野良箱

同人漫画サークル

「第9地区」感想

第9地区 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)第9地区 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
(2010/08/11)
シャールト・コプリーデヴィッド・ジェームズ

商品詳細を見る

【あらすじ】
ヨハネスブルグ上空で宇宙船が故障してしまったエイリアン達は、第9地区で難民として生活している。
MNUという組織のエイリアン担当官ヴィカスが、難民エビ(エイリアンがエビに似ている為こう呼ばれる)を第10地区に移動させるために立ち退き要求をしていると、偶然発見した謎の黒い液体を浴びてしまう。
そのことにより、彼の体にはある変化が現れる。

【途中まで、ネタバレなし感想】
かなりSFなお話ですが、実話のようにドキュメンタリータッチで描かれています。
全編がそうであるわけではありませんが、報道用に撮影した映像や監視カメラ映像に、関係者のインタビューを交えた構成がメインとなっています。

ヴィカスがあのエビの家に行かなければ、そして、黒い液体を浴び持ち帰らなければ、速やかに事が運んでいたんですよね。
かなり余計なことをしてしまったヴィカスですが、この事件を通して難民の気持ちが分かってきたり、人類がエイリアンにしてきた所行を知ったりできたのです。

エイリアンの遺伝子を持つものしか扱えない兵器や操縦者乗り込み形二足歩行ロボ(巨大パワードスーツ的なもの)などがかっこよかったです。

フィクションの中で、それを巡って物語が動く核になるものを「なんとか」って言うんですよね。超失念。
で、その「なんとか」にあたるのが黒い液体なんでしょうね。
【追記】「なんとか」=「マクガフィン」でした。こういったものの中には、別に他のアイテムや物質に置き換わっても構わないという性質を持つものがあるようです。中身も正体も不明で良い。

登場する人間よりも、エイリアンの方が人間味があります。仲間想いで家族愛に溢れています。
エイリアンの中でも特に知能の高いクリストファー・ジョンソン は、もう、イケメンにしか見えませんでした。外見はグロテスクなエビであることには変わらないのですが、なんともかっこよくかわいいです。表情豊かなエビで、性格が超男前です。かわいい息子がいます。

アクションあり、人間とエイリアンの共闘ありと、見ていて楽しめます。

割とグロ映像が頻発します。人間の体がパーン、みたいな。うわああ。でも、最近グロ耐性が若干ついてきたのか、直視し続けることができました。

詳しくは勉強不足で分からないのですが、現実の難民問題ともリンクする内容だそうです。

【以下、ネタバレあり感想】

ヴィカスは、黒い液体を浴びたことで、体がどんどんエビ化していきました。
そのことにより、本来エビしか使えない兵器がつかえるように。

人体実験されそうになるシーンというのは心もとないですね。特に、肌蹴けさせられ露になった胸が無防備でヒヤヒヤしました。

人間が宇宙科学の兵器を扱えるようになるためには、ヴィカスを解剖、生体を採取する必要があるのです。そのことでヴィカスは、所属する組織の元同僚達に追われることになるのです。

ヴィカスが兵器の試射をさせられ、何も知らない風なエビが的にされて死んだのがかわいそうでした。
エビの生体実験は他にも行われていたようです。ヴィカスは、エイリアン担当者でありながら、その事実を知りませんでした。

黒い液体は、上空の宇宙船へたどり着く為の小型宇宙船を動かす動力でもありました。
宇宙船を浮かす液体と、人間をエイリアン化する液体が同一のものってどういうことよ!万能液すぎるだろ!とは思いましたが、その液体を取り戻せば自分の家に帰れる、という利害が一致して、エビのクリストファーと人間のヴィカスは手を組むことに。
結構いい感じに仲間になったかと思ったのですが、ヴィカスがクリストファーを殴って気絶させたのであーーーーてめぇえーーーーーってなりました。
どちらかと言えば、人間のヴィカスよりもエビのクリストファーに感情移入していたのです。

クリストファーは、義理堅く紳士的なエイリアンです。

ヴィカスがラストで行方不明になったのは、宇宙船で3年間治療する為ですかね?
そのうち、完全に人間の体に戻って、ひょっこり帰ってくるのかもしれません。

ヴィカスが、黒い液体を没収しなかったら、クリストファー達はあっさり宇宙に行けてたかもしれないんですね。
しかし、どちらにしろ、第10地区に移住したエイリアンも増えているようで、難民問題はそうあっさりとは解決しないようです。
もしかしたら、宇宙船で、ヴィカスがエイリアンに知恵を貸している部分もあるのかもしれません。

宇宙船の操作方法が面白かったです。立体空間パネルって感じで。クリストファーの息子も操作に長けていて賢かったです。

ヴィカスは、最初いかにもお坊ちゃんなお役人といった感じですが、どんどん野生的な風貌に変わっていきました。恐らく、性格も考え方も変化していたことでしょう。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2010/09/12(日) 23:02:30|
  2. 映画感想

FC2Ad