野良箱

同人漫画サークル

映画「007 慰めの報酬」簡易感想

007 / 慰めの報酬 (2枚組特別編) 〔初回生産限定〕 [DVD]007 / 慰めの報酬 (2枚組特別編) 〔初回生産限定〕 [DVD]
(2009/06/26)
ダニエル・クレイグオルガ・キュリレンコ

商品詳細を見る

【あらすじ】
将来を誓った女性ヴェスパーを殺した犯人を追っていたジェームス・ボンドは、その過程で、地球環境の為の慈善団体を装った組織を持つ男ドミニク・グリーンにたどり着く。
国家の中枢に食い込みつつ、天然資源を獲得しようと暗躍するドミニクを、ジェームス・ボンドは止められるのか。

【途中まで、ネタバレなし感想】
ボンドシリーズを一作も見たことないのに、いきなり見ました。
これって、前作からの続き物だったのですね。
前作を見ていないことと、途中まで画面表示サイズをミスっていて、字幕が途中で切れていたせいで、ストーリーがあまり理解できていません。
見て分かった範囲で感想書きます。

メインヒロイン(ボンド・ガール?)のカミーユがすごく可愛いです。
ボディメイクなのかもしれませんが、褐色肌と黒いボブカットヘアーが似合っており、健康的なセクシーさがあります。適度に筋肉がついているのが良いです。

冒頭から派手なカーチェイスです。銃で撃ちまくりですし、その後も度々お約束とも言えるようなアクションシーンが連続します。
高い所で戦う、屋根を走る、鉄骨が回る、採掘場に行く、車の上に落ちる、などなど、もはや様式美です。

ボンドって割とすぐ人殺すんですね。

Mっていう婦人がボンドの上司なんですけど、彼女が化粧落とししながら喋っているシーンが印象的でした。

舞台は近未来なんですか?
諜報ツールとか、人物顔認証システムだとか、その他、3Dっぽいパネル上にあるウィンドウを指で動かすとか、どこかのコンピュータ会社が提唱する「10年後の世界」的なエフェクトでした。

ボンドって乗り物ならなんでも操縦できるんですかね。

全体的に、男性より女性の方が背の高い映画でした。ハイヒールというのもあると思いますが。

オープニングは、MAD映像作るのに向いてそうなものでした。実際作って公開しちゃ駄目ですけど。

なぜかサブタイトルを、「裏切りの報酬」だと思い込んでました。

【以下、ネタバレあり感想】

カミーユが復讐したかったのは、ドミニク・グリーンではなく、メドラーノ将軍だったのですね。
母や姉(?)を犯され、父を殺され、家に火を放たれたのでした。
ボンドのアドバイスがなかったら、メドラーノをしとめ損なっていたかもしれません。
メドラーノ将軍の残忍さと性欲は異常ですね。でも、声はソフトでかっこいいです。少し変わってますが。
カミーユは火事の中で膝を抱えていましたが、普通に怖いという以外に、幼い頃のトラウマも蘇ったのかもしれません。

最後の辺り、ドミニク・グリーンがマジ走りするシーンがなぜか笑えました。かっこよくもあったんですけど。
斧を振り回す時の高い声も、いい感じにキレていて、でもちょっと情けない感じが良かったです。

激しいバトルシーンと別画面を交互に写す手法が何度か取られてましたね。

ミュージカル(オペラ?)中、イヤホンで通信会話してたのは、一部の客だけなようです。ボンドは本来イヤホンをつけてるべき人を一人トイレでとっちめて奪ったんですね。

砂漠に置き去りにしたドミニクに「ノドが乾いたらこれでも飲め」と渡したものは、エンジンオイルだったのですね。
そして実際飲んだようです。おう…。

オイルまみれで死んでた女の人は、何が問題で殺されたんですっけ?

マティスっていう偽名の人が何でトランクに乗ってて、出したら殺されて、ボンドが殺したことになったのか分かってません。
撃ったのはボンドじゃないので濡れ衣を着せられたってことだと思うんですが。

テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/19(月) 21:46:55|
  2. 映画感想

FC2Ad