抜けた時の達成感は、自分でやらないと味わえないものですね。
とは言いつつ、やたらうまいトップシューターを別次元の存在として見るのは大変楽しいですし、「これなら私も」とできる気になって撃沈するまでが様式美だと受け入れております。

【以下、ネタバレあり感想】






不倶戴天の敵。嫦娥よ、見ているか?

junnko440.jpg


1面ボス。月の兎。地上浄化部隊、清蘭(せいらん)。
下っ端で、上から詳しいことは聞いていないようです。杵に赤い液体がついており、生き物を物理で殴ったようにも見えますが、多分、2面ボスの鈴瑚(りんご)がつかう弾幕的に、苺かその他ベリー類のダンゴでも作ってたんでしょう餅ついてそういうことにしましょう。銃弾モチーフのスペカ。鷹狩りなど。

2面ボス。鈴瑚。ダンゴMGMG(もぐもぐ)くいしんぼうキャラクターでとぼけてそうなわりに、月の兎部隊としては清蘭より上の役職にあたりそうです。結構切れ者。霊夢EDによると、実はたいして穢れを気にしないようです。弾幕としては、通常が難しめです。ダンゴモチーフのスペカ。グレイズの稼げるものが多いです。

3面ボス。ドレミー・スイート。ラストスペカは固定だそうですが、難しくてボムってしまいます。くるくる回る黄色い弾幕「刈安色の迷夢」は面白いです。が、時々ミスります。手に持っている紫色のプニプニは、夢魂(むこん)というものらしいです。発光してる時、あの中では、何が起こってるんでしょうか。夢の管理者って治めている領域が広そうです。ここを通して本物の月の都へ送ってくれました。

4面。道中のレーザーがやっかいですが、自機依存のようです。奇数波・偶数波が混合しているため、チョン避けでかわせる模様。
4面ボス。稀神(きしん)サグメ。クール系でわけあって無口な片翼の女性です。正邪と同じアマノジャクで、能力や元ネタとしては上位互換のようです。セイサグ二次創作に期待。早苗のホーミングが手下に吸い込まれるため、その点では難敵となります。一方、うどんげの貫通ショットとは相性が良いので、「キャラクターの関係性から逆算して弾幕作ってるのかな?」と思わされました。「神々の弾冠」は、正面弾源安置です。初日に偶然発見しました。サグメは、永琳を知っており、また、うどんげには様づけで呼ばれていました。地上浄化作戦を指揮したのと、月の民を、夢の中に作った偽の月の都に避難させた張本人がサグメのようです。 格ゲーの方は未プレイですが、魔理沙が調べているオカルトボールに「月の都」をまぎれこませたのも彼女らしいです。都市伝説を具現化する異変が幻想郷で起こっているのを利用しようとしたのでしょうか。

5面。道中の妖精が、6ボスに純化された上、5ボスに狂化されてて超強い。速い。狂ってる。スペカみたいなことをしてきます。あと、弾幕というより、壁。3Dの道。ここではボムを温存したいところでしたが、放射ビームで動きを封じられつつ小さい星が変な速度で振ってくる箇所に使ってしまいました。しかし、アイテムで見えにくいボス前ラスト地点は自力で粘りました。早苗は星に埋まりました。
5面ボス。クラウンピース。プレイヤーにトラウマを植えつける程度の能力。けしからんタイツ。くねくねしてる。すごくアメリカン。まんま「星条旗のピエロ」。最初の通常でかなり心が折れました。つづいて、月が回る耐久スペカ「ヘルエクリプス」。振ってくる星を避けるのが難しく、残り0.4秒などでミスり結局ボム。体感時間がとても長いです。横からビームでアメリカ国旗みたいな「フラッシュアンドストライプ」は、パターンが分かれど小さい星を上りきれず。6列になったあたりでボム。初見殺しの連続であり、初見じゃなくても殺されるのでした。安定の00/99+。「グレイズインフェルノ」は、掠ると全方位弾のスピードが弱まってほぼ停止し、段差とすきまが出来るという面白い仕組みでした。ノーマル時は自力でできそうでしたが、結局ボムりました。敵ゲージがもうないほどなのに終わらないのです。魔理沙で火力フルだったら倒せたと思うんですが、パワーの少なくなっていた早苗ではだめでした。最後にまた耐久。なんで耐久2枚持ち。ボロ絵での会話は、賢いようでちょっとアホの子という絶妙なかわいさでした。眠いし帰りたいらしいです。寝たらだめだ、(早苗が)死ぬぞ!
月で呼吸ができ音が聞こえるというのは、フィクションじゃあまりつっこんじゃだめな件ですが、早苗はある推理にたどり着きます。生命の象徴である妖精が空気を生んでいると。な、なんだってー。ΩΩ Ω

6面道中。雨ゾーンが鬼畜。無人耐久状態でした。槍のように降ってくる流星群を避けるだけでも精一杯なのに、自機狙い星が高速で飛来します。これは6ボスが撃ってるんでしょうか。音楽がもっとも好きな箇所なのに、つらさがMAX。ガリガリガリガリ(望まなくてもおのずとグレイズ)
6面ボス。純狐(じゅんこ)。実に純粋な弾幕を撃ってきます。白くて丸いシンプルな。キャラクターの性格が現れています。かと思えば、うにょりレーザーやカラフルな弾幕もあります。これでも手を抜いている方なんでしょうか。にっくき嫦娥をしとめられなかったやつあたりをされる自機。「殺意の百合」。ワアキレイダナァ(死)。これは、パターンなので、安全に避けられるようになりましたが、通常と「震え凍える星」がだめです。精密避けつらいです。この辺が得意な、地の力があるシューターなら少ない回数でいけるみたいですけど。うどんげの時は、震えずフリーズする兎と化しました。判定がシビアですが、動かなくても星の間を通れたのです。でも早苗ではだめでした。宇宙反復横飛びを繰り返すものの、食らってしまいます。「溢れ出る瑕穢」は、自機から穢れがでてるんでしょうか。純狐と対峙した時点で、一度でもミスをしているとバッドエンド確定なようです。純化の力で穢れ、怪我、死、その部分を100%にされてしまうということでしょうか。純化の意味は純化されすぎて言葉で表すのが難しそうです。レガシーモードの魔理沙は「ミスなどしていないぜ!」と大嘘ついていたので笑いました。
「もはや同じ天の下にすらいないのにそれでも生かしておけないほどの強い憎しみ」という意味で「倶に天を戴かずとも」というステージタイトルなんですね。

EX 中ボス。ドレミー・スイート。ステージが夢の中なので、管理人のドレミーさんが出てきます。「ドリームエクスプレス」、パターンは分かってるんですが中玉にひっかけてしまいミスります。また、うどんげでバリアを張っていても連続被弾の挙句特急に轢かれます。チョン避けで特急の隙間を移動することも可能なのですが腕が悪くてパターン化できません。
その後、道中で密度がMAXになるあたりとゆらゆらする交差弾で大抵だめです。安置はあるそうですが入れず。

EXボス。ヘカーティア・ラピスラズリと純狐。1対1といいつつ2対1でした。とは言え、未熟なプレイヤーゆえ、ヘカTの通常数波までしか行ってません。早苗さんが、「変なTシャツヤロー!」と今作1・2を争う名台詞を披露してくれました。かなり偉い方のギリシャ神話(?)由来の女神に対してこの失礼さ、好きです。ヘカTは、地球・月・異界(地獄)3つの世界に3つの体を持っており、スペカごとに髪の色など変わります。首輪に惑星つけるという斬新なファッション。肩出しぎみのTシャツには「WELCOME TO HELL」の文字。廃センスです。純狐の友達をやっており、意思決定も純狐にまずお伺いを立てるなど、共通の敵・嫦娥を持っているということだけでなく、優しい面があるようです。でも、Tシャツをバカにされたくらいで激怒します。(「変な」は、「Tシャツ」にかかっているのか、「Tシャツ野郎」と全体にかかっているのかは謎ですが、どちらにしろ無礼です。)

全体。紺珠伝というタイトルは、ラピスラズリと、じゅんか、じゅんこ、あたりに関係ありそうです。「紺珠」自体は、唐の伝承にある、なでると記憶が蘇るとされているものが薬の効果としても元ネタなんでしょう。
ストーリーをまとめると、純狐が息子を夫に殺され、その夫は嫦娥の夫でもあり、夫には復讐を果たし亡き者にしたが、憎しみは消えず、嫦娥を目の敵にし続けた。やがて、嫦娥を擁する月の民をも憎むようになった。何度も攻撃をしては月の賢者達が追い返してきたが、今回は、永琳の不在時に、月の民では手出しできない方法で侵略された。純狐は、利害の一致するヘカーティアと組んで、ヘカーティアの部下、地獄の妖精クラウンピースを純化、穢れの最たるものである生命爆弾と化した強化妖精で月を覆った。サグメは、月の民を夢の中へ避難させるが、長い狂夢は精神を蝕むため、地上への遷都を計画。純狐と地獄からの侵略より逃れた月の民が幻想郷を侵略するという形になる。その事態を反転させたのは、紺珠の薬を飲んだ穢れのない人間(月の兎)だった。これなら純狐に対抗できるかもしれない。月の都を救えば、それは、幻想郷を守ることにもなるのだ。しかし、純狐は、あらかじめ夢の世界に刺客を送っていた。それがヘカーティアである。ヘカTは、話せば分かってくれる人であり、また純狐も、別に幻想郷や人間自体がにくいわけではなく、月の民と嫦娥絶対殺すウーマンなだけなので、今回の異変はなんとかなった。当分の間は。一方、守谷神社。サグメというのは、天探女ではないか?それならば、天津神だともそうでないとも言われる存在の可能性が…?それは新情報だ…。といった所でしょうか。
永琳は、何枚も上手の存在なのですね。魔理沙や霊夢も、永琳につかわれたと言うような意識だったようです。うどんげは、お師匠さまの頼みを聞いたという感じですが。鉄砲玉VS鉄砲玉の代理戦争。なお、早苗は、「救世主(ヒーロー)早苗の活躍で、月と幻想郷の平和は守られたのだった。完。」と認識していそうでした。

プレイヤーとしては、やり遂げて楽しかったです。EXは未クリアですが。

【追記】EXクリアしました。別記事にて詳細書いてございます。

紺珠の薬の副作用は、あまりに遣い続けると、地上に住めないくらい穢れがなくなってしまうことのようです。そうなると、地上を浄化するか、月に住むしかなくなるのでしょうか。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

  1. 2015/10/17(土) 03:25:39|
  2. ゲーム

FC2Ad