野良箱

同人漫画サークル

内澤旬子『センセイの書斎 イラストルポ「本」のある仕事場』

センセイの書斎---イラストルポ「本」のある仕事場 (河出文庫)センセイの書斎---イラストルポ「本」のある仕事場 (河出文庫)
(2011/01/06)
内澤 旬子

商品詳細を見る

イラストとエッセイによる、書斎レポートです。
学者、研究者、翻訳家、作家、建築家など、日頃、本を資料として活用している人達の書庫を、著者が取材します。

エッセイ部分は、著者自身の言葉による書斎紹介と、本棚の主によるインタビューから成り立っています。
イラスト部分には、部屋を真上から見た全体図とその書斎の特徴が出ている箇所のアップ、取材対象の似顔絵などが描かれています。また、本のタイトルや、ジャンル分けなど、細かい手書き文字がびっしりで、それを見ているだけでも楽しいです。

書庫のレポート絵には、本棚と関係ない室内のインテリアや置物が描かれていてそれを見るのも楽しいです。
西部劇好きな作家さんなら、ガンベルトが壁にかけてあって、PCの壁紙まで銃だったりしますし、他にも豚のぬいぐるみ収集家や、猫の置物とリアル猫の混在する部屋も。
書斎は、その作者の脳内や趣味趣向が反映されたものなのかもしれません。

部屋が散らかりすぎて、乱雑に本が積み重ねてある書斎は、イラストが緻密なだけに面白いです。これは、もう本棚でも書斎でもないだろう、という感じで笑えますが、これがこの先生なりの知識の扱い方なんでしょうね。

お堅いお仕事の先生でも、軽い感じの雑誌や漫画を所有していて、本棚の一角をそういうコーナーにしてたりするんですね。
趣味で漫画を読むのは分かるのですが、仕事用の研究書や全集、哲学書などと一緒の書斎に置いてあるのが意外です。

沢山本を収集しているような人は、もっと本という形式、紙質、手触り、重さ、装丁などを大切にしているイメージがあったのですが、今回取材された31人は、皆がそうだというわけではありませんでした。
古書コレクターなどは、保存状況に留意し、本の過ごして来た長い時間も含めて愛好しているようですが。

本の内容は、本来形のないものだから、本はかりそめの姿だと捉えている方がいました。
また、本を必要な所だけちぎる、残りは捨てる、というような激しい方も。
アンダーラインを引きまくる方や、付箋を貼りまくる方もいて、とても、本を美麗な状態で残しておこうというつもりがありません。
研究対象として、資料として本を読む方は、引用予定の箇所や、気になる記述にチェックを入れるのは当然でしょうから、一般的な本愛好者とは異なるのかもしれません。

セイセイの中には、ご年配でも、早くからインターネットを使い始めた方が数人いらっしゃいます。
翻訳家もコンピューターを利用していますし、作家達もCD-Rや電子辞書などのデータ形式のものを普通に使っています。
別に紙という形式に強くこだわっているわけでもないんですね。
ただ、完全に本がいらないかというとそんなこともないのです。
ある人は、電子メディアは自分の選んだ項目しかでてこないから、視野が狭くなる、とその欠点を指摘しています。(彼女も電子メディア愛好者)
一方、紙の媒体ならば、読むつもりがない箇所もパっと目に入ってきて、それが新しい発見に繋がることもあるのです。
だから、紙媒体も電子媒体も両方必要、と結論付けていました。
今は、既存の新聞や小説などが電子メディアに移行している真っ最中なので、その内、紙の本自体なくなってしまうのかもしれませんが、ランダムで意図していない情報に目に入るという紙媒体の良さは継承した方がいいのかもしれません。
現在のインターネットで、「興味がなくてもその情報に出会ってしまう」といえば、twitterのRTで回ってくるツイートや、2ちゃんねるまとめアンテナで羅列される記事タイトル、ニコニコ動画のランキングなどがあるでしょうね。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/02/09(水) 22:11:48|
  2. 読書感想文(小説)

FC2Ad