野良箱

同人漫画サークル

4/28×L+

ディズニー映画「シュガー・ラッシュ」感想

シュガー・ラッシュ オリジナル・サウンドトラックシュガー・ラッシュ オリジナル・サウンドトラック
(2013/03/20)
V.A.

商品詳細を見る

【あらすじ】
ゲームセンターの営業が終わった後、キャラクター達は何をしているのか。
30周年を迎えるレトロアーケードゲーム「フィックス・イット・フェリックス」の悪役ラルフは、瓦礫の山に住み、住民から憎まれ、毎度決まってマンション屋上から泥の中に落とされている。
「本当はヒーローになりたい」と願っている彼は、その証である金メダルを手に入れようとする。
やがて、90年代レースゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界に迷い込んだラルフは、そこで、生意気なレーサー志望の少女、ヴァネロペと出会う。

【途中までネタバレなし感想】
私は、2D、日本語吹き替えで見ました。
字幕を見る必要もなく、全員、声や演技が完璧に合っていましたから、ノンストレスで入りこめました。
作中登場する文字は、絵に合う形で書き直されています。

とても面白く、緩急がついた、子供から大人まで楽しめる熱血で、シリアスな中にもコミカルさを忘れない内容でした。
普段、アニメや子供・ファミリー向け映画なんて見ないよ、という方にもお奨めです。

シナリオや設定が、良く出来過ぎているくらい練られているので、余計な予備知識を与えないよう、何を話したらいいか分からないほどです。

予告やポスターの類からは、意図的に隠されているように思えるキャラクターやその出身地が大変気に入りました。
これは、後述します。

かつてのSF名作群を精一杯POPにしたらこうかもしれない、という部分があり、単にかわいいだけではない深さがありました。
登場人物に自覚があるヴァージョンのメタ・フィクションです。

音楽が素晴らしいです。
物語は、現実であるゲームセンターと、そこにある筐体の内側で進行するのですが、ゲーム世界では、BGMが8bitミュージック、チップチューンと呼ばれるような、ファミコンっぽいテイストになるのです。
それをベースに、エレキギターやシンセサイザー、オーケストラを重ねた、壮大なエレクトロロック調になっており、新しさとクラシカルな雰囲気、両方がありました。
かわいかっこいい。
「いかにもディズニー劇中伴奏らしい曲」も効果的に使用されています。

作中作「フィックス・イット・フェリックス」は、なんでも壊すラルフと、その妨害をかわしながらマンションを修理していく主人公フェリックス・ジュニアの戦いを描いたゲームです。
80年台から稼働している設定なので、外から見た時は、粗くてシンプルな画面ですが、(実写映画で言えば)「カメラ」がゲーム内に入った時、3Dアニメらしい滑らかな絵となるのです。
しかし、背景が、ドット絵を立体的に再現したものであったり、コマ落ちしていてまるでクレイアニメのようにぎこちなく動く人物もいたりして、レトロゲーファンには、嬉しい演出となっています。

あらすじからして、この映画全体がメタ・フィクションなのですが、さらに外側である現実、つまり私たちの居る世界に属するだろう映画観で流れる、物語前後のディズニーロゴ、蒸気船ウィリーといったお決まりの部分にまで仕掛けがあるのでお見逃しなく。

エンディングのスタッフロールが見どころです。
若物やお子さんが、見たら新鮮かもしれませんね。
リアルタイムで、あるいは、ヴァーチャルコンソール、携帯アプリ、有野課長などで80年代ゲームに触れたことがある人なら、ニヤリとすること請け合いの演出となっています。
これまた曲が良くで、体が動きそうになりますよ。
ファンサービスと、元ネタへのリスペクトが行き届いて、さすがディズニーはエンターテイメントをずっとやってきただけあるな、と感心します。

はみ出し者、悪役、欠陥品、孤独、侵食、トラウマ持ち、という一見重たくて悲しく、憎しみに満ちた話にしかならなそうな要素がいくつもあります。にも関わらず、ポジティブな力に溢れた、後味の良い映画でした。

上記のいくつかについて、「それを取り除いて、矯正して、治して」こそハッピーエンドというのが普通だとすると、本作の場合「そのまま肯定する」という魅力がありました。

ゲーム世界の住人は、ひとたび筐体にコインを入れられれば、例え、諸事情により、もう意味をなさなくなったとしても、プログラム通りの台詞「助けて!」を言います。
毎日、自分の役割をひたすら果たし、壊し、直し、戦うだけ。
これは、現実の人間と大差ないかと思います。
朝起きて、電車に乗って、会社に行き、帰って、寝るだけ。
職業上、あるいは年齢や他者との関係性から、しかるべき立場を察知し演じ続ける。
悪い事ではないですが、そんな日々に嫌気がさし、苦痛だ、空しい、飽きた、偽りだ、と感じ、変わりたいと願うのも珍しい事ではないでしょう。

お菓子の国である「シュガー・ラッシュ」は、とてもかわいらしかったですよ。キャンディーの樹、オレオの兵隊、チョコの池、喋る飴玉、箱の中にひしめく小型スナック。

既存の実在ゲームキャラクターも複数登場します。ストリートファイターシリーズからは、リュウ、ケン、ザンギエフ、春麗、ベガ、ブランカが、その他、パックマンとその敵モンスター、クッパ、ソニックなどがいますよ。
日本製ゲームネタも多いです。

ネタバレの前に、同時上映「紙ひこうき」について簡易感想を。
「無駄撃ちでも空回りでも、その時々に真剣だったのなら、いつか過去の想いが自分を最良の未来に導いてくれる」というお話なのかなと思いました。
あれって、何の書類でしょう?
完全3Dではなく、人物線画などは手書きのものを合成したと、TVで見ました。モブキャラの「生きてる」感がすごかったです。
音楽や色調もよし。

【以下、シュガー・ラッシュ本編 ネタバレあり感想】
【“ディズニー映画「シュガー・ラッシュ」感想”の続きを読む】

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2013/04/15(月) 12:17:34|
  2. 映画感想

とびだせ どうぶつの森 村長日記 2013年02月~04月

ゴムの木観察記 2012/10~2013/04

2012/10/22
最上部赤く変色。新葉の準備。
121022.jpg
同日
最下層は黄色く変色し落ちた。
121022黄

2013/02/14 
成長が早まり出した。
ゴム214

2013/02/15
一方、下層では黄化が。
ゴム215最上部ゴムの木215最下層黄色い葉


2013/02/18
このあたりから、先端の茎がはっきり赤くなることはなくなり、
ほんのり色づく程度に。

218

2013/02/28
矢継ぎ早に新葉が出来る。
矢継ぎ早に新葉228
2013/03/11
 開いた。
新葉311

2013/03/27 
折り目の付いた最新の葉が誕生。
327
2013/04/14
くしゃっとしたまま成長し、他の葉に追いつきつつある。
20130414.jpg

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/04/14(日) 07:38:42|
  2. 日記

FC2Ad