野良箱

同人漫画サークル

浅野忠信主演映画「[Focus]フォーカス」感想

[Focus] [DVD][Focus] [DVD]
(2000/10/06)
浅野忠信

商品詳細を見る

【あらすじ】
TV番組ディレクターは岩井は、盗撮マニア金村(浅野忠信)の取材をする。
一行は、偶然、拳銃受け渡しについてのやり取りを傍受してしまう。

【途中まで、ネタバレなし感想】
全編、取材班の持っているTVカメラの映像で進みます。映画を撮っているカメラマンと、作中のカメラマンは、同一人物です。本人は、一度もカメラには映らなかったと思います。
これは、P.O.V.(ポイント・オブ・ビュー)と呼ばれる主観撮影の手法だそうです。
また、ジャンルとしては、「モキュメンタリー(擬似ドキュメンタリー)」に分類されそうです。

数年前、この映画を深夜テレビで途中から見てしまったので、しばらくノンフィクション番組かと思っていました。
取材場面以外に、不自然なディレクションや、やらせをしようとしている所、取材対象とディレクターが一触即発になっている場面などが入っているので、「なぜこの部分もTVで流すんだろう」と、違和感はありましたけど、それもそのはず、映画だったのです。

画的には「とち狂った水曜どうでしょう」です。

主人公の盗聴マニア金村が、とても気持ち悪くてオタくさくて良いです。
長髪、眼鏡、と言ったいかにもなオタルックであるのはともかく、喋り方やテンションの変動、仕草が異様にリアルで、浅野さんだと気づきませんでした。
半笑いで喋る、独特の姿勢、頭ペコペコしてる、おとなしいけどキレたら何するか分からない感じ、好きな事には饒舌で上から目線、丁寧語と雑な物言いの入り混じる言葉遣い。
特に、「イラッ」と来てる時の、あともう少しで暴発しそうな雰囲気が上手いです。
金村の自宅やその周辺を撮らないと約束していたのに、ディレクター岩井は無視して少しずつその辺りに踏み込んできます。

以下、おおまかな会話内容。
金村「プライベートは撮らないっていったじゃないスか。俺、ヤですよ。こんなだったら最初からやりませんって。」

食い下がる岩井Dに対して、
金村「やぁ~~~~~~~………しつこいっすよ。」

ちょっと文字で表せない感じの半ギレ感が見事でした。

金村は、一般人の電話や様々な無線を傍受しています。
近所の女性の生活音盗聴にも成功しています。
この事について、悪びれる様子はありません。

金村「あ、盗聴器仕掛けたのは俺じゃないですよw」

おそらく、その女性の父親が、娘の部屋に盗聴器を仕掛けたのだろう、ということでした。

ここで、テレビマンの悪癖が出ます。その女性に直撃取材しようと言い出すのです。

金村は、意外と常識的でして
「その女の人は知らないわけでしょ?だったら、ショック受けちゃうじゃないですか。テレビを見てる人は面白いかもしれないけど…」
という女性擁護の立場を取るのです。
自分も盗聴しているくせに。

Dの憎らしさがまたリアルでですね。

セリフも成り行きもキャラクターもとにかく全編いい具合に胸糞わるいし後味も最悪だしで、そういう所が好きな映画です。

特に、女性が見ると不快感すごいはずです。
取材陣に一人女性がいるんですけれども、色々あって、彼女の裸体が出てきます。
その経緯もひどいです。

金村が泣く場面って何度かあるんですけれども、一度も顔が映らないのです。声だけ。
単純に、泣いている、というだけではなく、怒りと悲しみと絶望と悔しさと恨みと困惑の入り混じった叫びだったりして、すさまじい迫力があります。
そんな時、一貫して言葉遣いは荒いのですが、トーンの強弱がありまして、情けない感じの強まる時もあれば、怖さや狂気が全面に出る所も。

金村は、物語前半と後半での豹変ぶりがものすごいのですが、映画撮影スタッフも、焦ったそうです。
「浅野くんがもう大変なことになっちゃって、うわあああああああって叫んでるし。だから、『これは危ない』ってストップかけたんだよね。そしたら、浅野くんケロっとして『はい止めまーす』ってw」(オーディオコメンタリーよりうろ覚え抜粋。)
監督も騙すくらいの、ガチ発狂っぽい演技で、これは見ものですよ。

マスメディア、TV局の横暴が、誰かの人生を狂わせていく様子が描かれています。
視聴率取りたさに、人の心を踏みにじっていくとこうなる、という例です。

金村「なんで俺ばっかりこんなことに(泣)」

形勢逆転、下克上、リバーシブルと呼べそうな要素があるのですが、いくらなんでもここまでくると萌えにくいよ!というレベルです。
それと、ざまぁみろ自業自得だ、という展開には、なりそうでならないのが意地悪くて素敵だと思います。

個人的には、暫定ベスト・オブ・浅野忠信です。

【以下、ネタバレあり感想】
【“浅野忠信主演映画「[Focus]フォーカス」感想”の続きを読む】

テーマ:この映画がすごい!! - ジャンル:映画

  1. 2012/02/08(水) 15:11:27|
  2. 映画感想

映画「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか(Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb)」感想

真ん中がストレンジ・ラブ博士。
(両サイドは、他の映画に登場するキャラクター。)
老人達の愛で世界がやばい

博士の異常な愛情(1枚組) [DVD]博士の異常な愛情(1枚組) [DVD]
(2011/01/26)
ピーター・セラーズ、ジョージ・C・スコット 他

商品詳細を見る

【あらすじ】
冷戦下、ソ連は、密かに開発したデゥームズディ・デバイス(皆殺し装置)を保有している。
これは、もしもソ連に攻撃が加えられた場合、放射性物質をまき散らす爆弾を自動使用し、世界中の生物を滅亡させてしまうというものである。(放射能半減期は、93年)
ある日、アメリカ空軍の司令官ジャック・リッパー将軍が、ソ連への核攻撃命令を下した。リッパー将軍は、精神に異常をきたしてしまったのだ。
急遽、アメリカ大統領、軍高官らによる対策会議が開かれることになる。
ソ連に核が一発でも落ちたら世界滅亡。果たして、それを阻止できるのか。

【途中まで、ネタバレなし感想】
10年以上ぶりに再見しました。
記憶の中より、さらに小ネタやギャグが多く、強烈なブラックユーモアが炸裂していました。
のっぴきらない状況を描いている割に、馬鹿すぎて笑えます。

「ストレンジ・ラブ博士がブランド社に発注した」皆殺し装置は、ソ連のものではなく、アメリカが開発している同種の物であるようです。

軍事費1年分より安上がりだから、「皆殺し装置」は経済的。こんな理由で、終末カウントダウンに突入ですよ。
当時の核開発競争を揶揄した内容なんだと思います。
「皆殺し格差」という言葉からもそれがうかがえます。

博士は、「皆殺し装置」は、戦争抑止に役立たないという結論を下しています。現に、破たんしていますしね。
人為的ミスを排除した、正確で非情な装置。それは、絶対に作動させてはいけない、という点でのみ意味がある兵器なのです。
つまり、存在を知らしめなければ、その効果は発揮できないのです。
では、どうして公表しなかったのか。
ソ連大使曰く「今度の月曜集会でサプライズ発表する予定だったし、ほら、うちのトップは人を驚かせるのが好きだから」。
技術が盗まれないよう、一国で独占したかったのでしょうか。

てっきり、最初の「皆殺し装置」自体、博士の発明品だと思ってたんですけど、先に作ったのはソ連なんですね。
コンピューター制御による、絶対報復最終兵器ですので、人間の意志で「やっぱ報復やめるわぁ。」とかできないのです。「核撃ったら必ず撃ち返される」と分かっている状態で最初の一発を撃つ奴はいない、という理屈で作られているんですね。

(「皆殺し装置」に博士が一切関与していない、という証拠もない。隠された秘密兵器の存在をなぜか知っており、既に同型を発注していたり、装置とは無関係の所でも「コンピューター任せ」を好んだりと、怪しさが残る。)

ストラブ博士と同じ役者が演じている英国空軍マンドレイク大佐と、アメリカ大統領マフリーは、かなり常識人ですね。比較的マトモ、かつ、困った人達への対応が紳士的で、ユーモアも持ちあわせています。

タージドソン「たった2000万人の犠牲済むんですよ!」
大統領「それは大量殺人で、戦争ではない」 

ここ、大統領が男前でした。
タージドソンは、アメリカさえ良ければ構わない、どんどん我々の力を見せつけていこう!というキャラクターですから、むしろ「R作戦」に乗り気だったんですよね。(この時点で、まだ皆殺し装置の存在は知らなかったと思う。せっかくだから、そのままソ連を攻撃しちゃえばいい、というノリ。)

10年前は、一人3役だということに気付きませんでしたし、今見ても、別人に見えます。雰囲気が違い過ぎて。

再見して最も驚いた点、それは、ストラブ博士の出番少ない!!という事です。
「博士は殆ど全編出ていた」くらいの気持ちでいたのでしたが、シーン的には2回しか登場しません。映画の半分を過ぎたあたりでようやく、初セリフです。開始から約1時間後。
博士は、会議が始まった時から地味にいるんですけど、存在感がありません。
しかし、くわえ煙草の博士が、車椅子でバックして会議室の机からシャーっと離れる瞬間からもう目が離せません。
博士は、表情も動きもとても奇妙です。ちょっと見開いたような目、歯をむき出し口角の上がった張り付いたような笑顔。彼には、右手が勝手に上がってナチス式敬礼をしそうになる発作があります。そんな時は、必死に左手で押さえます。
それと、大統領を「総統」と呼び間違える事も数回。
博士は、元ドイツ人で、今はアメリカに帰化しているようなのですが、未だ中身はモロにドイツ人、しかもナチス的思想を持ったままらしいのです。
言う事きかない右手(黒手袋)から左手に煙草を持ちかえようと苦戦したり、右手が自分の首を絞めたり。
やることなすこと言うことすべてが、気色悪くて不気味でどうかしていて、とてもかっこ良いです。

ソ連への核攻撃命令(R作戦)が下る前の、爆撃機内はだらけ切っています。
しかし、一旦「R作戦」が発令されると、変にやる気を出してしまいます。特にテンガロンハットのコング少佐が。

このお話、女性は一人しか出てこなかったと思います。それは、タージドソン将軍の愛人です。ベッドの上で下着姿。
それ以外の女性と言えば、ポスターや雑誌の中のグラビアアイドルぐらいでしょうか。
女性は、ひたすら、男性の性的欲望対象としか描写されてなかったと思います。
これぐらい男だらけの話で、その男たちは全員女に対して馬鹿、という空気はとても好きです。
エロ要員、お飾り、景品、動機、目的としての女性キャラクター。良いですね。
紅一点の人格をほとんど無視している分、彼女のセクシーさと、ビジネス的電話応対の優秀さが、良いギャップを生んでいました。

マンドレイク大佐が、グアノに自動販売機を撃たせるシーンが好きです。公衆電話をかける小銭がなかったのです。

↓セリフ一部省略

マンドレイク「コーラの販売機を撃ってくれ、小銭を出すのだ」
グアノ「私有財産だぜ」 
マンドレイク「銃と弾はその為にある!」 
グアノ「もし大統領が出なかったら、コカ・コーラ社に訴えられるぜ!」

(「コーラ」じゃなくて、「メーカー」だったかも。)

マンドレイク大佐は、少し小心者ではあるけれど、リッパー将軍に比べたら超常識人、くらいに思ってました。が、せっぱつまってくると変な事言うんですね。そして、グアノさんのツッコミが規律・法令順守方向だったので驚きです。彼、「この緊急事態だ、細かいことは置いといて」って言いそうな見た目だったんですけど。訴訟は嫌なんですね。

ストレンジ・ラブという名前は、ドイツ名を英語に直訳したものです。
タージドソンが「変わった名前だな」みたいに反応するんですけど、ジャック・リッパーもマンドレイクもタージドソンも変ですよ。
ジャック・ザ・リッパー(切裂きジャック)、マンドレイク(=マンドラゴラ。引っこ抜くと叫んでその声を聞いたら死ぬって言われている植物。実在もする。そちらは、叫ばないけど強い幻覚作用を持つ。)から来ているんでしょうか。人名には、滅多に使われないだろう音です。

リッパー将軍は、敵からの傍受を防ぐため、敵から攻撃されないため、と、ラジオを全部回収するよう言ってました。被害妄想らしい行動ですね。

リッパー「ラジオが音楽をやっている( `_ゝ´)ムッ」
マンドレイク「ソ連の攻撃が事実ならラジオはやってませんよ(;´Д`)…爆撃機引き返し命令の暗号と、部屋の鍵はどこです!???(゚д゚)」(ドアが開かない)

↑このあたりも笑えました。マンドレイクが閉じ込められました

冒頭、「この映画に描かれるような事故は絶対に起こりえないと、合衆国空軍は保障します。」「また、ここに登場する人物はすべて架空で、実在の人物との関連は少しもない」という字幕が出るのが笑えます。
そう書かれると、逆にぁゃιぃ。

【以下、ネタバレあり感想】
【“映画「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか(Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb)」感想”の続きを読む】

テーマ:色あせない名作 - ジャンル:映画

  1. 2012/02/07(火) 22:14:08|
  2. 映画感想

大泉洋・原田知世主演 映画「しあわせのパン」感想

【あらすじ】
「水縞くん」と「りえさん」の夫婦は、東京を離れ、北海道で喫茶店「マーニ」を営んでいる。
おいしいパンと温かい飲み物、食事が、人々の心を解きほぐしていく。
季節は、夏、秋、冬、そして春へと巡る。

【途中までネタバレなし感想】
レイトショーに遅刻しまして、オープニングの前を見逃しました。
りえさんがストレスでぎりぎりになったあたりで北海道に行ったようなので、何らかの心の病になったのですかね。
時々わけもなく悲しくなるりえさんですが、そんなりえさんが空を見上げる横顔が少年少女のようにイノセントでした。

お店の2階が宿泊施設になってるんですね。

お店には個性的な常連がおり、近所には、野菜や米、肉を生産している農家がいます。
全体的に宮沢賢治・ジブリ的な、幾分童話寄りに誇張してある世界のように見えました。
あんなにあんなな農業従事者夫婦(広川さん)や郵便屋さんは、現実にはいないと思います。
月も絵本の中の月をCGで描いたような雰囲気でした。

オーガニック・スローライフ系生活情報誌に載っていそうな、服装、家具、内装、小物でした。
素朴で抑えた色合いの。
ナレーションやセリフの入れ方も、そういった雑誌のコピーや編集、記事の文体に近いものがあります。

予告を見た人から「結構、話、重そうだったよ?暗い…」と聞いていたので、某「嫁が10年間にわたってうつ病になる映画」くらいのきつさかなぁと覚悟して行きました。
結果、もっと柔らかく明るいトーンのお話でした。
部分的には、その某映画よりも重い要素があったくらいですが、なんとかなりそうな気がしていて平気でした。

泣かないようこらえていたので喉の奥が締まって痛くなりました。そういうお話です。悲しいのではなく、愛だなぁとか、人生だわ…とかそういうような漠然とした感動でそういうことになりました。

完全にふわふわした雰囲気映画なのではなく、スポットの当たるキャラクターが毎回変わる短編集、オムニバスのような作りです。それぞれの区切りで、一旦ストーリーは終わるので、ちゃんとしています。
だから、全編ほのぼの癒しまったりというわけではありません。谷や波乱がある分、カタルシスがあります。

作中登場する「月とマーニ」がどういう絵本なのか分かってないのですけれど、アバンタイトルで紹介されていたのでしょうか?

オープニングからして手フェチ向けムービーな所があります。
別に手が撮りたいわけじゃなくて、料理やパンを見せたいんでしょうけど。結果として、手の映る時間が長くなっています。

固定カメラでピタッと同じ距離を保って、たとえば、真上からとか、離れたところからとか、真正面からとか、そういう撮り方の場面が多いです。うるさくなくて良いと思います。

最初の「夏の客」が酔っぱらったり叫んだりする人なのですが、劇場で聴くと音量大きいのでご注意を。
キンキンします。声質も言動も刺さります。
少女マンガ原作の実写ドラマや、ギャルゲー的な展開をします。オタではなく完全にリア充寄りの。
この空気は、「夏」の間だけです。

【以下、ネタバレあり感想】
【“大泉洋・原田知世主演 映画「しあわせのパン」感想”の続きを読む】
  1. 2012/02/07(火) 05:36:33|
  2. 映画感想

カート・ヴォネガット・ジュニア「猫のゆりかご」感想

猫のゆりかご (ハヤカワ文庫 SF 353)猫のゆりかご (ハヤカワ文庫 SF 353)
(1979/07)
カート・ヴォネガット・ジュニア

商品詳細を見る

【あらすじ】
私の「カラース」の「ワンピーター」である「アイス・ナイン」は、原爆と同じ父を持つ、破滅の種であり、以上は、すべて「フォーマ」である。

【途中まで、ネタバレなし感想】
今、本が手元になく、結構前に読んだのでうろ覚えで感想を書きます。

この本には嘘しか書いてないので、すぐに閉じた方が賢明ですが、気になったら続きを読んでみるととても面白いです。

架空宗教「ボコノン教」が登場します。
この教団は、最初っから「嘘しか言ってない」と公表しているにも関わらず信者が集まっています。
また、嘘なのにも関わらず、変に真実味のある部分があり、物事を考える時の概念として便利です。

ボコノン教において、人種や土地や階級によらない人々のチームを「カラース」と呼びます。「カラース」には必ず核となる「ワンピーター」というものが存在します。
「ワンピーター」には、形があってもなくてもいいです。木、石、音楽、本、なんでもそれになり得るのです。
最近、ネットでいう「○○クラスタ」に近いものがありますけれど、それより、もっと本格的で運命的な繋がりであるように思います。タグの複数選択制ではないような。
カラースからは、外れる人も出てくるし、途中で加わる人もいるので、その人数・構成は、流動的です。

偶然が続くと「ひょっとしてこの人は、自分のカラースの一員なんじゃないの!?何をワンピーターとするか分からないけど!」などと考えそうになりますが、それらはすべて真っ赤な無害の嘘「フォーマ」です。

大統領(独裁者?)になったら、ボコノン教を弾圧するのがお仕事です。
宗教は、時の権力者に弾圧されなくてはならないのです。これは、他作品の架空宗教やリアル宗教に関する記述でも見かけたことあります。
必須と言うより、大統領や皇帝や朝廷らに追い詰められる方が本物っぽいし燃えますし爆発的に広まるような感じはあります。

物語は、あまり色のない主人公が、広島に原爆落としたことについてどう思うよ?みたいなことを調査し始めるところから始まります。当時の主人公はキリスト教徒でしたが、この本は、ボコノン教に改宗してから過去を振り返る形で書かれております。

原爆の父には子供が3人います。亡き母親に代わってお母さん代わりを務める長女と、当時中学生の長男、小人の3男。
3男目線でナチュラルに、「お姉ちゃんが皆を見送り、お兄ちゃんは中学へ、僕は幼稚園へ、お父さんは原爆を作りにでかけます。」というノリで書かれてます。ブラックユーモア、風刺御伽噺といった風で楽しいです。
この家族全員ちょっとおかしいです。
長女は父親を絶対視しているファザコンの気がある女性なのですが、長男が父を悪く言ったことで喧嘩になります。その時、長男がお姉さんの鳩尾を殴って、父に助けを呼ぶのですが、父は、原爆の専門家であり、人間の事は詳しくないので、何も言わずに顔を引っ込めてしまいます。
わが子が腹パンチで苦しんでいるのに無視。
お母さんのお墓は、ちょっと形状がパンクすぎるんじゃないですかね。

「アイス・ナイン」は、最初、作中ですら架空の物質という扱いでした。
でも、本当は、原爆の父が発明しちゃってました。
これは、普通の水とは違い、摂氏45.8度で凝固、凍結してしまう物質で、この種をひとたび水溜りに撒けば、水溜りは凍り、その周りの川も沼も海も地面も雨もなにもかもが凍ってしまうのです。
「アイス・ナイン」という仮名をつけた博士は、アイス・ナインの作者とは別人だったかと思います。
なのに、何故同じ名前で通ってるの…と感じましたが、このレポートを書いている主人公目線での呼び方が「アイス・ナイン」で統一されているだけ、ということでしょうか。(後ほど確認します)

主人公の周囲には、「アイス・ナイン」にまつわる人間が絡んできます。
「アイス・ナイン」を「ワンピーター」とする「カラース」ですね。
最終的に、こんなお話になるとはまったく存じませんでした。

楽器や音楽の描写がちょくちょく出てきます。信じられないような人が信じられない素晴らしい音楽を奏でるとか、レコードを聴くとか、星の音楽とか、そういうような。
レコードなどの再生機器を除いた楽器のうち、電気を用いているのは、エレキ・ギターだけですかね。(未確認)
唐突に出て来て、即、流されました。

無害な非真実=嘘が「フォーマ」なら、有害な嘘は、なんと呼べばいいのでしょうか。
この話の場合、嘘が有害になった時点で、それは、もう、真実です。

作中「ラムファード」と言う名前がちらっと出てましたけど、同作者の別作品のなんとか漏斗に入っちゃったあの方でしょうか?

【以下、ネタバレあり感想。】 
【“カート・ヴォネガット・ジュニア「猫のゆりかご」感想”の続きを読む】

テーマ:SF小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/02/06(月) 10:25:38|
  2. 読書感想文(小説)

FC2Ad