野良箱

同人漫画サークル

映画「シャーロック・ホームズ」感想

ホームズ2シャドウ・ゲームの感想はこちら。
以下、「1」(無印)の感想です。

シャーロック・ホームズ オリジナル・サウンドトラックシャーロック・ホームズ オリジナル・サウンドトラック
(2010/03/03)
サントラ

商品詳細を見る

【あらすじ】
黒魔術による連続殺害事件の犯人ブラックウッド卿は、探偵ホームズと医者ワトソンの活躍により逮捕され絞首刑に処された。
しかし、ブラックウッド卿は墓から蘇り、新たな殺人が起こるのだった。

【途中までネタバレなし感想】
コナン・ドイルの古典小説に着想を得たコミックが原作で、さらにそれのオリジナルストーリーが今作のようです。

ホームズの日本語版小説は、おそらく長編1冊、短編集2冊を読んだことがあったと思います。
かなり記憶が曖昧ですが、思い描いた人物像は以下の通りでした。

ホームズ→観察眼がある、推理力がすごい、変人、阿片中毒、ヘビースモーカー、ナルシスト、偉そう、性格悪い、演技や変装に自信あり、ワトソン君の扱いが酷いけど本当は大事な友達だと思っている。

ワトソン→まとも、おだやか、優しい、推理力が足りないがその素人考えが逆に新鮮でホームズにヒントをもたらすことがある、ホームズにこき使われているがとある一件で凄くホームズの友情を感じて感動 これまでの奉仕はこのためだったくらいに思うけど 本来もっと大事にされてもいいのでは な人。

なぜかはじめからホームズに紳士的、クール、というイメージがなかったんですよ。
なので、今回の映画版、若干だらしなくて、服装も髪型もビシっとしてなくて、無精髭、言動がスマートではないホームズも、あっさり受け入れることができました。

で、ワトソンなんですが、ビジュアル的に犬アニメ版の印象が強かったのか、少し太っているという先入観があったんですけど、ジュード・ロウ演じるワトソンがめっちゃくちゃ男前でした。テライケメン!背が高いし、表情やしぐさもかっこいいし、スタイルいいし。
とはいえ、性格的に完璧というわけではなく、すぐ激昂するし、ホームズに対する尊敬が原作より少ないっぽく「やれやれこの人は本当…」みたいな呆れ、「俺はそこに行くがあんたは来るなよ」的な突き放しなどを感じさせました。また、闘拳などギャンブルをするようで医者の割りに金を持ってません。それと、ホームズに顔面パンチしてました。

そんなダメ男二人ですが、とても武闘派、肉体派でした。
この作品、アクション、バトルシーンがとても多いんです。
全体に占める割合も相当なものでした。

ワトソンが、退役軍人で仕込み杖を使っているという設定って原作でもありましたっけ?

推理には、主に事前型と事後型がありました。
「こうしたらこうなってああなるだろう」というイメージをスローモーションで全て流した後に、その通りの行動をするのが事前型で、後になって「こうだったのではないか」と想像したシーン、もしくは真相を映像化しているものが事後型と呼べるでしょう。
他に、リアルタイム推理もありました。これは、そんなに重大ではない場面でサラっと行われます。映像化はされません。セリフのみです。
推理パートの演出が良かったです。
音声、映像などの手がかり断片が、時系列もバラバラに想起されて答えが出たりするのです。

黒魔術や教会組織など、オカルト色の強い話なのですが、その度合いはゲーム「レイトン教授」やドラマ「ガリレオ 湯川学」と同等でしょう。
「まじないとか宗教とか魔法とかそんなの信じないし大嫌いだよ」という人にもお勧めの映画です。

ホームズとワトソンの関係は、なんだかフランクでした。そんなに上下関係はなかったです。
一応、ワトソンの方が助手ってことなんですけど。

地方情報誌「JAM ジャム函館」の中で、この映画は「抱かれたい度:★★★★★ ジャンル:男色探偵アクション ジュード・ロウ演じるワトソンは、ぼくが抱かれてもいい男ベスト3」などと紹介されていたので、どんだけゲイゲイしいのだ、と思っていましたが、映画を見る限り、ホームズもワトソンはノンケ(ストレート、異性愛者)のようでした。
しかし、それらしい関係を臭わせる描写もなきにしもあらずだったので、腐女子がBL二次創作やるには絶妙のさじ加減だったのではないでしょうか。ガチホモより、はっきり描いてないけど想像を掻き立てる、くらいが丁度良いらしいですよ。
別に制作者がピンポイントに日本の腐を狙うわけはないんですけど。

ホームズとワトソンはお互いにツンツンしていました。が、時々デレを見せていました。
具体的には、以下のネタバレゾーンで書かせていただきますね。

メインヒロインのアイリーン(?)は、普段化粧がケバケバしいんですけど、ほぼすっぴんでナチュラルメイクの時の方がかわいいと思いました。

映像も音楽も演技もストーリーも安心して見られる高いクオリティで、何一つ安っぽくなかったです。

【以下、ネタバレあり感想】

アイリーンとモリアーティ教授が馬車に乗っている時、窓から物乞いをしていたアイパッチの男もホームズだったのですね。全然気づきませんでした。

ホームズは、ワトソンが負傷して病院に運ばれた際、医者に変装していましたが、ワトソンの婚約者に一発で見抜かれてました。
会うのが3回目の素人にバレる変装って…。本当に変装が得意なんでしょうか、ホームズww

wikipediaを見ると、原作ホームズはバイオリンが特技ってことになってますけど、映画のホームズはうまいようには見えませんでした。ハエは6時間かけて一匹ずつ集めたーーほえほえーみたいな壊れた場面でポロンポロン。他にも弦を指ではじくシーンは沢山ありましたけど、まともに弦で弾いてはませんでした。
ひょっとして、この映画のホームズは、変装もバイオリンも「自称、上手い」なのですか?wwそれはそれでナルシストらしくて面白いですね。

ホームズの、ワトソンの婚約者に対する敵意といいますか、ワトソンと婚約者を引き離そうとしているのが面白かったです。
単にワトソンへのいやがらせであるばかりか、婚約者に嫉妬しているようにすら見えます。
兄の別荘にワトソンと二人で行こうとしてましたし。一方ワトソンは、「別荘行くなら未来の嫁と二人で」と言ってました。そしたら、ホームズは重ねて「三人で行こう」と。どんだけワトソン君と一緒にいたいのか。

しっかり理解できてないんですけど、ワトソンのポケットから取った闘拳の半券を見て自らエントリー、賭けに勝ってその金をワトソンの結婚指輪購入資金として貸してあげた、って感じですか?
ワトソンを結婚させたくないけど、ワトソンに感謝されたい、もしくは恩を売って利用したい、的な微妙な態度が面白いです。これ、どう解釈するのが正解ですかね。
ホームズが、ワトソンのポケットに手を入れるシーンと、ワトソンをバイオリンの弓で指すシーン、ワトソンが嫌そうにしているのが良いです。
屋外でワトソンにもたれかかってて寝ているホームズのシーン(があったはず…)、ワトソンの背中超かっこいいです。

ホームズの「ワトソンくんが生きていてくれてよかった」は、とても素直でしおらしかったです。

「もう会うことないくらい」のこと行ってわざと銃を忘れていくホームズと、それに気づいて意図を読み取るワトソンはやはりコンビですね。

ホームズ何度かラリってましたよね。薬品によるものなのでしょうか。

ホームズが大男を倒す時に使った電気ビリビリ棒。実際にあんなに吹っ飛ぶものなのでしょうか。
そこらへん映画的誇張でありSFであるとも思うのですが、なんだか魔女っ子のマジカルステッキに見えました。

船が引きずられてホームズピンチ、そこにワトソンが来て助けてくれる、というシーンは予告で見てたのですが、それでも少しハラハラしました。

蛙の解剖や蛆虫、豚まっぷたつを直視してしまいました。
グロが苦手な私でも見られたので、大抵の人は大丈夫だと思います。

ルックス的には、敵役のブラックウッド卿の方が、従来のホームズ像に近そうですよね。額が広くて顔が細くて鼻筋通っててオールバックの黒髪で。小説の挿絵とかそんな感じでした。
ロバート・ダウニー・Jr演じるホームズは、ジャッキー・チェン、シルベスター・スタローン(ロッキー)、コロンボ刑事系の動きや表情でしたね。(このお三方に詳しくないので、あくまでもイメージです。)

超常現象による怪死という一連の事件は、全て、現実的、化学・科学的な説明のつくものでした。
それらが明らかになる推理パートは、スピーディーで面白かったです。署内で呪われたぁとか苦しんでた警察官(看守?)は買収による演技でしたし、ブラックウッド父が銅の風呂に塗った薬品と水の反応で体が麻痺した
(泡が出てたのは麻痺だけ?沸騰してたわけでな?)、も発砲したと思ったら自分が火達磨だったでござる、も化学的な仕掛けがあったのです。ホームズの頭脳はさすがですね。
まじないの書、儀式、いけにえ、魔方陣、などなどオカルト要素が満載にも関わらず、それらが全ていんちき手品ということにされた本作、本気でオカルト好きな人には複雑なんでしょうか。
そういったものが映像化されたという点では嬉しいんでしょうけど。

ブラックウッド卿の教団幹部の若い人は、議員さんでした。内務相でしたっけ。
ホームズをよく呼びにくる警察の人は、教団の一員であり、ホームズの敵であるとアピールしつつ、手錠の鍵をくれたので(?)、やっぱり味方のようです。

ブラックウッド卿もモリアーティ教授も未来を作る、という点で目的が一致しています。
ブラックウッド卿は、植民地もアメリカも全部イギリスのもとに取り返して魔術による支配を企てています。
モリアーティ教授が注目したのは、青酸カリ毒ガス撒き機の中の、「電波で遠隔操作できる装置」という部分だったのですね。それもまた、未来に繋がる技術だったのです。
ホームズの活躍で、ブラックウッド卿には支配されていない変わらぬ未来がもたらされました。

ホームズが唯一愛した女性アイリーンは犯罪者です。ワトソンにマゾヒスト疑惑を持たれていました。
アイリーンの手に寄る物と思われる事件の記事をスクラップしていましたし、また、勝手に尾行もしてました。軽ーくストーカーの気があるような。唯一愛したってことは、他の女性は興味ないんですかね。
基本ゲイだけど、アイリーンだけ特例とかでしょうか。留置所で他の囚人に「そこで男好きの奴が~」などと冗談言ってたような。
原作ホームズは女性嫌いで有名らしいので、別に男性が好きというわけでもなく、自分しか愛せない人なのかもしれません。
アイリーンの写真を倒して隠したりしてかわいかったですね。思いっきり本人にバレてるんですけど。
アイリーンに眠らされ、全裸で手錠で繋がれている姿は衝撃でした。いや、笑撃です。これが、「公式が病気」ということなんですね。
そりゃ、客室メイドさんもびっくりして逃げますよ。ドン引きです。
しかも、ホームズは「安心しろ。私はこの道のプロだ。」とか言ってました。どの道だ…w
正確には、「こういった監禁状態にある場合、その対処法、鍵の在り処を知っている」という意味なんでしょうけど。

首吊りでも生きていられる実験をしたホームズ。だんだん苦しくなってきたと訴えているのに、すぐに助けてあげないワトソン君がサドっぽかったです。ワトソンのドS!サディスト!婚約者にせっつかれて、ホームズに椅子かなにかを差し出してましたっけ。
婚約者もよくまたホームズに会う気になりますね。初対面で最低な推理をされてワインをかけたくらいヤな奴なのに。

毎度実験に付き合わされるかわいそうな犬が、ちゃんと生きててよかったです。
何人かの作家、映画監督のエピソードで、「作中、人間を残酷に殺しても話題にならなかったのに、犬・猫を殺したら抗議が殺到した」と聞いたことあります。
そういう点で、この映画はギリセーフでしょうね。コメディという逃げ道。

国会での毒ガス虐殺が成功していたら、あの教団の議員さんだけ生き延びられたのでしょう。つまり、ブラックウッド卿を信じるものだけが救われる、と全国民にアピールできたわけですね。
青酸カリに効く解毒剤を前日に飲んで本当に効くのか、とかトンデモな感じですが、フィクションはこれだから面白いです。

高い所で一対一の剣術(棒術?)決闘というのは、物語のクライマックスとしてはお約束ですが、盛り上がりますね。
ブラックウッド卿VSホームズの対決では、冒頭の戦闘や闘拳の時のような事前推理が行われませんでした。
ホームズが全く考えずに動いたのか、テンポや視聴者を楽しませることを最優先してあえて映像化しなかったのか。
アイリーンは、建設中の橋から落ちましたが、すぐ下の層でとどまったため命に別状はありませんでした。
ブラックウッド卿は、死刑台に登るまでもなく、橋からの首吊り状態で死にました。これは事故みたいなものなので、ホームズが殺したことにはならないでしょう。
何本ものワイヤーや鎖でぶらさがったなら助かったでしょうに。トリックなしで首一本吊りでは完全にアウトです。

ホームズが議員の部屋を煙でいっぱいにして、銃から逃れ川に飛び込むシーン。見事なフォームでした。あれはスタントマンですかね。
川には既に船が出されていて、アイリーンとワトソンが待っていました。
これは、銀行強盗物やその他のフィクションで多用されている手法ですね。実際、どこからか逃げる時は、こういった仲間の助けが必須なのでしょう。
その船で、「最上階から飛んだ」だの「いいや真ん中あたりから飛んだ」だの緊張感ない会話しているのが面白かったです。ゆるい!w

闘券の相手といい、用心棒的ノッポ男といい、「いかにも強そうだし実際強いんだけど主人公には勝てない敵」像って全世界共通なのかもしれません。

ブラックウッド卿は、人に金を渡したり、錯覚させたり、小芝居したり、細工を利用したり、といった方法を用い人心掌握を行うことで、あたかもそこに魔術が存在し、逆らえないような気持ちにさせたり、民衆を混乱に陥れたりしたのです。
似たようなことは、歴史上にも大なり小なり沢山あったと思います。

そういえば、アイリーンがモリアーティに握られた弱みってなんなのでしょうか。
「アイリーンが今でも本気でホームズが好きということをホームズにバラすぞ」「キャーヤメテー、なんでも言うこと聞くからー」とかだったら、超メルヘンチックなんですけど、そんなかわいいものじゃないんでしょうね。

オープニングの写真を撮られたホームズ、思いっきり顔隠れてましたねwフラッシュがまぶしかったのでしょうか。
エンディングが面白かったです。さまざまな場面を、新聞に印刷されたペン画風の止め絵にしていくのです。
まさかの全裸手錠wwww
ジュード・ロウは絵にしてもかっこいいです。
  1. 2010/03/29(月) 02:59:22|
  2. 映画感想

コメント

ジュード・ロウ、かっこよかったですね

ジュード・ロウはスクリーンに映ると実際より3倍くらい男前度がアップするように思います。
ロバートのイギリス英語も巧かったし、良い映画でした。
続編、決まったみたいですね。
  1. 2010/04/14(水) 10:08:49 |
  2. URL |
  3. ゆみ #mig06/e.
  4. [ 編集]

Re: ジュード・ロウ、かっこよかったですね

コメントありがとうございます。ジュード・ロウすごくかっこよかったです。
アメリカ英語とイギリス英語は色々異なるんですね。
役者さんは、アクセントや発音など、専門家の指導を受けるなどして英国風にしてたんですかね。
続編あるのですか。見に行くと思います。
  1. 2010/04/14(水) 13:37:52 |
  2. URL |
  3. 舵木 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://norabako8.blog93.fc2.com/tb.php/1109-9aa9adb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad