野良箱

同人漫画サークル

【PS3】アイドルマスター ワンフォーオール【OFA】クリア感想

アイマスOFA 二次創作イラスト 集合絵

プラチナトロフィー獲得記念に765プロの所属アイドル13人を描きました。

アイドルマスター ワンフォーオールアイドルマスター ワンフォーオール
(2014/05/15)
PlayStation 3

商品詳細を見る


【ネタバレなし感想】
アイドル事務所765プロに所属するプロデューサーことプレイヤーが、アイドル候補生達をトップアイドルに導いていくゲームです。

プロデューサー名は「てるP」、ユニット名は「秋月弥生」にしました。

最初は秋月律子をチョイス。「SP」時はじめてプロデュースしたのも律子でした。
ちなみに、「DS」では、律子のいとこ、秋月涼ちんとしてゲームをスタートさせました。

各キャラクターでランクアップフェスに勝利し、Aランクで「アイドルエクストリーム」に優勝、トップアイドルになれば個人分のシナリオは終了です。

これを13人分やりました。

まず、律子を他より1ランク(3分の1ランク)でも先行させ、美希、やよい、真、伊織を交代要員として成長させました。
1人がA1、そしてトップアイドルになれば、他のアイドルを引き上げる事は簡単でしたが、先陣を切る律子はどうしても厳しい戦いが多かったです。

律子ルートだけでも終わらせよう、という発想で彼女を育てようとしましたが、3人一組で挑むランクアップフェスを単独育成で突破するのは非常に難しそうでした。
他の子達も強くしないと、上がれないのです。
サポートとしてステージに出た低ランクの子達も、経験やギャラ、そしてファンが獲得できます。
それにより、今度は彼女達自身もステップアップできるのです。
まさにワンフォーオールせざるを得ない作りとなっておりました。

フェス・ライブ・オーディションでは、音楽に合わせひたすら三つの光る輪っかを叩き続けました。全てパーフェクトタイミングでチェインできれば、ボーナス点が2000~2200ほど加算されます。
フルコンボして大幅に上乗せされたのに、6点差での辛勝だったことがあります。良いゲームバランスでした。

コミュが「ふれあい」という項目になっており、これは、「週」を消費しないため、仕事とコミュどちらを優先するか悩む必要がなくて助かりました。
どの子もどの組み合わせもかわいすぎて2828282828。
ランクアップするごとに加速するPの鈍感さ。
ハーレム主人公必須のスキル「え、今なんて言った?」を連発していた気がします。
ヒロイン達の反応も定番です。
恥ずかしがったり、照れ隠しで怒ってみせたり、なんでもありません・・・、と引っ込めてしまう。
せっかくなので一人くらい「聞こえているくせにごまかしましたね。もう一回ハッキリ言いましょうか!?あのですね!!!」って全力で押してきてもよかったのに。ですが、乙女心と、それを受けとって萌える人的にはやっぱり言いよどんでなかったことにするのがベストなんでしょう。

さらに言えば、今作、ギャルゲ恋愛シミュ要素を強くできない作りなんですね。同軸同時攻略というやつだと思います。
他のゲームみたいに、誰誰ルートに入ったら、他は疎遠に、とか、誰誰エンドでトゥルー→最初から記憶を消してやりなおし、などがないんです。
13人全員トップアイドルになろうと、これPに惚れてるよね…という展開であろうと、その後も事務所の仕事はプレイヤーが望む限り続いていくのです。
だから、Pは、穏やかで天然ジゴロかつ朴念仁であることを余儀なくされるポジションなのです。
幸福な生き地獄。

個人的には、事務所の女の子同士が仲良くしている会話を見ているだけで十分に幸せでした。
各キャラクターの人となりが見える友達関係。しかも、ギスギスしていなくて、別に奇跡的なほど特別じゃないやり取り。
程よいギャップ。
こういう人達現実にいてもいいのに、なぜいない!!!!!という程度の至って普通なすさまじくかわいい和み空間を見せていただきました。

Cランクを越えると、Pとアイドルの二人会話ではなく、アイドル同士のイベントが発生するんですよ。
意外なキャラ同士に接点があったり、以前からお馴染みだったコンビやトリオも、非常にありがたいやりとりをしていました。
喋っているキャラクター以外も表情やしぐさが変化するため、置物じゃなくしっかり生きていました。

メインシナリオでは、ランクがE、Dと成長をしていって、CからBにかけて各人の悩みや将来についての不透明なヴィジョンが見えてきます。
別に鬱展開じゃないんですが、それでも心配になってしまいますね。

響ルートに関しては、Aに上がった時点で「いい最終回だった!!」と思ってしまいましたよ。トップになったらさらに「これぞエンディングだ」と感じました。

真ルートでPの遣った手段は、他の子、特に勘の鋭い貴音には通用しないでしょうね。

千早ルートでは、パラメータの全体量と極振りの関係性について目からうろこが落ちました。

アイドル達が悩んでいる時など、「こう言ってあげたい!」というのが頭に浮かぶわけですが、その数秒後には、ゲーム中のPがそのまま発言していたりして、ストレスが少なくて済みました。

フェスの対戦相手として、ジュピターや876プロのメンバーも出てきますが、北斗の「アイドル王子カウンター」ってなんなんですか。人の思い出を減らす能力って謎すぎます。
一方、思い出を回復、増やすことができるキャラクターがいます。それは、あずささんです。

VS冬馬は、1回目を捨てて温存、2回目以降から本気出し3回目で勝ちました。
理由は、プレイした方なら分かると思います。冬馬の辞書には、ペース配分の文字はないんでしょうね。
彼のバーストは、それ自体が強烈なんですけども、効果音が曲者です。引っ張られてパフェチェイン逃しました。

テンポがゆっくりの曲と油断していたら、実質二倍の速度だった時は焦りました。

ステージ仕事前のカウントダウンですが、BPMとは無関係ですよね多分。
前奏が静かな曲は、リズムを取りにくいので、輪の光り方を見て合わせるしかなかったです。

やよいを編成に入れておくと、バースト以降全体の値(レート?)が上がるので、名補佐ですね。

レッスンの難易度は下がったと思います。これまでのが難しすぎたので私には合っています。
必須ではないのですが、ブーストでステージ仕事を有利に進められるので、Aランク以降は、常に3種類のレッスン効果を切らさないようにしてました。

本編中は、衣装のシリーズやテーマをそろえている場合じゃありませんでした。
どんなにちぐはぐでも、パラメータ重視。勝つ為の服を着せてました。

S4Uモードでは、その辺見た目やイメージでまとめて遊ぶことができました。
1人ずつ衣装変えられますしね。

以前プレイした携帯機版2作には、運ゲー要素がありました。
単なる朝の声かけやオーディション前の一言でも、約33%の確率でアイドルのテンションがガッツリ下がってしまい、特に千早ではそれが顕著なダメージとなっていたのです。
今回は、そのようなことがありません。必ず正解が用意されており、プレイヤーも学習によってそれを選べるようになるのです。
ままならなくない仕様で好きです。
具体的には、アイドルの為に自動販売機で飲み物を買う、通勤時に話しかけてきた子を声だけで(姿を見ず)誰か当てる、無言のモノマネを見分ける、というミニゲームです。
声に関しては、デフォルト知識があるので余裕でした。
本作から入ってもいずれ特徴を覚えられるでしょう。

年2回のオールスターは、ランクや能力の高い子を分散させつつ、まだ低い子と混ぜてバランス取ってました。
一番最初は、千早をあずさ、貴音、律子、美希の艦隊で囲むなど胸囲で選別してしましたけど。

美希とやよいのプロデュース順次第では、エンディングのPセリフに一つだけ矛盾が出ます。
白文字反転→ 「先生なんて呼ばれるのははじめてだ」 ←
誤字もありますが、それでも、これだけある膨大なフラグ管理、13人を受け持って破たんしないシステムはすごいです。
雪歩シナリオには、彼女なりの変化があるのですが、許容範囲が限定的であるため、別ルートで話題が出ても問題がないようになっていました。Eランクの雪歩でも、Aランクの雪歩でも成り立つのです。

一旦バッドコミュ出した「ふれあい」に再チャレンジしたところ、πタッチで正解だったものがあり、予想だにしていなかったので驚きました。
他にもπタッチを真面目なパフェ狙いで繰り出していましたが、女の子達から白い目で見られました。

プラチナトロフィーとは、全てのトロフィー(Xbox630でいう実績解除)を獲得した証です。
おそらく意識をしなくても、作中の年月にして4年とちょっと訂正・6年弱を、シーズン目標「達成」「超達成」いずれかのみで迎えれば取れます。13人全員シナリオクリアと玲音攻略、ハイスコア76500点越えは必須ですが。

ちなみに、2回くらい「達成」で、残りは全て「超達成」でした。

n年目の春でも、やよいは中学生ですよ。

王道、熱血、かわいい、萌える、そんなゲームでした。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2014/08/26(火) 04:20:56|
  2. ゲーム

FC2Ad