野良箱

同人漫画サークル

映画「ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-」(Hot Fuzz)

ホット・ファズ~俺たちスーパーポリスメン!~ [DVD]ホット・ファズ~俺たちスーパーポリスメン!~ [DVD]
(2008/12/04)
サイモン・ペッグ、ニック・フロスト 他

商品詳細を見る

【あらすじ】
ニコラス・エンジェル巡査部長は、ロンドンの警察署に勤めており、頭脳明晰・スポーツ万能・脅威の検挙率で数々の表彰を受けた超優秀な警察官である。
しかし、エンジェルがあまりに秀でているので、相対的に他の警察官が無能に見えてしまう、とお偉方に嫌われ、田舎町サンドフォードに左遷させられてしまう。
町に着くなり、未成年飲酒を取り締まるなど生真面目に働くエンジェルだったが、サンドフォードの警察署は、みんなやる気がない為、浮いてしまう。
依頼される事件は、「逃げた白鳥を探してくれ」というようなゆるいものばかり。
しかし、こののどかな村で、連続怪死事件が発生する。
殺人の線で捜査を進めたいエンジェルだったが、他の者達は、単なる事故だ、と、取り合ってくれない。

【途中まで、ネタバレなし感想】
これは、大変面白いです。お勧めです。

高級感のあるカメラワーク、やたらきれいな町並み、無駄なほどバランスの良い明暗表現、品のある色合い、やけにスピーディーなカット割編集、個性的な登場人物による軽妙で嫌味な会話、濃さを増していくミステリー、と、最初からずっと面白いんですけど、特にラスト30分は、笑いを抑えられませんでした。
ギャグとして面白い、というだけでなく、かっこよすぎて、ワクワクしすぎて、爽快すぎて、思わず笑ってしまうのです。
感動しながらにやけるという珍しい体験ができました。

変則的にして王道の展開に燃えました。

主人公エンジェルの相棒になるのが、サンドフォード警察署長の息子で警察官のダニー・バターマンです。
二人の出会いは最悪です。
ダニーは、警察官でありながら飲酒運転をし、さらには後進でエンジェルを轢きそうになったのです。

ダニーは、映画マニアで、刑事アクション物が大好きです。
一方、エンジェルは、映画を全く見ません。
ダニーが憧れるような、「飛びながら発砲」「叫びながら空に向かって発砲」「二丁拳銃」「カーチェイス」といった派手な捕り物は、あくまでも作り話のもので、実際の警察は地味な仕事だ、とエンジェルは言います。
まったく似ていないデコボコの二人ですが、これがとてもよいコンビなのです。
ダニーが事件や事故・捜査について用いる単語は、エンジェル的には少し間違っています。
厳密に正しい警察用語教えるお堅いエンジェルと、ぎこちなくもそれを吸収してゆくダニーが微笑ましかったです。

エンジェルは、サンドフォード赴任前に、付き合っていた彼女に振られています。
それ以降、恋愛要素皆無、ヒロイン不在のお話になりますが、それが良いのです。
脱線することなく、本筋に専念できます。

田舎と都会、どちらにいても溶け込めずイビられるエンジェルが、それでも自分の正義と法を信じて苦闘する様が、時にはシビアに、それ以外はユーモラスに描かれています。
サンドフォードの地元警察官からすると、ロンドンから来たエンジェルは、それだけで鼻持ちならない奴なのです。

ミステリ要素があるのですが、自力での犯人当ては失敗いたしました。

製作者の既存映画への愛を感じました。

微グロ、微ヴァイオレンスはありますが、目を背けることなく見られる範囲でした。

サンドフォードは、犯罪がなく、英国で一番安全なため、ベスト・オブ・ビレッジに選ばれる程、素晴らしい村なのです。

【以下、ネタバレあり感想】







私もエンジェルと同じく、スーパーマーケット店長の単独犯かと思ってました。
皆が、変死事件を事故として処理する中、店長は、事件の真相を知っている様子でしたから。あからさまに怪しすぎて犯人候補から外したくもあったのですが、他に適切な人物が思い浮かびませんでした。

この町で犯罪率の少ない理由は、一般市民で構成される「近隣監視同盟」が機能している為、ということでしたが、彼らこそが、連続殺人を引き起こした張本人だったのですね。
監視カメラが沢山あるという時点で、不自由で物騒なものを感じましたが、ここまでの悪用っぷりとは思いもよらずでした。

犯人は複数、しかも、ごく普通の村人達でした。
犯罪率が上がれば、ベスト・オブ・ビレッジではなくなってしまうので(?)、この村にふさわしくない人を殺していたのです。
まさか、大根役者だから、笑い方が下品で不倫しているから、優秀なのに他の町に行ってしまうから、住んでいる家のデザインが下品だから、そんな軽い理由で人が殺されるとは想像できませんでした。
シンプル過ぎて盲点です。
同一の組織が、一定の思想に従って殺しを行っているという点では、連続性のある事件なのですが、実質、別個の案件だったので、論理立てて推理するのは極めて困難ですね。

エンジェルは、膨大な資料を読み解く中で、被害者の繋がりを特定、実にもっともらしい筋書きを「発見」します。
しかし、犯人として指名したスーパー店長にはアリバイが。
もし、エンジェルの推理が当たっていれば、普通のミステリだったのですが、そうもいきませんでした。だからこそ、面白かったです。
視聴者にはフェアにヒントが与えられていました。
被害者の被害者たる所以である、「ベストオブビレッジにふさわしくない」っぷりは、しっかり描かれていましたし、「近隣監視同盟」も、表立って活動しているので、ある程度実態が見えていました。
そこから、連続殺人は、「近隣監視同盟」による粛清だ、と推理することも、可能なのです。無理でしたけど。

「近隣監視同盟」は、個人の損得ではなく、「公共の利益」を守るために、この村にとって恥になるような人物、村の評判を落としかねない人物を殺害していたのです。彼らが従うのは、法律ではありません。

赴任直後、エンジェルを交えての「近隣監視同盟」会議時、大道芸人について憎々しい態度を取っているのを見て、「ほんとこの村、平和で、何の事件もないんだな」と感じましたが、あれ、本気で大道芸人を危険視していたんですね。治安を乱すかもしれない余所者は、警察署長の妻(ダニー母)の自動車自殺とも関わっているので、「近隣監視同盟」発足とも深い繋がりがあり、天敵なのでしょう。
「大道芸人や流れ者が来たから、嫁が死んだ、あいつらのせいだ」というのも、所長の思い込みとこじつけと逆恨みに感じますけど。

村社会の影の部分、田舎の陰湿さ、村八分。これは、どこの国でもありそうです。
大都会とはまた違ったルールがあるんですよね。全員顔見知りの場所って。

ダニーの誕生日に植物をプレゼントしようとするエンジェル。法と職務に従う以外に、自分の意思でそれをするなんて、思いやりが出てきましたね。その花屋で人死にが出るとは。
彼女よりも仕事と植物を取った、と揶揄されるくらいのエンジェルですが、ダニーの事は大事にしてます。
引越し時に持ってきた植物(?)は、エンジェルの命を狙って襲ってきた「アーイ」の人との戦闘時に躊躇なく使用し、鉢を壊したと思います。
エンジェルの中では、自分の命>ダニー≧植物>>>>>>彼女、くらいでしょうか。

ダニーは、主人公になってもおかしくないくらいの、過去と設定を背負っています。
自分の父親が警察署長で、しかも、ここ数十年続く殺人と隠匿の首謀者な訳です。母親は死亡しており、それが父を変えてしまいました。
ダニーは、ロミオとジュリエットの変死体捜査時、通行人に「交通事故だよ」みたいに説明していましたが、エンジェルに「『車の衝突』だ」(?)と訂正されてました。
その後、「自分の母親は『車の衝突』で死んだんだ」と警察用語で説明するダニーがいじらしく切なかったです。
後の場面ではっきり「母さんの自殺」と口にしてたくらいですから、ただの交通事故ではないことを知っていたのです。
先のエンジェルへの説明も少しボカしてあったんですね。飲酒運転するし、警察用語もきっちり使えない男ですが、他人への配慮、優しさ、という点では非常に優れていますね。

ダニーの立場って苦しいですよね。
自分の信じる父親が連続殺人事件の黒幕で、でも、父と敵対するエンジェルも親友で。
ダニーが冷酷な表情でエンジェルを刺した時は驚きました。
一瞬、「ダニーも故郷と父親は裏切れないか…!?本当にエンジェルを殺す気で!?いや、はじめから全てを知っていてエンジェルの命を狙う為に近づいて!?」という疑いを持ってしまいましたが、すぐに、「エンジェルを逃がす為の迫真の演技」だと気づきました。
以前、フォークと赤いソースを使って、ぐわーーーー目がーーーーという、パっと見かなり怖いドッキリギャグをやっていたダニーですが、深刻な場面で、うまく応用しましたね。

ダニーの計らいでサンドフォードを去って行くエンジェルが、二度と村に戻らず、真実も伏せたままロンドンで暮らすことは可能だったでしょう。
しかし、立ち寄った店内で見かけた映画DVDのパッケージが闘争心に火をつけたようです。

エンジェルは、ダニーに見せてもらったわずかなアクション映画しか知りませんが、それでも、目一杯成りきります。
まずは、サングラス、そして白馬。形から入るんですね。馬鹿カッコイイです。
ここから先は、本当に愉快でエキサイティングでした。
ザ・脇役、という感じの普っ通ーのおじさんやおばさん、おばあさま方が、皆、日用品に武器を隠し持っており、一度それを取り出したならば、滅茶苦茶強いんです。
この村の人々は、どこで対人戦闘術を学んだんだ!?と言うくらいの戦闘力で、とくにBBA(ババア)の銃乱射には燃える物がありました。
BBAかっこいい!
ヤクザや兵士などのいかつくてマッチョな男達による銃乱射より、服装も容姿も職業もごくごく一般人が、ごつい武器でえげつない戦術を取るほうが、逆に凶悪で、一層ガチっぽく感じられるものですね。
有り得ないのにリアル、と言いますか、非常に生活感のある戦争となっていました。
人間に擬態して溶け込んでいるエイリアン、軍服を着ていない隠れ戦闘員的な怖さがあります。

エンジェルがこの村に来た初日に会話したホテルのおばさんとも直接バトルです。
初対面時のセリフを繰り返します。
ホテルおばさん「ファシストォォォォーーーーーーー!!!!!」
エンジェル「クソババアァァァァーーーーーー!!!!」
「縦の鍵」や「横の鍵」がこんなワードって、どんなクロスワードだ、と思ってましたが、本当にそういうクイズだった訳ではなく、単なる本音のぶつけ合いだったのかもしれませんね。笑顔でギスギス。
エンジェルの距離からじゃ、クロスワードの問題見えなさそうですし。

眼鏡をかけて(?)自転車乗ったおばさん絡みの戦闘は、おいおいおいおい!なんだよこれは!と、楽しめました。
自転車こぎながら、手放し運転で両手に銃。なんというバランス感覚。
ダニーが車のドアを開けることで、そのおばさんは激突、すっ飛びました。ドアを使ったアクション良いですね。

主人公コンビは、スローモーションで横っ飛びしながら二丁拳銃を撃ちまくる、カーチェイスをする、など、ダニー憧れの映画的警察アクションを次々と行います。
みんな元ネタがあるんでしょうが、私は存じません。

エンジェルに対して「映画の見すぎじゃないか?」という野次が飛びますが、ダニーは「全然見てない・・・」と訂正してみせます。
映画DVD専用棚を持つダニーに比べて、エンジェルは超初心者ですからね。

地道でリアルな警察ものも良いですが、アホなくらいはじけたドンパチも最高です。
さすが、繰り返し用いられ、テンプレ化する程のアクションパターンです。カッコイイものは、何遍やってもカッコよろしいのですね。

ダニーの大好きな、「空に向かって叫びながら発砲」がこんな場面で用いられるなんて。
エンジェルではなく、ダニー本人がやります。
実の父親を撃ち殺そうとして、出来なかった時に。すんでの所で銃口を逸らしてしまったんです。
ギャグタッチではなく、相当切実な描写となっていました。
にも関わらず、感動と同時にちょっと笑えてしまいました。元ネタ映画は、どういった状況で空に撃ったのか分かりませんが、ダニーの場合は、心の底からそうせざるを得なかった、苦しみの中での行動となっていました。あれは、叫びますよね。

ミニチュアの建物が刺さって大怪我というのが、この村システムの限界を感じさせますね。しっぺ返しです。
サンドフォードは、外面(そとづら)だけ良いハリボテの村であり、自重で崩壊した、ということの暗示かと思います。

スワン(白鳥)大活躍。
エンジェル達が、事前に捕まえてなくてよかったです。

エンジェルに何かとつっかかり反目していた地元警察官達がサンドフォードの闇を知り、協力してくれたというのが、これまた熱血王道展開で好きです。ライバルが味方に!っていう。
スーパーでの戦闘。店員達が凶悪です。商売道具で戦ったりしているので、ここにも、日常の延長としての非日常を感じられました。
兄弟刑事の頭にトマトソースか何かの赤い液体がかかってしまいます。これは、ダニーの血のりごっこと同じ原理なのですが、自分の弟が一大事だ!弟の仇め!と戦いに乗り出す兄が、「勘違いで逆上」というギャグなのに一所懸命でかっこよく、家族思いなんだなぁと和みました。(兄と弟、逆だったかも)

地元警察官達は、エンジェルとその前任者にいびり、イジメ行為、ロンドン差別発言を繰り返している割には、不思議と感じが悪くなかったです。
実はいい人感や、お馬鹿でお間抜けな所、が見え隠れしていたせいでしょうか。
何かと「殺人事件だ」と騒ぎ立てる都会出身の警察官を見て、「考えすぎだ」「頭がおかしい」と呆れるのも、この村で生まれ育ったのなら無理がないのかもしれません。大人達の洗脳を受けてきた事に気づいていないのですから。

地元警察のうち、眼鏡をかけていて上からものを言う彼。いつもエンジェルの立てた作戦に「じゃ、その線で」と乗っかるだけでしたが、スーパーマーケット制圧編では、テキパキと作戦を組み立て指示を出しており、今度はエンジェルが「その線で」と言う番になりました。
あんなにだらけきった警察署にいて、実戦をろくに積んでいなくても、頭脳明晰なんですね。
サンドフォード人は、基本スペックが異様に高いのに、使う機会がなく、宝の持ち腐れになっているのかもしれません。
「近隣監視同盟」の面々が、あんなに戦闘に長けているのも、特別な訓練を積んだわけはなく、生まれ持ったセンスだったりするのでしょうか。
もしそうなら、「近隣監視同盟」が暗躍することなくても、普通にベスト・オブ・ビレッジ獲得できてしまいますよ。

地元警察の内、署長やその側近以外の警察官は、数々の不審死が殺人と知っていてわざと隠していたわけじゃないみたいです。
彼らも「近隣管理同盟」に騙されていた被害者だったのですね。
・・・・・・・・・・・・・気づけよ!!!
なんで、この村ではこんなに交通事故、爆発事故、落下物事故、自損事故による死者、行方不明者が多いのか!!おかしいと思わないのか!?やっぱり他所の町の事情を知らないから、これが普通だと思っているのか!?こんな物騒な村、犯罪率はデータ上限りなくゼロに近いんだろうが、よくベスト・オブ・ビレッジに連続選出されてるな!事故として処理されてるからには、警察の公式記録にも残ってるだろうに、ベスト・オブ・ビレッジ審査員の目は節穴か!!事件性を嗅ぎ付けろよ!まぁ、ロンドン首都警察からしてあの無能さだから仕方ないだろうけども!!などとツッコミつつ見てましたが、それがまた、面白かった点です。
全てにきっちり言い訳をつける必要はありません。勢いで押しきるその強引っぷりも、スピード感に繋がっているので良かったです。
ベスト・オブ・ビレッジ機構の描かれ方は、「権威による格付けシステム」のザルさ、妥当性の低さに対する風刺とも取れますし。

未成年のバー入店を容認している点については、行き場を失った若者が深夜の町を徘徊し、暴力沙汰や窃盗等のトラブルを起こすよりは、マシだということなんですかね。
バーとは言え、屋内に閉じ込めておけば、「閑静で安全な町」と見せかける事もできるわけです。また、大人達の監督下に置いてコントロールしている形にもなります。
外で勝手にたむろされると困るんです。
エンジェルのように、少年達を未成年飲酒の件でしょっ引けば、犯罪率は上がってしまうので、ベスト・オブ・ビレッジからは遠のきます。

ベスト・オブ・ビレッジの審査員が、書面上のデータだけでなく、抜き打ち検査の為にサンドフォード入りしてたら、すぐバレそうですけどね。気晴らしと調査を兼ねてバーに行ったら、未成年一杯、だったり、偶然バーを出入りする少年を見かけてしまったりで。

不良化した若者を更正させ、未来を担う者とし教育し、リアルに治安を良くしてこそ、「公共の利益」だと思うのですが、「近隣監視同盟」は、「臭いものには蓋」という手っ取り早く、安易な方法で、事態の解決を図ってましたね。本質的には何も改善していません。
大道芸人も若者達も、みんな死体となって地下に転がってました。
少年達の親は、「我が子がいなくなった」と騒ぎ出さないのでしょうか。
リビングスタチューの大道芸人は、終始銅像になり切ったまま、動かぬ死体になってしまいました。

「近隣監視同盟」のメンツが逮捕された場面、みんな怪我はしてますけど生きてました。こうして犯罪者扱いされてみると、悪人顔に見えるものですね。
戦闘シーンも、このシマシマの前で札持って立たされているシーンも、編集に切れがあって見栄えがよいです。サクサクスタイリッシュに進むので飽きません。
一件落着かと思いきや、「近隣監視同盟」逮捕を逆恨みして暴れだす者が。しかし、物語前半で応酬した機雷(?)で大爆発。警察署もボロボロ。
ダニーが撃たれるかどうかして、瀕死です。
絶対大丈夫、と繰り返すエンジェルですが、その声は、自分に言い聞かせているようでもありました。
1年後、墓参りをするエンジェル。
墓碑には、バターマンの文字が。ダニーの苗字ですね。
しかし、それは、ダニーの母親のお墓であり、ダニーは生きていたのです。
めでたいですね。

エンジェルが抜けた事で検挙率などが下がってしまったらしいロンドン警察。
エンジェルが優秀すぎるのか、他の警察官が駄目すぎるのか。自分達で追い出しといて、今度は、勝手な都合で連れ戻そうとするとは。
ロンドンもサンドフォードも、外側の体裁を保つことにご執心で、中身がスッカスカだから、エンジェルに差を付けられてしまうんですよ。

ホット・ファズと監督、主演キャストが同一の、別作品も見ましたが、要素と展開にはいくつかの共通点がありました。
そちらの映画でも、エンジェル役の人とダニー役の人が親友でコンビという役回りでしたが、向こうは、両方アホっぽかったのです。
しかし、ホット・ファズのエンジェルは、きちんと知的で優秀なエリートに見えました。同じ顔や体型でも、演技によって別人になるんですね。

「法律」を厳守する事と、「法律」の限界。「私刑」の問題点。見せ掛けの平穏と監視社会の闇。など、難しいテーマも入っていたはずなのですが、見終わって一番の感想は、「自転車拳銃BBA(ババア)かっこよかった!」でした。

テーマ:見た映画の感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/07/23(土) 11:50:47|
  2. 映画感想

FC2Ad