野良箱

同人漫画サークル

竹本健治「匣の中の失楽」感想

【あらすじ】
探偵小説愛好家である大学生や高校生の集まる同好会で、ナイルズ、こと双子の片割れ片城成(なる)が、自分たちをモデルにした実名小説「いかにして密室はつくられたか」を書くと宣言する。
物語で最初の犠牲者になると名指しされた曳間了(ひくまりょう)が、現実にも屍体で発見された。一同は、全員が探偵であり全員が容疑者でもある中、犯人を推理することになる。

【途中までネタバレなし感想】
投げっぱなしで終わると予感していたので、解決編と、補足、あるいは真相の示唆ともとれるようなエピローグがあってすっきりしました。

作中のナイルズが、小説を書いており、それを、同好会のファミリーも読み、批評し、引用します。二重スリット実験やだまし絵のモチーフを用いた、「一方が本物である時、他方が偽物であり、同時に本物たりえないが、その両方が本物である可能性を持つ」という状況を作り出しているため、SFの手法に近いようでした。

登場人物が既視感(デジャヴ)を覚える場面が多いのですが、読者に対しても、それを起こさせる工夫が随所にみられました。
既出のワードや情景を、少しおいて繰り返し再出現させているのです。
たとえば、「海の底」は誰の記憶だったか?とページを遡って読み返すなどしました。「マリンスノー」も同様。
具体的な特定の「海の底」エピソードは一人のものですが、似たような話は、他のキャラクターも心に抱いていたようです。
既視感の正体は、何から何まで同じ光景を見聞きした、というわけではなく、どこか数点でも合致してたら、「これを知っていた」、と錯覚することらしい、と作中にもあるので、まさにそれです。
「水中から見た空」を思わせる目をした人形を気に入っている人物も複数いるわけですし。

なお、登場人物は、すべて人形(劇)モチーフの命名らしいです。一人だけ、創造主・操作側っぽい名前なのですが、さらに元ネタから言うと、魅了される、という意味で人形に操られていると言えなくもないです。

「光の玉」について。光子は干渉し合う波の性質も持つが、観測された時に常に一つの粒子である、という説明と、その少し後にでてくるエピソードの、雛子が幼少期に光の玉を掴まえようとした事、これらは、なぜかリンクさせず、作為も感じずに読んでいました。しかし、そのさらに後、街灯に照らされた雨降る道に、幾重もの波紋ができ干渉し合い光と闇が踊る情景描写で、これらは連続したモチーフか、と気づいたのです。物語全体を表す光景でもありますが、特に、雛子と布瀬には、ファミリーとは別の接続を見せているように感じます。
というのも、二人は幼馴染で、雛子が光の玉を掴まえようとしていた頃(…から2~3年後かもしれない)、布瀬少年は、彼女にとって特別な存在だったのです。成長し、二人で、「死角の問題」VS「擬態の問題」で話し合っている様子は、二者択一、まさに、光子を掴まえた方が、今のところの正解、という感じがするのです。

上記のように、直接の推理や事件とは関係のない、印象、記号、構図が全体に張り巡らせてあり、かっちり作りこまれているので、作者さんは正気であり、読者にどう見せるかしっかり分かっている方だと安心して読めました。
それらをすべてそぎ落としても、プロットだけで成り立っていそうですが、文学的趣がなくなるため、とてもよいフレーバーだったと思います。表には現れない内面の独白は、その言い回しまで含めて重要であるため、会話劇だけを映像化・舞台化しても足りなくなりそうで、文字しかない媒体ならではの良さがありました。

「総ての解決は、裏切られ、覆されるためにのみ生産されているようでもあった。」

【以下、ネタバレあり感想】
【“竹本健治「匣の中の失楽」感想”の続きを読む】
  1. 2016/07/31(日) 03:04:17|
  2. 読書感想文(小説)

114万ヒットありがとうございました

FC2Ad