野良箱

同人漫画サークル

ソラリスの陽のもとに

ソラリスの陽のもとに (ハヤカワ文庫 SF 237)ソラリスの陽のもとに (ハヤカワ文庫 SF 237)
(1977/04)
スタニスワフ・レム

商品詳細を見る

【あらすじ】
ソラリスという惑星には海があり、それは、大きな生物だとか、意思を持っているとか言われ、人類による「ソラリス学」が形成されていた。
ソラリスの海は、機械でも建物でも、そっくり複製するという働きを持っているが、その中身や機能、動きまでは正確に再現できない事がある。
ソラリスステーションの中で、クリスは、死んだはずの元恋人ハリーと再会する。

【具体的なネタバレを避けた感想】
あらすじの時点で分かると思うので書きますが、ハリーは、人間ではありません。
その事には、クリスも早い段階で気づいています。ハリーが、昔死んだハリーではない、ということを受け入れた状態で、どうやって彼女と向き合うかというお話です。

自分達は、人類が持つ知性の最高峰として送り出された研究員なんだ、という思い上がった自意識と、その裏に隠された恥や後ろ暗い部分の対比が描かれています。

宇宙探索をし、生息可能範囲を広げ、全てを征服し、現象や場所に名前をつけて分かった気になる人類は、実はちっぽけで、無力で、宇宙に対して何の作用も持たない存在だ。探求には行き止まりがあり、ソラリスはそれを知らしめようと、人間の弱点を抉って来るのだ。―――というようなことが示唆されますが、ソラリスの海にとっては、その全てがどうでも良いことのようなのです。

研究者達の持つ「海に攻撃されている、嫌がらせされている」という感覚も、彼らが己の傲慢さを恥じることも、限界を悟ることも、全て、未知の生命に接触した人間が勝手に考えた、自問自答のようなものでした。

このお話では、物を複製し、人の記憶を読んでいるかもしれない「ソラリスの海」という特殊な設定を用いていますが、現実の自然や現象に対する人間のあり方とも大差ないと思います。
沈黙する世界に対し、哲学や宗教、心理学、科学、生物学、物理学、宇宙工学、芸術、文学を発展させてきた過程が、そのまま人類の歴史なのだと思われます。

この本の内容を引用しつつ要約すると「アンチフィールドでニュートリノを破壊せよ。」「実際にはきみはきみじゃないんだ。ぼくの一部だ。」「人間の記憶は、不定分子の不同時性結晶の上に核酸の言語で書きこまれた一種の絵なのだ。」「髭を剃らなくなったら負けフラグ。」「不完全な絶望の神の幼児体のおもちゃ。」です。・・・(゚д゚)!?

主人公達の信仰、および、物語のベースにはキリスト教があるようです。
以前、別の本でも見かけた「ロボットは原罪を持っていない」説がチラッと出てました。
そのまま流用すると、ソラリスの作り出す人間には、原罪がないということになりそうですね。
ロボットではありませんが、アダムとイブの子孫ではないという意味で。

大まかに言って、人間と非人間を分ける境界は、眠って夢を見るか、そうでないか、のようです。

ソラリスの海が作り出すものは、夢の中に出てくる人やものと似たような存在です。
夢は、見ている人の記憶から生成されています(多分)。夢に見る登場人物が何を話したとしても、ストーリーの行く末が分からないとしても、それを作り出しているのは自分の脳なのです。一見精密に見える機械でも、文字がびっしり書き込まれた本でも、実はぐちゃぐちゃで不完全だったりします。

ハリーは、クリスに罰を与えるために送り込まれた存在なのか、それとも神様からのご褒美なのか。
これは、本人の心持ち次第でしょうね。
ハリーの死は自殺でした。クリスが前日に暴言を浴びせ、荷物をまとめて出て行った事が直接原因のようで、クリスは、自分の責任だと思っている節があります。
そんなハリーを、海は送ってよこしたのです。
他の研究員にも、同様に、掘り返して欲しくない過去を表す愛人か何かが、「客人」としてやってきたようです。

人類の威信をかけて宇宙にまでやってきて、赤裸々なプライベートを暴かれるなんて、確かに恥ずかしいでしょう。しかも、相手に対して負い目のある場合は。
クリスとハリーの関係性の場合、とらえ方によっては、幸運なことだと言えそうです。
幾分癖や特徴の誇張されたハリーと、仲良く、もう一度やり直すことが可能なのです。今度は、彼女を死なせないように。
そうなったら、自分の一部である偽者の恋人と愛し合うという、非常に閉鎖的で、どん詰まりで、停滞してる、という事態になりますけど。
そこで、思考はストップしてしまい、人類の進歩だとか、宇宙の謎を解明するだとか、そういった事からは、遠ざかるでしょうね。
ハリーを常に被験体、研究対象だと扱い続けることができればいいのですが、難しそうです。

個人的に、ハリーは、旧劇場版エヴァンゲリオンで、冬月の元にやってきたユイさんみたいなものだと考えています。しかも、多分、三人目。

作品の中は、2012年現在よりも、科学力が発達していますが、音声の録音・再生はカセットテープにより行われます。通信機器と記憶媒体の未来予測は難しいようです。

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/01/06(金) 20:15:51|
  2. 読書感想文(小説)

ダグラス・アダムス「銀河ヒッチハイク・ガイド」感想

銀河ヒッチハイク・ガイド (河出文庫)銀河ヒッチハイク・ガイド (河出文庫)
(2005/09/03)
ダグラス・アダムス

商品詳細を見る

【あらすじ】
地元バイパス工事の為立ち退きを要求されていた、平凡な英国人アーサー・デントは、友人のフォード・プリーフェクトに、世界の終わりまで残り12分であることを告げられる。
フォードは、ベテルギウス出身の宇宙人で、ベストセラー「銀河ヒッチハイク・ガイド」の現地調査員だった。
地球は、銀河バイパス工事により消滅した。
デントとフォードは、ヒッチハイクをして、地球を消したヴォゴン土木建築船団の宇宙船に乗り込んだ。

【ネタバレなし感想】
シリーズものの上、作者死去により未完だそうですが、この一作だけで十分面白いです。

ジョークとユーモアだらけのブラック・コメディーで、いちいち笑えますし、哲学、宗教をおちょくりつつ、新しく笑える納得のそれらを提示しているようでもあります。
ナンセンスなはずなのに、深読みしてしまう魅力のある、数々の要素に楽しませてもらいました。

キャラクターが立っていて、特に好きなのは、宇宙大統領のゼイフォード・ビーブルブロックスです。
映画DVDの予告で、実写版をチラッと見たときは、イケメンでやたらめったらノリの良いキリスト(ともうひとつ人間じゃない顔があってキモい)だったので、そのヴィジュアルイメージのままで読みました。
元ヒッピーでプレイボーイで自己顕示欲の塊で協調性がなく、頭のネジが飛んでると言われるくらい狂っているのに、恐ろしく天才で、直感的に答えが分かりそこまでの道筋は自分でも良く分からんし、何かを見つけたいけど、それが叶ったらどうしたいかは決めてない、というようなキャラです。
こういう人は、現実で、身の回りにいたらものすごく迷惑だと思うのですが、芸能人やロックスターだったら、人気出るでしょうね。魅力あります。

大統領になる資質として、「計算づくでちゃらんぽらんをやる能力」を持つ事としています。また、大統領の仕事は、「権力を振るうのではなく、権力から目を逸らす事」であり、「お飾り」に決まっているから、「なんであんなやつが」という人がその座につくのだ、という、皮肉が書いてありました。
これは、現実の国のトップにも当てはまるジョークですが、ゼイフォードにだったら、まさに適役、かつ、彼に付いていってみたい感じはします。

ヒッチハイク・ガイドは、今でいう電子本の類です。音声も出ます。キンデル、i pad、ポケモン図鑑や、DS辞典のようなものかもしれません。
膨大な情報量があり、宇宙の酒や、星、技術、現象、生き物については記述が網羅されています。
フォードは、地球について調べていました。
その結果、以前は「無害」という情報しかなかった所、「ほとんど無害」という風に立派な改訂がなされたのでした。15年かけて。

バベル魚を耳に入れると、(複雑な過程を経て)どんな異言語でも理解できてしまいます。
ドラえもんの秘密道具でいう、「翻訳こんにゃく」のようなものですね。(機械の発信音すら、こんにゃく載せただけで日本語に聞こえるというすごい道具)
でも、「耳に魚を入れろ!!」と言われたら、「は?何言ってるの…?」ってなるでしょうね。

いくつか、人工知能やロボットの類が出てきますけれど、人間不信で被害妄想のうつ病ロボット(曰く「電子ふてくされ機」)や、やたら快活で物騒なことでもずっと明るいトーンで話かけてくるAIや、丁寧にアナウンスしつつそちらに向けて核ミサイルを発射済みだと告知する自動音声、自殺するコンピュータなど、人の持つ性格を極端に特化させたような機械らしからぬキャラクターばかりです。
マーヴィンの宇宙観を聞いてみたいですが、止めておいた方が身のためかもしれません。

突如生まれるマッコウ・クジラは、目に映った物に名前をつけている内に物語から退場してしまいます。
あんた何しに出てきたの。と思いつつ、人類もそんなものかもな、と考えさせられるキャラクターでした。

ふざけたお話ながら、伝説の星マグラシアを見つけよう!、生命宇宙その他諸々という究極の問いへの答えを探るぞ!という、ワクワクする行動動機はあります。

「君は、その仕事をしていて本当に楽しいの?」ということは、作中キャラクターが言いますが、「すごい賞を取ったから何なの?」「小さなルーチンワークに明け暮れてるけど、そんな人生で本当に良いの?」という問いについては、読者に突っ込ませる「ボケ」のような形で書いてありました。

どうも、この時期に書かれたSFというのは、機械が紙テープをカタカタと吐き出し、人類は「ホスト」によって壮大なスケールで何かをするように仕向けられ、ロボットは精神疾患になって歌い出すようです。
(歌うところは、別の小説のパロディだと思われる。この本から20年くらい前に書かれた。)

42! これ、カタログ番号だと思ったのですが、そんなことなかったです。

巨大集合コンピューターが行う計算の答えを、その端末は知り得るのでしょうか?

デザイナーさん、初登場時は、もっと神様に近い、すごい一族の末裔だと思ったのですが、最終的な印象は、会社を定年退職し、過去の栄光にしがみつく、意固地で哀れな老人でした。
それでも地球人から見たら、宇宙レベルでとんでもない人物なんですけど。

ねずみの実験、面白いですね。その発想はなかった。

アーサー・デントは、地球がなくなった事にショックを受け、その放心状態から感慨を呼び起こそうとします。その描写が笑えつつ、ちょっと共感できるから不思議です。
彼は、親兄弟や友人知人がもういないことを考えますが、なんともありません。しかし、2日前にスーパーの列で前に並んでいた赤の他人を思い出したら、胸がズキンと痛んだのです。あのスーパーも、そこにいた人ももういないのだ。と。
母国イギリスがないということは、実感できましたが、アメリカやニューヨークについては、ピンときません。
アーサーにとってのミューヨークは、元々夢物語みたいなものだったからです。
しかし、ボガードの映画が見られないと考えたら殴られたような衝撃に襲われ、さらに、マクドナルドのハンバーガーなんてものが、どこにもないのだ、と思ったら、気が遠くなったのでした。

他人や物との心の距離や優先順位は、人によって全然違うんでしょうね。家族については、近すぎて衝撃を受け止めきれなかったのかもしれません。
アメリカは遠いけど、アメリカのハンバーガーは身近だから、大ショック!というのが英国ジョークっぽくて好きです。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/01/06(金) 18:35:06|
  2. 読書感想文(小説)

2012年あけましておめでとうございます

FC2Ad