野良箱

同人漫画サークル

PSP版「STEINS;GATE」(シュタインズゲート)オールクリア感想

【関連記事】続編シュタゲ・ゼロの感想はこちら。

Steins;Gate(通常版)Steins;Gate(通常版)
(2011/06/23)
Sony PSP

商品詳細を見る

【あらすじ】
大学生の岡部倫太郎は、秋葉原の小さなビルワンフロアを借りて「未来ガジェット研究所」なる組織を作り、そこで、相棒のダル、幼馴染の女子高生まゆりと共に、ほぼガラクタな何かを発明していた。
ある日、ドクター中鉢という胡散臭いおっさんの「タイムマシン発表会」に行った岡部は、そこで、奇妙な人工衛星を見た後、天才少女、牧瀬 紅莉栖の他殺体を目撃する。
気の動転した岡部が、ダルに紅莉栖が殺された旨メールを送信すると、視界は歪み、秋葉原から人が消えたのだった。

【途中まで、ネタバレなし感想】
ガチのドSFでした。タイムトラベルを扱っているということだけではなく、そのギミックも既存の時間跳躍理論を組み合わせてあるので「あぁ、それなら実現しそう」と思えるように作りこまれていました。

リアル世界とうまいことリンクしてあるので、架空のお話なのに真実味があります。
作中SERN(セルン)とう組織が登場しますが、これは、実在の研究組織CERNをモデルにしています。

ゲーム中のSERNは、ミニブラックホール実験(これ実際にあって、万が一失敗したらどうしよう、と無駄に自殺した人までいた。)もその他の実験も、実は、タイムマシン開発の為にやっているんじゃないか、という体(てい)でお話が進むので、「ニュートリノ発見、タイムマシンの発明可能か?」ニュース聞いて、「え、本物のCERNもそうなんじゃない?」と疑い始めました。(結局は、誤報でしたっけ。単純な観測ミスかなにかで。)

ジョン・タイターという自称未来人、これも、現実世界でネットに降臨した事があります。タイターは、CERN製のタイムマシンに乗ってやってきたと書き込んでおり、ゲーム中でも最初の場面では、そういう扱いでした。タイターの主張と、現れる年は、現実とはズレますけれど、それは、プレイすれば理由が分かります。
多次元世界論の肯定や、1975年にも用事がある事、IBM 5100(ゲームではIBN 5100)というレトロコンピューターを必要としている事、は、そのままゲームの下敷きになっています。

宇宙戦争やタイムトラベルを扱ったSFの代表作をいくつか読みましたが、どれも、神や精神、魂、意識、といった、宗教の領域に踏み込みまくるんですが、シュタゲもそこらへんかなり突っ込むので、おっかなくもあり、でも、安心もしました。
こういった心理的な部分でも、超SFしてます。

キャラクターが個性的で、全員声がすごく合っています。声優すごい。
プレイ開始時は、その強烈なキャラを受け付けない人も多いかと思います。
厨二、オタク、萌え萌えな台詞回し、やり取りが多いのです。キャラ造形も属性も全てそんなです。
しかし、例え拒否反応が出たとしても、最初に2時間我慢したら、「むしろ、こうで有り続けて欲しい!!」と切に願うようになりますから。愛しくなるまで、辛抱してください。

シナリオは大ボリュームです。第10章のサブタイトルは2パターンあります。私は、どうやっても1つのパターンにしかいけず、結局、ネットの攻/略サイトを見てしまいました。
しかし、これ、見て正解。あんな膨大な、しかも結構初期からあるフラグを正解だけ選ぶなんて無理そうなのです。(自力クリアの人も居る)
そう言ったサイトは、取るべき行動が書いてあるだけで、その結果どんなストーリーになるか伏せられているので、ネタバレは食らわないで済みます。
正解、というのはトゥルーエンドに行くためのルート、というだけで、不正解の方でもそれぞれ面白いエンドに行けます。
お気に入りのヒロインによっては、トゥルーじゃない方を正史にして欲しいくらいだそうです。

伏線もさりげなく、とても良く出来ていて素晴らしい出来のシナリオでした。
ゲームシステムも、テキストベースノビジュアルベルゲーとしては変わっていました。
「選択肢が文字枠に出て、それを選ぶ」のではないのです。

携帯に着信があった場合、音声電話に出るか出ないか、メールを開くか開かないか、開いたら返信するかどうか、返信するなら相手のどの言葉に反応するか、こちらから電話をするか、メールをするか、誰に電話をかけるか、そう言った部分で大きく展開します。
バタフライエフェクト、という言葉が出ますけど、些細な事で、こんなにも影響が出るのか、しかも、予想外の所に、というのが大変面白いです。

「世界線」、そして「世界線収束範囲(アトラクタフィールド)」、「世界線変動率(ダイバージェンス)」、「運命探知の魔眼(リーディング・シュタイナー)」などの概念により(一部、岡部倫太郎の造語)、「ある程度自由の利く運命」という要素が出てきます。
「アトラクタフィールド理論」とは、どんな道筋をたどっても、その世界線に居る限り、同じ所に収束してしまう、というものです。
例えば、その世界線では、死んでしまう、と決まっている人は、なにをどうしても、死んでしまうのです。
それを避ける為には、別のアトラクタフィールド世界線に移動する必要があります。
2021年のα世界線を起点のゼロとして、再構成された世界がどれだけズレているか判別する装置が「ダイバージェンスメーター」です。
このメーターが1.00000を超えた時、アトラクタフィールドを飛び越えられるのです。
1%世界変動をさせるのは至難の業ですが、収束点の向こう側に行くには越えるしかありません。
「リーディングシュタイナー」とは、世界線が移動したと認識する能力です。岡部倫太郎はこれを持っています。他の人は、移動に気づきません。

TIPSは、用語説明です。確かLボタンで見られます。科学用語、現実用語、岡部倫太郎用語の他、オタク2ちゃんニコニコなどのネットスラングも数多く収録されています。なお、オタ用語だけは、TIPS見なくても全部意味が分かりました。 (;´Д`)
TIPSは、記録されていきますのでコンプリートも可能です。が、うちのデータでは、残り1つ拾い損ねてます。なお、CG回収率は100%です。これらは、いつでも見返せます。
セーブポイントはありませんので、随時セーブできます。小マメに分けといた方がいいかもしれません。

トゥルーエンドを見ないと、オープニング前の真相が全く分からないまま終了となります。

絵的に、と言うより、心苦しい、という意味で辛い場面も多いです。もういいでしょー、やめたげてよーーー、なんでこの子がそんな目にーーー、という。でも、だからこそ、この物語に意味があったんだと思えます。

【以下、ネタバレあり感想】






まゆしぃなんですぐ死んでしまうん?
私は、まゆしぃがSERNに囚われてゼリーマン実験に使われゲルまゆしぃになる場面を見ないまま第10章まで繰り返してトゥルーを模索していました。ゲルまゆは、美しい姿を留めてましたね。
まゆしぃ連れて他の駅に逃げても、綯ちゃんに突き落とされてしまいますし。あの綯ちゃんは、本当のただの子供の綯ちゃんであり、別に狙ってまゆしぃ殺したわけじゃないですもんね。
シャイニングフィンガー萌郁に次いで、作中「殺した人数」の多い綯ちゃん怖いです((((;゚Д゚))))鬼畜幼女…

ずっと、「狂気のマッドサイエンティスト鳳凰院凶真」とかやらかしてたオカリンですが、まゆしぃ死亡直後からキャラどころじゃなくなって、素なのが、追い詰められてる感アリアリでした。
「閃光の指圧師」という呼び方すら忘れ憎しみの中で「桐生萌郁」とフルネームで呼ぶようになりましたし。(まゆしぃを殺したのが萌郁)
でもその後、何度も凶真ぶるんですよね。健気というか、根性あるというか。
他の世界線の人からしたら、オカリンは、いつものオカリンでないとおかしいわけですし。
オカリンは、ただ黙ってても何故かモテる主人公キャラとは違い、そりゃモテますよ。あんなに一生懸命なんだもの。
タイムリープマシンは、記憶や脳、人格がおかしくなるリスクもあって使わないでいたわけですが、まゆしぃ初死亡の後、即行使いましたね。熱いです。

電話レンジ面白いです。電子レンジを電話で作動させるとういショーモナイ発明品のようで、ゲル状のバナナを作ってしまいました。ゲルバナの時点で世界的大発見ですが、房ではなく、一本単位でやると、電子レンジから消えて元の房に戻るのです(やっぱりゲル状)。これにより、転送できるサイズに限界があることが分かります。
そこでDメールです。過去にメールが送れる機能で、日本語なら6文字×3=18文字、半角英語なら36文字送れます。
そこで、助手の、人の記憶をデータ化圧縮する能力が役立ち、ついには、現在の記憶を過去の自分の頭にぶち込むというタイムリープマシンが完成したのでした。
ミニブラックホールの特異点を開き、そこをデータ通すのですが、広げる為のリフタが、一階のブラウン管テレビだったというのが盲点でした。
なるほど、だから、毎日、電話レンジの使える放電時間が微妙に異なりつつ、大体昼から夜までOKだったのですね。
SERNの持っている巨大装置のミニチュアみたいな事を偶然やってのけていたのです。
携帯や電子レンジやテレビという身近なもので作られているのが、楽しいです。

まゆしぃは、あまりのおっとり天然キャラぶりに裏があるのではないか?「悪いことをするオカリンは嫌いなのですー」とか言って笑顔で刺してきたりしないか?と勘ぐっていましたが、本当に天使でした。
オカリンの見た幾つかの悪夢は、別の世界線や時間線で実際に体験したことなのかもしれません。ブラックホール突入で半永久的に引き伸ばされることや、遠い過去に置き去りの刑など。未来でSERNに目を付けられて殺されたんじゃないですかね。もしくは、自分で実験に失敗したとか。そんな全ての時間軸のオカリンを、まゆしぃは見つけてくれるというのです。これは頼もしいです。
まゆしぃは、自分が何度も死んだ事を覚えています。夢に見たのです。にも関わらず、オカリンが助けにこようとしてかっこよくて嬉しかったと言います。良い子過ぎる。しかも、オカリンの身代わりに車に撥ねられて死ぬ時も、笑っていました。オカリンの役に立てたと。まゆしぃは、自分が重荷なんじゃないかと心配しています。意外と、自己評価低いのでしょうか。
まゆしぃは、元々ああいう性格なのか、オカリンの人質ごっこに合わせてよりこっち方面に演じ特化していったのかは分かりません。

Dメールでの世界改変があれほどの影響力を持つとは予想外でした。
オカリンは、まゆしぃを救うために、最初の世界線を目指します。その為には、Dメールを全て取り消す必要があるのです。
まゆしぃが死んだあたりで、物語終盤かと思っていましたが、そこからが本当のスタートだったのです。

【阿万音鈴羽ED】
あのスポーティーで明るい鈴羽が「失敗した失敗した失敗した失敗した 私の人生なんの意味もなかった」と遺書を残して自殺するとは思ってませんで、うわああああああああああああああああああああああでした。あと、何度かここプレイし直してて、「ゆかりんすげぇ…」ってなりました。(鈴羽の声優は、田村ゆかりさん)
鈴羽を自殺させない為には、実の父親がダルであると知り、楽しく過ごした時間を取り消さなければ行けません。せっかくの親子再会だったのに。(他の時間軸でも会えてるけど、認識してないだけ)
鈴羽の向かう先とダルの向かう先は同じSFオフ会だったようで、それなのにダルを呼び戻してしまったから、鈴羽はお父さんを見つけられなかったんですね。
ここで、オカリンが取消決定のDメールを送信できないと、鈴羽エンドに突入します。
彼は、諦めてしまったのです。まゆしぃを救う事も、鈴羽が父に会えないまま1975年に飛ぶ事も。
そして、地獄のサイクルサイクリング開始です。
2日間を鈴羽とまゆしぃに楽しんでもらう。結果は持たない、永遠に先送りにするとう逃避です。
ビッグサイトまでのサイクリングを何度も何度も繰り返します。その内、オカリンの心は病んでいきます。
まさに、名実共に狂気のマッドサイエンティスト鳳凰院凶真。
どうせ、2日後には、まゆしぃが死ぬし、そしたら戻すし、なら、女達を犯しても、なかったことに出来るんじゃないのか。何度でも処女を貪れるのではないか。ダルを見殺しにしても構わないだろ。という状態に陥ります。
これは、ゲーム全体のメタ批判にも近いものがあります。エロゲもサウンドノベルもそんな所ありますよね。
BADEND行ってもすぐやり直せるし、せっかくなら、一番酷い選択肢(明らかに過激だったり、ネタだったりするものなど)選んでみよう。とかプレイヤーは思いがちではないでしょうか。
オカリンは、自身の現実世界すら、ゲーム状態に受取りそうになっています。冒頭、育成ゲームに話かけ、プレイヤーとオカリン、どちらがゲームでどちらがリアルか分からんよ、という場面がありましたけど、これの逆バージョンのようです。
オカリンがタイムリープをしていることに鈴羽は気づきます。死んだ目が、SERNに支配されたディストピアの住人と同じになっていたからです。
オカリンが、この時間線に別れを告げ、鈴羽と共に1975年に向かう所で、このルートは終わりです。
助手やまゆしぃ、ダルとは完全にお別れっぽいですね。もし再会できたとしても年が離れてしまいますし、同じ時間軸にいた彼らには会えないのです。
それと、1975年にたどり着いた時点で記憶喪失や精神障害になる確率も高いままなんでしたっけ。
でも、恐ろしいループを抜け出せたし、ダークサイドに落ちなくてよかったです。
もしかしたら、1975年でうまくやっていけるかもしれない、という僅かな希望も持てます。
そういえば、遺書の鈴羽は、橋田鈴と名乗っていましたっけ?それ以外の時間軸における「鈴」さんは、父親の本名を知らないので橋田とは名乗ってないんですかね。

【フェイリス・ニャンニャンED】
フェイリスの部屋でフェイリスに送らせたDメールが秋葉原の街並みを変えました。それは、フェイリスの父が死ななかった為、幼いフェイリスが都市開発の会議に出席し、秋葉原をオタクの町にしなかったからです。
まさか、何気なく登場したフェイリスパパが、実は死んでいて、Dメールによって生きている事になった存在だとは思いも寄らずでした。フェイリスの家に行ったら、普通にパパさんが居て挨拶してくれたよ、と思ってました。
フェイリスのDメールを撤回するということは、つまり、パパが死んだままの世界にするということです。
これは、キツイ。フェイリスがパパを二度も失う事となるのです。でも、フェイリスは、パパが車で駆けつけてくれた事から、本当にパパが自分を愛し心配してくれている事を知り、満足はしています。
取消Dメールは切ないですね。パパがその後すぐに死ぬと知りながら、またね、みたいな内容なんですよ。
フェイリス分の取消Dメールを送れなかった場合、フェイリス・ニャンニャンEDに突入するんでしたっけ。
送信しなくても、何か別のDメールを使ったような気がします。
そうすると、ダイバージェンスメーターの表示がおかしいことになります。あれ、地味に最もゾワっとした箇所です。
いつもなら「0.345006」みたいになってるのに「 .201003」みたいになるんですよ。頭の0がないんです。((((;゚Д゚))))
これは怖い。
小数点6桁が全部ゼロでずっとその下であるくらい数字が小さいんでしょうかね。(変動率の頭に「-」(マイナス)がついている説もどこかで聞いたような)
この世界、ある意味トゥルーの次くらいにハッピーエンドではあるんですよ。
フェイリスパパは死んでないし、まゆしぃも助手も生きているという、まさかの全員生存エンド。素晴らしい。
残念な事に、まゆしぃやダルとは幼馴染ではなく、赤の他人になってしまっています。
これ、オカリン主観では相当に辛い状態で、しかも、もう訂正が効かないから、この見知らぬ人々の間で生き続けていかなくてはならないのです。しかし、フェイリスとだけは関係があり、しかも恋人同志でした。
孤独よりは、見知ったフェイリスと一緒の方が心強いや…という消極的かつ消去法的な理由ではありますが、フェイリスにすがって心の支えにしてこれからも生きていくエンド、のようです。
この世界線で、まゆしぃやダルと関係を築くのは困難でしょうね。はじめからメイド喫茶に来た客として接するにしても、バックボーンがないんですから。一から、見知らぬ人として友人になることは出来るでしょうが、未来ガジェット研究室における3人になるのは無理です。子供のときオカリンが高熱を出してまゆしぃがお祈りしてくれたこと、まゆしぃが祖母の死をきっかけに失語状態になりオカリンがまゆしぃを「人質」にしたこと、それがゼロにリセットなんですから。
サイクルサイクリング同様、サイコホラーエンドでした。
ちなみに、フェイリスの両親が海外に行くと聞いたとき、飛行機落ちるんじゃないか?と心配しましたが、無事だったようです。

【ルカ子エンド】
ルカ子、まさか、母親への「肉肉野菜野菜」みたいなことで性別が変わるとは。
女の子ならオカリンとお付き合いできるわけです。
ルカ子を男の子に戻すDメールを送信できなければ、ルカ子エンドです。
ルカ子は、苦手なコスプレでコミマに参加したようで、まゆしぃは大喜びです。
しかし、まゆしぃは世界線の収束により死んでしまいます。
オカリンとルカ子の間に子供が生まれて終わりです。結婚までいったんですね。
ルカ子女体化前に、ルカ子とパパについてメールしてましたら、「お父さんに聞いたら、ボクにはお姉ちゃんがいたけど幼い頃に死んでしまって、だからボクに巫女の格好をさせているらしいです。でも、お母さんに聞いたらそんなことないって言われました。」(うろ覚え)と返ってきました。
2番目の世界線だと、普通にお姉さんが居て、パパと一緒にルカ子を女装させてたような。嘘記憶でしょうか。
パパ的リーディングシュタイナー(これ、オカリンじゃなくても皆持ってる)で、いつかのルカ子=女の子世界の記憶残滓があって、もしくは、リアルに存在したお姉さんの事がぼんやりあって、それでルカ子(男)に女装させてたんでしょうか。
じゃなかったら、単に、息子に女物の服を着せたいだけのアレな人ってことになりますけど。
神社にIBN5001があった理由、てっきり、PCマニアのフェイリスパパがあまりに好きすぎて奉納しちゃったのかと思っていましたが、パパが死んだから、フェイリスがあずけたんでしたっけ。

【共通ルート】
萌郁がFBに見捨てられたと思い自殺、オカリンは萌郁のDメールを取り消すべくタイムリープをします。
オカリンは萌郁の口を口で塞ぎます。こんな嬉しくないキスもそうありません。
ヤンデます。特にこれといった理由もない、一つ一つは些細な事だけど死にたかった。というのは、逆にリアルの鬱病患者っぽいです。メール依存になるのも頷けます。
FBは母親のように接してくれてたわけですが、ネカマのミスター・ブラウン天王寺裕吾(ブラウン管屋の店主。綯の父。)でした。
ビルからSERNに直接ネットがつながっているのも、天王寺がラウンダーだからなんですね。
ラウンダーは、IBN5100を手に入れたら始末される運命です。それなのに天王寺は萌郁を殺さなかったのです。連絡を断つ事で生かそうとしていた節があり、面倒見の良いおばさんを演じてたのもメンヘラ(精神疾患者…の内のもうちょっと限定的な意味で使われてるような)の萌郁を操るのに丁度いいから、とか言ってたのも半分嘘な感じです。実は、親身にメール相談乗ってたんじゃないでしょうか。そして、同情したからこそ、「切り捨てた」のでは。
どちらにしろ、この世界線では萌郁が死にます。自殺しなくても、綯に殺されますし。
この時の綯は、未来のオカリンを惨殺した後にタイムリープしてきた頭脳は大人体は子供状態です。((((;゚Д゚))))
オカリンと萌郁がIBN 5100を手に入れたせいで、ラウンダーの掟に従ったお父さんが死んだんだ!お前らのせいだ!という恨みです。
オカリンがタイムリープマシンを使う前に放電現象が起きてましたけど、あれは、綯の最後の跳躍だったのです。
未来でもイカレテル綯ですが、タイムリープ繰り返す内に余計おかしくなったってことはないですかね。あれ、脳に負担大きいらしいので。

【まゆしぃED】
様々な苦難を乗り越えたオカリンは、ついに、元の世界線に戻れることとなります。
しかし、それは、助手の死ぬ世界線、ということなのです。私は、かなり前から「助手死ぬ世界線目指してるけど良いのかな」とプレイしてましたが、オカリンと一緒に事実に気づき「うわーあああああどうしよう!助手死んじゃうんだった!忘れてた!助手死ぬじゃん!」と衝撃を受けたプレイヤーも居るそうです。
助手は、自分が消えるかもしれないけども、でも多次元世界論が本当なら、このままの続いていけるかもしれないと語っています。でもこわいですよね。
世界線がアトラクタフィールドレベルで変わった場合どうなるか分かりませんが、少なくとも、綯が跳躍してもオカリンの主観は変わらず、綯の残した世界は続いていた分けですから、助手の生きてる世界も存続する気がします。
でも、それは可能性世界線というもので、きっかけがあればそちらに移行するけれども、パラレルワールドとして複数は存在しない、世界はいつも一つ、というのが本当の所でしたか。同時に複数存在するというのは、タイターの書いたフェイク情報で。となると、助手の意識とか魂などはやっぱり・・・((((;゚Д゚))))ガクガク :(;゙゚'ω゚'):ブルブル SFは、こういう領域に直球で突っ込みますね。

このエンドでは、助手の助からない世界線に戻り、まゆしぃとオカリンがお付き合いしはじめて終わります。
最初のDメールを送らなければ、そして、エシュロンに拾われなければ、元々こうだった、という世界です。オカリンは第10章まで、これを目指していたのです。
しかし、どのルートでも思いますけど、オカリンはDTのまま誰ともお付き合いしないのがしっくりきます。まゆしぃはほんとうにいい子ですけど、人質とマッドサイエンティストという設定でゆるく一緒に過ごしているという状態が一番萌えます。(※萌えには、個人差があります。)
ルカ子の共通ルートでもそうですが、恋人になる、デートする、とかなると、リ、リア充…!!((((;゚Д゚))))ってなり、ちょっとだけ健全じゃないお付き合い、型にはまってしまう恐れ感、があり、キャラ主観幸福度は上がりますが、客観的萌え度はダウンします。

【助手ED】
助手ルートは中盤までに分岐があるようなので攻/略/サイトを見ました。なお、助手ルートに入ってしまうと、まゆしぃエンドは回収できませんので、セーブデータは分けておいた方が良さそうです。
助手と、想いを通わせ、チュッチュして、でも、やっぱりお別れで、というエンドだったように思います。新しい世界線では助手死亡のままなんでしたっけ。ただ、ENTERキー押す時に、助手が来てくれるんですよね。泣きそうな笑顔で。その助手の温もりを抱いたまま、この世界で生きる、的な切ない終わりだったような。

【シュタインズ・ゲートED(トゥルー)】
助手亡き世界、助手EDと同様にエンドロールが流れますが、鈴羽からの電話着信音で中断します。
元の世界線の鈴羽が2036年あたり(?)からタイムマシンでやってきます。しかも、それまでのマシンとは異なり、未来への跳躍も可能なのです。
そして、助手の死亡を回避する為、オカリンと鈴羽はタイムマシンに乗って過去に戻るのです。
ゲーム冒頭、助手が、「さっき思いつめた顔のオカリンに会った」と言っていたことから、こうなると予想はしてました。
また、助手が刺された時聞こえた悲鳴も、「あれ、ひょっとして未来からきたオカリンじゃない?」と考えてました。
オカリン自身が殺した可能性も頭の片隅にありましたが、理由は違いました。
鈴羽やまゆしぃやオカリンの目的と未来の為に、助手を殺さないといけないシチュなのかなと。
実際は、助手を父親ドクター中鉢の兇行から救うために誤って殺してしまったのでした。
(物理学者の助手として天才少女が来てるのは自然に感じてたけど、親娘だった。そもそも、クリスの事を、脳生理学者じゃなくて、物理方面だと思い込んでた。)
オカリン大絶望、さすがにオカリンの精神ゲージはゼロ、どころかマイナスです。
しかし、これは、未来のオカリンが仕組んだ失敗でもありました。割と初期から来ていた謎の文字列メール。Dメールで未来から来たっぽいけどいつ読めるんだろう。と待っていましたが、どうやら、一度、「助手を救うことに失敗する」という条件を満たして初めて読めるようになる動画メールだったのです。
オカリンは、30過ぎても厨二病でした。かわいいです。動画制作に当たってわざとそういうキャラだったのでしょうか。それとも、助手を失い、その悔しさと執念で十数年を過ごす中で、リアルマッドサイエンティストになってしまったんでしょうか。
タイムマシンやシュタインズゲートのダイバージェンス割り出しなど、未来の、一度助手を救えなかったオカリンじゃないとできないので、敢えて失敗させたそうです。そういえば、SERNに支配された未来は、オカリン達が電話レンジを偶然Dメール送信装置にしてしまった時点で生成されたようですし、綯が復讐鬼になる未来は、IBN 5100の情報を萌郁が手に入れラウンダーが確保したことで決まりました。
なので、オカリンが一度失敗しなければならない、という理屈も分かりますが、未来オカリンは、オカリンが失敗する前からいたんじゃないでしょうか。頭がこんがらがってきましたが、「こまけぇことはいいんだよ!」
なんにせよ、これまでの全ての失敗と喪失と挫折は、全て、シュタインズゲート(運命石の扉、どの世界線の干渉も受けない未知の世界)へと繋がっていたのです。もう、「私の人生なんの意味もなかった(by鈴羽)」などと言わせないのです。
「俺を騙せ、世界を騙せ」ということで、最初のオカリンには助手は死んだと思い込ませつつ、助手を死なせず、かつ、助手に「さっきも会った人だなぁ」という印象を与える手段に出ます。
なお、ドクター中鉢は、娘のタイムトラベル理論をパクって亡命し、それが第三次世界大戦につながるということで、助手の論文を焼く必要があります。
そこで役立つのがガチャガチャの景品ウーパ君です。助手救出失敗時は、メタルウーパ君を封筒に入れていたため、中鉢が飛行機に乗り込む際金属探知機に引っ掛かり、貨物庫には積まれませんでした。結果、火災を逃れてしまったのです。
ですから、メタルじゃないただのウーパ君をまゆしぃに取らせれば、中鉢の奪った封筒は燃えるんです。さりげない伏線が序盤からバンバン張られまくってたんですね。
ここで、血糊入りの未来ガジェットが使われるのか、と思いきや、未使用だったため欠陥に気づいてなかったのです。血糊出ず。
オカリンは、この世界線では俺は死なない事が確定している、と飛び出し中鉢に刺されたんでしたっけ?それとも自傷したんでしたっけ?とにかく、自分の血で、気絶した助手に血だまりをつくります。超痛そうです。オカリンは、助手を刺してしまった時と同じような絶叫を上げます。
最初の世界のオカリンが聞いたのは、どちらの悲鳴だったのでしょうか。
世界線が変わって、助手が死ななくなったら、今度は、オカリンの死んでしまう世界線かもしれないじゃないか!主人公死亡エンドか…!?とプレイを進めるとエンドロール。
オ、オカリン…?生きてオカリン。と見守っていると、後日談。よかった、今の所全員生存ルートです。
望みうる限り最高のエンディングです。
助手が死んだままでも第三次世界大戦を回避できていたかもしれませんが、そこは、未来のオカリンの意地と私情も多分に入ってそうです。
ただ、助手が生きていた方が、より確実に大戦を回避できるという理屈は分かります。
クリスという、父を明らかに越えてる天才の方が発言力と良識がありますし、中鉢の再暴走を押さえるのに、必要な存在なのです。
未来がどうなるか分かりません。
しかし、それが普通です。
綯と萌郁とFBが並んでいるとヽ(´Д`;)ノ怖い!と思いますが、この世界線では、家族のように仲良く暮らせたら良いと思います。彼らが、ラウンダーで有ることは変わらないんでしたっけ?でも、オカリンがIBN5100を手に入れない限り、FBや萌郁が死ぬことはないはずです。
助手にとってのオカリンは、「ラジオ会館で自分を助けてくれた恩人」であって、ラボメンではないんですけど、それでも「クリスティーナって呼ぶな」という感覚だけは残っているようで、その内、リーディングシュタイナーでオカリンを思い出しそうです。

助手の見事なツンデレっぷりと、頼り甲斐のあるところ、隠れ@ちゃんねらーな所が笑えるしかわいかったです。

鈴羽が未来人でかつ戦士でありそうだ、というのは、初期から想像つきました。言葉遣いが堅いとか、現在と違うんですよね。言葉が時代と共に自然に変化するというだけでなく、ディストピアといえば、言葉狩りや、よりシンプルな言い回しを採用する事で、民衆の考える力や意思を抑える、という傾向にありますからね。

面白かったです。プレイ時間かなりかかりました。シナリオが膨大な上、作中作アニメや、ゲーム、架空の歌手も凝りまくっていて、よく作ったと感心しました。
厨ニ病患者が厨ニ病のままでいられる世界のなんと優しい事か。

(父+娘)×5+オカリン
ブログシュタ記念絵


【関連記事】続編シュタゲ・ゼロの感想はこちら。

テーマ:シュタインズ・ゲート - ジャンル:ゲーム

  1. 2011/10/23(日) 17:34:43|
  2. ゲーム

FC2Ad