野良箱

同人漫画サークル

【カラーイラスト】描きなれない服装の練習

【カラーイラスト】111万ヒットありがとうございました!

猫/の/日用らくがき

【猫】ストーブ前は暖かい

【カラーイラスト】 V.DAY

【ゲームクリア感想】バリアントハートザ・グレートウォー(Valiant Hearts: The Great War)

【関連記事】
 【ゲームプレイ日記】バリアントハートでバグった。
序盤のスクリーンショットとバグ情報あり。

突撃

【あらすじ】
フランスの農場で酪農を営んでいるエミール。第一次世界大戦が勃発すると、エミールの娘婿カールは、ドイツ軍に、エミール自身もフランス軍に招集される。エミールは、フランス外人部隊所属のアメリカ人フレディと知り合う。軍用犬ウォルト、ベルギー人の看護士アンナ、それぞれの人生が戦場で交錯する、2Dパズルアクション。

【導入方法(PC版)】
Amazonで購入するとアクティベーションコードをもらえる。Uplayをダウンロードし、インストール、会員登録。Uplayにログインし、コントローラに+マークのついたアイコン「製品を有効にする」をクリック。Amazonで入手したアクティベーションコードを入力する。

【途中までネタバレなし感想】
第一次世界大戦をモチーフにしたゲームです。

料理用おたまで穴掘り、スイカ割りの要領で砲撃、クラシックに踊るタクシー、忠実なる万能犬、リズムに乗って人命救助、味方の死体でできた盾、不発弾避けイライラ棒、という、コミカルさと悲惨さを併せ持った作品です。

アイテム解説や史実の紹介が充実しているため、勉強になります。プレイアブルキャラクターが4人いますから、一人ひとりの視点で臨場感を持って体験できます。

頭身の低い、コミックや絵本のような絵柄のお陰で、死体の山や砲弾の雨も直視できました。
(顔面崩壊の写真は、きつかった。)

スープ作ってきたらドーン


オーストリア=ハンガリーの皇太子殺害が何故こんな複数の国を巻き込んだ戦いになっているのか、クリアした今でも分かりません。当時の兵士もそうだったのでしょうか。
ネットをちょっと見た感じ、オーストリアとセルビアの同盟国同士が、宣戦布告に乗っかって参入、ついでに、かねてからある計画に基づいて他国に攻め込んだ感じなんですかね。(←主にドイツ)そこに各国の植民地も引き込まれた。

この作品は、「西部戦線」を扱っています。舞台は、フランス、ベルギー、ドイツ(?)。
登場国は、フランス、ドイツ、ベルギー、アメリカ、カナダ、イギリス、インド、ネパール(グルカ兵)です。

パズルの難易度は、丁度良く、代償を払わずとも、ヒントが得られます。
ただ、やり方はわかっていても、キーボードの配置を把握していなかったり、同時押しが難しかったりと、操作の面で詰まりがちでした。
PC版をデフォルトの設定でプレイしましたが、方向キーの他、ESC、TAB、SHIFT等と、Dを使用します。
攻撃、穴掘りに相当するのがDです。指がホームポジションではない上、キーの文字が磨り減って消えているため、慌てている時は、ミスばかりしました。

手に入れられるアイテムには、実際に各国の兵士が書いた手紙が含まれているそうです。
どこの兵士も、最初は楽観的ですし、別にどこの国が憎いとか悪いとか、思っていないようでした。
このゲームでも、「悪役の国」というのはありません。しいていえば、フレディは、ドイツに恨みがありますし、分かりやすい敵・男爵フォン・ドルフは、ドイツ人です。しかし、主人公サイドにもドイツ人キャラクターがおり、軍を内部から見られる場面もありますし、「ここさえ倒せば平和が訪れる」というものではありません。

兵器や戦術としては、塹壕、毒ガス、戦車、迫撃砲、爆撃機、火炎放射機、ツェッペリン飛行船などが登場します。
プレイヤーも砲撃が可能ですが、照準機は別の所にあるなど、不便さがリアルでした。
通常は、二人一組なのでしょう。目標の角度を見る役と、それに基づいて目盛りを調節して撃つ役が必要です。
イギリス空軍が砲撃指示のサポートをしてくれたこともありました。

いくつかの章に分かれているゲームですが、区切りの良い所までクリアした際にも、あまり、スカっとさせてくれないつくりになっています。パズルを解けたという意味では嬉しいのですが、戦いに誇らしさを抱くことはなく、良いことをしたとも思えません。とにかく人が膨大に死に、それが一体なんだというのか、という虚しさがあります。

ゲームなら、「通常、ラストダンジョンはこうだろう、ラスボスはこうだろう」、という型があるかと思いますが、それを覆されるものとなりました。

戦争としては、結局この国らは、軍は、何がしたいのだろう、どうなれば正解なんだろう、と分からないまま進みますが、キャラクター達には、それぞれの個人的な目的があるため、目の前の問題を解決することには集中できました。

音ゲー、リズムゲーなどのミニゲームが含まれています。そういったイベントや、チャプター間のナレーション、プレイヤーが操作する箇所の間で、絵柄やグラフィックのクオリティに全く差がありません。
それは、良いことなのですが、ムービーと勘違いしていたらもう本編で、キャラクターが動かないままゲームオーバーになってしまったことがあります。

アイテム由来の豆知識ですが、薬莢細工や、机の引き出しをつかったカバンなど、人間はどんな状況でも、アート作品や実用品を創作するものなのですね。

wikipediaでこのゲームについての項目を見ると、ストーリー欄で、オチまで書いてあるので、未プレイの方はご注意ください。

【以下、ネタバレあり感想】
【“【ゲームクリア感想】バリアントハートザ・グレートウォー(Valiant Hearts: The Great War)”の続きを読む】
  1. 2016/02/06(土) 17:19:32|
  2. ゲーム

FC2Ad