野良箱

同人漫画サークル

「Cardiacs」と「Zoot Woman」

最近は、この2曲を良く聞いています。
バンド名の前に表記した「ジャンル」は、曲を聴いたイメージで勝手に書いているので、本当は違うかもしれません。

1曲目
GunsGuns
(1999/06/21)
Cardiacs

商品詳細を見る

プログレ・ポップ・ロックバンド「Cardiacs」のアルバム「Guns」より「Wind and Rains Is Cold」。
ちょっとクラシックっぽいようななんとも言えない変拍子で、かつノレる。という不思議な曲です。
↓試聴3曲目
http://itunes.apple.com/jp/album/guns/id336779427

2曲目
シングス・アー・ホワット・ゼイ・ユースド・トゥ・ビーシングス・アー・ホワット・ゼイ・ユースド・トゥ・ビー
(2010/09/15)
ズート・ウーマン

商品詳細を見る

エレクトロ・ダンス・ロックバンド「Zoot Woman」のアルバム「Things Are What They Used to Be」より」より「Just a Friend of Mine」。
リズムが一定で聴きやすく、切ないメロディーも綺麗です。行ったことないですが、ダンスフロアとかでかかってそうです。淡々としていて明るい印象ではないのですが、どこか情熱迸る感じがします。
↓試聴1曲目
http://itunes.apple.com/jp/album/things-are-what-they-used-to-be/id327784453

テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽

  1. 2011/06/26(日) 02:15:31|
  2. 音楽

西原理恵子『この世でいちばん大事な「カネ」の話』感想

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)
(2008/12/11)
西原 理恵子

商品詳細を見る

【あらすじ】
漫画家西原理恵子による、「お金」にまつわる半生を振り返った、ノンフィクション。
6才まで住んだ漁師町は、皆が貧乏だったから、誰も自分が貧乏だと気付かなかった。お金の事で卑屈になることも、悩む事もなかった。お金は魚の匂いがした。
実の父親はアル中で、西原が3歳の時ドブにハマって死んだ。
新しいお父さんと共に、工業地区に移り住む。そこでは、どこのお母さんもイライラして怒っていた。生活のつらさにより理由もなくピリピリしているのだ。
新しいお父さんは、バクチ打ちだった。
お金がないと、生活のあらゆる場面で衝突が起こるようになる。
貧乏は、病気だ。どうあがいても治らない、不治の病だ。

ネタバレあり感想】
「人は生まれる場所を選べない。では、生まれた環境を乗り越える事はできるのか。」というのが、全体のテーマであるようです。

文体は柔らかく、母親が目の前の子供に向かって「おはなし」するような語り口調でした。

幼少期の西原さんは、新しい父親と母親の喧嘩を仲裁すべく、また、場を和ませるべく、愛玩犬のごとく「かわいい私」を演じ、「可愛がられ役」に徹していました。喧嘩が起こると率先して、父親の膝に乗ってみせるなどしていたのです。
余裕がなく大人げない大人たちの間で、与えられているらしい最善の役割を理解し、その期待に沿うようにやってみせる。それを、小学生低学年には確立していたのですね。

サイバラさんは、上手く親の喧嘩を仲裁できない時に、空想の世界に逃避しました。
それは、絵を描く事と映画を見る事です。
もともと、映画はただの逃避先に過ぎず、ご都合主義のハッピーエンドに辟易していたのですが、小四の時、オカマのリョウくんに見せてもらった「イ/ージー・/ラ/イダー」と「真/夜/中/のカ/ー/ボーイ」をきっかけに、映画が大好きになりました。
「真夜中の~」は、公開当時X指定(成人指定)だったくらい、性描写や倫理的法律的宗教的にアウトな描写が多い映画です。しかも、分かりやすい山場やアクション、誰もが理解できる爽快なラスト等、一切ありません。
そんなお話に、10歳かそこらの女の子が、リアリティを持って感激したいうのが驚きです。
当時、勉強も運動もダメで上手く喋れなかった西原さんと、オカマを理由にいじめられていたリョウくんには、居場所のない無い主人公達に、共感したのでした。

その時、「ただのつくりごと」が持つ力を知り、「誰にでも心にしっくりくる世界がある。なければ自分で作ればいい。」という価値観を持ち始めます。その頃の西原さんは、まだ、画家や漫画家になろうとはっきり決めていたわけではなかったのですが、創作の動機として、とても素晴らしい理念だと思います。

金がないことが、ここまで悲惨なものだったとは…。家も子供も放ったらかしだから、汚くてボロボロ。これは、町全体の問題です。
子供達の不良化エスカレーター。窃盗・シンナー・乱交・堕胎費カンパ…洒落にならない事態が日常茶飯事なのです。
そう成らざるを得ないのが、貧困という病気の根の深さを感じさせます。
西原さんは、そこら辺回避してます。

親から子へと続く、「貧しさ」と「さびしさ」の連鎖。
誰にでも体を許してしまう女の子は、自分に価値があるなんて思えないから、ちょっと優しくされただけですぐ寝てしまう。
この章のサブタイトルになっている「何にもなくても、認められたかった。何にもなくても、好きになってほしかった。」まさに、そんな気持ちだったんですかね、その少女達も。
そうやって18歳位で母親になった女の子達は、あっという間に、いつも怒っていて変なパーマをかけた自分の母親そっくりになってしまうわけです。
生活と金の遣り繰りで精一杯だから、子供に愛情を示している余裕なんてありません。その子らもまた、自己評価が低く、不良化して、早婚して…、という負のループに陥ってしまうんですね。

そこからの脱出は極めて困難です。

ヤンキー仲間が沢山居て、不特定多数と男女の関係を持って、物理的に他者と近づいても、心のさびしさはなくならないんですね。「ぼっち」よりも孤独なのかもしれません。

西原さんが東京の美術大学を受験するはずだった日、義父が首吊り自殺します。バクチで作った借金で首が回らなくなったので。西原さんは受験どころではありません。
ヘビィすぎる人生ですね。何人分の不幸を集めたんだと言うくらい。

予備校、そして美大入学。西原さんは、ありとあらゆる意味で、自分が他人に負けていることを知ります。画力、美貌、センスその他。
しかし、最下位だからとへこたれませんでした。別にトップを取りたいわけではないのだから、最下位なりの戦い方をしてやる、と決めたのです。
その時、こんな心構えがあったようですが、どれも普遍性ありますね。

①自分の得意な事と、限界を知る
②やりたい事、やれる事の着地点を探す
③最初から大きなハードルを設定しない

西原さんの提言する【「どうしたら夢がかなうか?」って考えると全部を諦めてしまいそうになるけど、そうじゃなくって「どうしたらそれで稼げるか?」って考えてみてごらん?そうすると、必ず、次の一手が見えてくるものなんだよ。】という考え方は、人生の分かれ道や行き止まりで、次の意思決定する時に、大変分かりやすい指標ですね。

元々センスのある人達は、大きな賞を取って黙っていても仕事が舞い込んできます。その人達にとって、絵は「商品」ではなくて「作品」なので、仕事も選り好みします。「ゲージュツ」っぽい高尚なものじゃないとやりません。
いつも芸術論を戦わせているようなプライドの高い子達が絶対に売り込みにいかない出版社、それが「エロ本」。
最下位である西原さんにとっては、それこそが狙い目だったのです。
やがて、エロ雑誌方面で仕事が貰えるようになってきます。

目標収入は月30万円。実際絵で稼げるのは月5万円。
その差を埋めるべく、西原さんは、「商品の差別化」を図ります。まるで、ビジネス書に書かれた経営学みたいですね。
実際、何をしたかと言うと、エロ雑誌に載る小話のカットに、小話へのツッコミ文字をびっしりと入れて、「他の人とはひと味違いますよアピール」をしたんですね。これが、ライターに好評で。
ゲージュツ方面の才能の無さをサービス精神でカバーして、お金を稼いでいる内、別の才能、個性を獲得していきました。

この「カットにツッコミ文字びっしり」というスタイルは、その後のイラストや漫画の仕事にも受け継がれているようです。

辛い過去を、「あそこに戻ってたまるか!」「絶対引き返さない」という前向きな力に変えました。

西原さんが映画を大好きになった時に思った「どこかに、自分にしっくりくる世界がきっとある。もし、ないとしたら、自分でつくっちゃえばいい。」というのは、そのままイコール「働く」って事みたいです。

こんな人生を歩んだなら、お金を大事に大事に遣いそうなものですよね。
ところが、西原さん、その後麻雀にハマって、トータル5千万円持ってかれるんです。えええええええ。
麻雀エッセイの取材がきっかけなんですが、自腹で賭けて、大負けしたほうが、「オイシイ」と思っちゃうんですね。
芸人の発想です。
西原さんは、義父があんな死にかたをしたにも関わらず、「なぜ自分もギャンブルにのめり込んでしまったのか」分かっていません。
そして、何が人を人でなくしたか、ギャンブルの何が父を追いやったか、知りたかったのかもしれない、という仮説を述べています。

西原さんは、義父を優しい人だと思っています。ギャンブルに負けた後に家で暴れるのは、きっと本当の義父らしさじゃない、ギャンブルが彼を狂わせたんだ、と。
ギャンブル依存症(診断名:病的賭博)は、精神疾患だということなので、その解釈で合ってるんでしょう。
自分でもギャンブルをやってみて、「これは病気なんだ」と分かったら、ちょっとだけ義父を許せるようになりました。

西原さん、別のお仕事でもFXに投資して1千万円溶かしています。金の吸い込まれる速度は、ギャンブルを遥かに上回りました。
その後、夫の戦場カメラマン鴨志田さんと、生死の狭間で生きる人やアジアの貧しい子供達を見て、ギャンブル熱が引いたと言いますが、そこまでしないと辞められないものなんですか。西原さんの場合、ギャンブルの興奮作用で歯止めが利かなくなったわけでも、稼ぎ以上につぎ込んで借金したわけでもなかったので、「依存症」までは行ってないでしょうに、そこまで強固なものなんですね。賭博の魔力って。

結婚相手の鴨志田さんもまた、アル中の父親になじられたつらい幼少期を越えて大人になったわけですが、結婚後、本人もアル中になってしまいました。
そして、憎んでいた父親と同じように、家庭内で暴言を繰り返すようになったのです。
西原さんも、かつての母親と同じように、夫の暴言を受ける日々。
子供にこれ以上怒鳴り合う光景を見せ続ければ記憶に残ってしまい、負のループは断ち切れない、と離婚します。
その後、鴨志田さんは、アル中を病気として治療し、家に戻ってきます。籍は入れない事実婚だったようです。
以下、要約「それから、鴨ちゃんが末期ガンで亡くなるまでの半年間を、当たり前に安心して食卓を囲める暖かい家族として過ごせた、だから、私たち、生まれた環境を、負のループを、脱出できたんじゃない?病院で夫を看取れたのも、子供たちにお父さんの良い記憶だけを残せたのも、私に仕事があってお金を持っていたから。(夫の収入にのみ依存していると、離婚も難しいし、医療費もかかるし。ということだと思う。)働く事は、家族の笑顔がある、幸せな我が家へと続く家路だ。」という感じで締められます。

じんわりハッピーエンドのようでもありますが、大人になってからの職業選択、ギャンブルをするか否か、誰と結婚するかは、自分の意思で決められるのにも関わらず、両親の負の部分をそっくり繰り返す大人になってしまった部分に、絶望的なものを感じました。
「人は、本当に生まれた環境をを乗り越えられるのか」という問いの答えは、西原ジュニアの成長にかかっているわけですが、そうなると、今度はお子さん達に「こうあるべき」「こうなってはいけない」というプレッシャーがのしかかるし、当人がその期待を察知した場合、西原さんが「必要以上に愛らしい子供という役割をこなしていた」のと同じになってしまいそうで、心配です。
金と仕事と家庭についての見方が、少し変わるような本でした。

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/06/25(土) 23:03:05|
  2. 読書感想文(小説)

ジョージ・A・ロメロ監督作品 映画「ゾンビ(原題(Zombie/Dawn of the Dead)」

スマイルBEST ゾンビ 米国劇場公開版 [DVD]スマイルBEST ゾンビ 米国劇場公開版 [DVD]
(2007/12/21)
不明

商品詳細を見る

【あらすじ】
全米で死者が蘇りゾンビ化、人々を襲った。殺された人間もまたゾンビになる。
TV局勤務のスティーブンと恋人のフラン、スティーブンの友人でSWAT隊員のロジャーとピーターは、4人でヘリに乗り、都市からの脱出を図る。
一行は途中にあるショッピングモールに留まるが、そこはゾンビの巣窟だった。

【途中までネタバレなし感想】
現在まで残る「ゾンビものテンプレ」の元祖という位だから、もっとチャチくて安っぽくて古臭い映画なんだろうと想像していましたが、全く違いました。ごめんなさい。
時代を感じさせない、洗練された美しい画面で、俳優陣の演技もクールでした。
モノクロではなくカラーなんですね。

全体的にシリアスで、時々入るコミカルな演出すら淡々としています。
愉快だけどくり返し聞くと不安になる、サーカスめいたBGMに乗せて、対ゾンビ特訓や、死んだゾンビ廃棄などの悪趣味かつ笑える場面が流れます。時間は短縮されて飛び飛びだったりするので、リアルタイムではありません。テンポアップされています。
それでも、通常場面から悪目立ちすることもなく、一連のものとして受け取れました。

ゾンビとの戦いや銃などによる怪我、身体の欠損などはそれほどグロテスクではありません。
が、物語後半にある生きたまま捕食される男性の図は、かなりのR-18Gでしたよ。
しかもその演出が、またスタイリッシュかつふざけてて恐ろしいのです。
猟奇は突き詰めると笑いになるようです。

ノロノロ歩くゾンビだと、「なんとか逃げ切れそう」とつい自分に置き換えてしまうので、臨場感ありますね。
どこに隠れ、どう攻撃し、どう身を守るか。体力だけではなく知能の戦いでもあります。

立て篭りの中でも、メンバーは生活します。その日常が、逆に冷や冷やしますね。
いつ、ゾンビに脅かされるか分からないつかの間の休息。
この映画中最もゾっとした場面は、この人間同士の会話にあったのです。
ゾンビよりあなたたちが怖い!ってなりました。

ものすごいイケメンのゾンビいましたよ。エキストラかもしれませんが。

【以下、ネタバレあり感想】
【“ジョージ・A・ロメロ監督作品 映画「ゾンビ(原題(Zombie/Dawn of the Dead)」”の続きを読む】

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/06/18(土) 20:14:03|
  2. 映画感想

泉 流星『僕の妻はエイリアン「高機能自閉症」との不思議な結婚生活』

僕の妻はエイリアン―「高機能自閉症」との不思議な結婚生活 (新潮文庫)僕の妻はエイリアン―「高機能自閉症」との不思議な結婚生活 (新潮文庫)
(2008/06/30)
泉 流星

商品詳細を見る

【あらすじ】
妻は、生まれ持った脳の機能が健常者とは異なるアスペルガー症候群。
知的障害はなく、言語も達者だが、物事の見方、感じ方、感情表出の仕方などに自閉症独特の障害を持っている。
夫が、そんな妻との結婚生活を綴ったノンフィクションエッセイ。

【途中までネタバレなし感想】
フランクに語りかけてくるような口調で書かれています。
文体としては、岡田/斗/司/夫さんのダイエット関連の文章に近いものがあります。
具体例は挙げられず、あくまでもイメージなのですが「アメリカ人男性の書いたコラムを日本語訳して、言い回しを若干硬くした感じ」です。
「硬い」と言っても、以前読んだ社会派ノンフィクションの類よりは、ずいぶん柔らかいです。

夫妻の名前は伏せられており、「夫」、「妻」と表記されています。
会話文で互いの名前を呼ぶ時等に用いられます。
「妻」の一人称は、通常「私」のようですが、甘えている時には、「妻」というのが主語になります。自分の名前呼びなのでしょう。

アスペルガー症候群(高機能自閉症)を扱っていますが、健常者同士のコミュニケーションにも応用できそうな事が沢山書いてあります。

自閉症の主な特徴は、社会に適応することが困難なこと、他人とのコミュニケーションに支障があること、特定の物事に強く執着し一定の習慣にこだわること、の3つだと書かれています。

以前、高機能ではない自閉症者の「社会適応プログラム」について、ドキュメンタリービデオを見たことがあります。
本作の「妻」は、人並み以上に言葉を操れますが、ドキュメンタリーに登場した男性とよく似た行動を取っていました。

「妻」は、なまじ知能に遅れがなく、言葉が話せるばかりに、ただ単に性格の悪い人、相手を馬鹿にした態度の人、雰囲気の読めない人だと思われたりします。しかし、「妻」は、悪意や無神経からそんな言動をしているのではありません。

身振り手振り声色などによる会話を「非言語コミュニケーション」と呼びますが、「妻」はその辺が欠落しています。
他人の感情や、皮肉の裏に込められた真意、人と人の関係性や距離感、凍りついた気まずい空気などが、全くわかりません。
表情が読み取れない「妻」は、自分の気持ちもうまく表せません。
怒ってるつもりがなくても、顔はムスっとし、言葉はぶっきらぼーなので、長年連れ添った夫にすら怒っているいるように見えるのです。

アスペルガー症候群の特徴は、まえがきで、「一つや二つは誰にでも心当たりがあるような事。」とされています。
空気が読めなかったり、怒っていないのに「怒ってる?」と聞かれたり、予定が狂ってイライラしたりすることなどは、大抵の人が経験しているでしょう。
しかし、「妻」の行動は、それらが全部重なり、その頻度と反復性が異常に高いのです。

他意はない「妻」と言葉の裏を読む「夫」では、しばしば行き違いが発生します。
「自分にできる仕事がない」と言う「妻」に「夫」は「近所のスーパーかコンビニでパートでもしたら?」と言います。
「妻」は、即座に「自分にはスーパーのレジなんか出来ない」と答えるのですが、それに夫が腹を立てます。

以下、引用
【僕は、ムカっときた。レジ係のどこが悪いんだよ!そういう誰にでもできる、時給の安いつまらない仕事なんか、自分にはふさわしくないからできないって言うのか?大卒で留学帰りでちょっと英語ができるからって、何ゴーマンなこと言ってるんだよ!僕は今度こそ妻の態度に頭に来た。たちまち口ゲンカになった。】

最初は、「夫、健常者だけど、ちょっと悪く取り過ぎ、深読みし過ぎでは?」と思いましたが、多分「妻」の口ぶりがそういう風だったんでしょうね。「レジなんか」の所など、いつものごとく、見下したように聞こえる口調で。
「夫」は「妻」の言葉を上記のように解釈したのですが、実際は違いました。
「妻」は、以前の職場でも度重なる失敗をし、周囲に迷惑をかけたので、「レジ係りなんていう仕事をする能力はないのでできない」というそのままの意味で言っていたのです。
「何よ!店員の仕事なんか簡単だと思って、馬鹿にしてんのはそっちでしょうが!何が『誰にできるような仕事』よ!」
表向き職業に貴賎はない、ということになっていますが、本音では、自分達技術者や他の仕事より、コンビニやスーパーの店員を下に見ている。社会の中で生きてきた夫は、そう言った「常識」「暗黙の了解」に凝り固まっていたんですね。
アスペルガーの妻と暮らすことで、自分でも知らぬ間に抱えていた差別意識などが、浮き彫りになったのではないでしょうか。
社会性のない「妻」には、人間を職業や収入や地位で判断するという発想がないのです。
どの仕事もつまらなくないしどうでもよくなんかないのです。

「妻」がアスペルガーと診断されるまでに、結婚から8年近くの月日が流れています。
現状を打破したのは、「妻」自身の探究心と行動力でした。

診断が下っても「夫」は、半信半疑です。単に、わがままで自己中心的で他人の気持ちに配慮しない性格の人が、社会に適応するための努力を怠った言い訳であって、障害や症候群なんかじゃないのではと。
この本を読んだ私が周囲にこの話をしたところ、やはり「夫」と同じような反応でした。
「なんでもかんでも、病気だ障害だって名前つけるけどさー、それは違うよね。」という呆れた感じで。

「妻」は掃除機の音や店内放送のBGMが苦手なのだけど、自閉症傾向のある人は、特定の光や音に極端に敏感で、入ってくる情報を振り払おうとしてもできないことがある、というような部分を読んで、「え、私もそうなんだけどひょっとして…。他の特徴も当てはまるし…。」と、ネット上で簡単なアスペルガー症候群診断をやってみました。結果、全然、当てはまりませんでした。

診断を受けた後の「妻」は、前よりも戦っている敵が見えている分、対処ができるようになりました。
生活の中であれこれ工夫して、社会に適応するため勉強します。所謂「コミュ障」ではない健常者が、意識せず行なっている事を。

料理が上手くて、「夫」の仕事や趣味、専門分野に興味を持ち、理解を示してくれる「妻」なんて、良い嫁じゃないですか。
ただ、その有り余る知識をうまく使って人と話すことができないというのがネックなのですが。
「妻」は、自分の考えを話す時に、「夫」の慣れ親しんだ技術用語やスポーツ用語に置き換えるなどしています。これは、「妻」なりに意思疎通を円滑にするための努力なのです。

「夫」は、「妻」が最初に精神科受診を希望した時、に「不健康だ」「薬に頼るな」という反応をしています。
これも、社会性があるからこその、一般常識と言いますか、偏見ですね。世間体というのもあるでしょう。

「妻」はやがて、ほとんど自宅に引き篭ったまま、「夫」にも信じられないような人脈を築きます。
自分には何が出来て何が出来ないか、そこを見極めた結果の粘り勝ちでした。
その辺、サクセスストーリーとしても読めそうです。

【以下、ネタバレあり感想】
【“泉 流星『僕の妻はエイリアン「高機能自閉症」との不思議な結婚生活』”の続きを読む】

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/06/17(金) 21:53:17|
  2. 読書感想文(小説)

太宰治「人間失格」

人間失格 (新潮文庫 (た-2-5))人間失格 (新潮文庫 (た-2-5))
(2006/01)
太宰 治

商品詳細を見る

【あらすじ】
食うのに困らないという意味ではなく「空腹」というものを実感できない葉蔵には「食わなければ死ぬ」というのは脅かし文句か迷信にしか思えなかった。
「めしを食う為に働く」という「人間の営みが」理解できなかった。
また、他人と「幸福」の概念が食い違っており、自分はいつも不安で狂いそうなのに、傍から見れば幸せだと思われている。
「人間が恐ろしい」「人間と何を話してよいか分からぬ」そして、葉蔵がとった最後の求愛行動は、「道化」になることだった。
必死に皆を笑わせていれば、「生活」の外にいても気にされないのではないか。そうして、身近な者から他者にまでお茶目なサーヴィスを振りまくようになった。
ある日、学校でいつものように計算通りドジを踏んで笑いを取っていた所、それが「ワザと」であることを見抜いた同級生がいた。その名を竹一という。葉蔵は「彼とは親友になるか、彼の死を願うしかない」というくらいに思いつめた。しかし、葉蔵は、「殺されたいとは何度も思ったが、殺したいと思った事は一度もない」ため、その竹一には媚を売って手なづけることにした。
そうしているうちに、竹一に「お前は、きっと、女に惚れられるぞ」と言われる。それが悪魔の予言であったことを、葉蔵は後々思い知ることになるのであった。

【途中まで、ネタバレなし感想】
前後の「はしがき」「あとがき」に、「或る青年の手記」が挟まっている形式のお話です。
その青年とは、葉蔵のことですが、手記の第一行目が
「恥の多い生涯を送ってきました」
という、インパクト大にして有名なものとなっています。

この小説は、作者の自伝に近いものらしく、名前や人間関係、時系列は前後していますが、大体、太宰にとって29歳までに起った出来事を綴ったものだそうです。
「人間失格」は雑誌連載されており、その最中に、作者の自殺体が発見されるというセンセーショナルな事件が起りました。
執筆自体は終わっており、分割掲載中でした。

上のあらすじを見ても分かるとおり、今現在、「飯を食うために働くという行為」に馴染めない人や、その「人並み生活」から外れてしまったという人は沢山います。
また、就職し、結婚し、住居を確保し、子供を作り、家族を養っているという所謂「人並み」(←これ相当ハイレベルだよね…)の会社員でも、社会を動かす為、また、自分と愛する人が生きていく為に働くということに疲れたり、疑問を抱いたり、虚しくなっている人も多いでしょう。
太宰や葉蔵は、それのもの凄い鬱バージョンらしいです。

現代の「萌え」に繋がる描写があちこちありました。
例えば葉蔵の同居先には、30歳前後のバツ一眼鏡女性(アネサ)とその妹で女学校を卒業したばかりの少女(セッちゃん)がいました。
以下、引用――――
「葉ちゃん、眼鏡をかけてごらん」
或る晩、末娘のセッちゃんが、アネサと一緒に遊びに来て、さんざん自分にお道化を演じさせた挙句の果てに、そんな事を言い出しました。
「なぜ?」
「いいから、かけてごらん、アネサの眼鏡を借りなさい」
いつでも、こんな乱暴な命令口調で言うのでした。道化師は、素直にアネサの眼鏡をかけました。とたんに、二人の娘は、笑いころげました。
「そっくり。ロイドに、そっくり」
当時、ハロルド・ロイドとかいう外国の喜劇役者が、日本で人気がありました。
自分は立って片手を挙げ、
「諸君」
と言い、
「このたび、日本のファンの皆様がたに、…」
と一場の挨拶を試み、さらに大笑いされて、それから、ロイドの映画がそのまちの劇場に来るたび毎に見に行って、ひそかに彼の表情などを研究しました。」
――――引用終わり
眼鏡萌え、強気女子萌え、など色々先取りしています。
ロイドの表情研究は、似ていると言われてまんざらでもないのかなぁと微笑ましく感じたのですが、葉蔵的にとっては、あくまでも、「ロイドのものまね」という「お道化」の精度を上げる為の努力にすぎなかったのかもしれません。

そうして、葉蔵は人を笑わせつつ、やたら、女性に弱みを見せられ、その秘密を守るという役割を負わされることになるのです。
面白いイケメンで、しかもこの人になら安心して泣きついてもいい、という相手となれば、女性もコロっと惚れてしまいますもんね。
ちなみに、女性の気性の変化やブルーな状態についての葉蔵の内面は、決して同情的でも、優しいものでもありません。

高等学校で寮に入った所は、かなり、共感できる方多いのではないでしょうか。
以下、引用――――
自分には、団体生活というものが、どうしても出来ません。それにまた、青春の感激だとか、若人の誇りだとかいう言葉は、聞いて寒気がして来て、とても、あの、ハイスクール・スピリットとかいうものには、ついて行けなかったのです。教室も寮も、ゆがめられた性慾の、はきだめみたいな気さえして、自分の完璧に近いお道化も、そこでは何の役にも立ちませんでした。
――――引用終わり

でも、そこから先の「或る画学生から、酒と煙草と淫売婦と質屋と左翼思想とを知らされました。」というのは、個人差が大きいでしょうね。
左翼思想のあたり、特に、時代を感じます。

この後、女性にさらにモテるようになってしまうのです。うっかり、プロの売春婦で修行しすぎてしまい、自然に素人女も惹き付けてしまって。
でも、この淫売婦に通い続けたのは、若さ故の有り余る性欲を発散させためではないんですよ。

以下、引用――――
自分には、淫売婦というものが、人間でも、女性でもない、白痴か狂人のように見え、そのふところの中で、自分はかえって全く安心して、ぐっすり眠る事が出来ました。みんな、哀しいくらい、実にみじんも慾というものが無いのでした。そうして、自分に、同類の親和感とでもいったようなものを覚えるのか、自分は、いつも、その淫売婦たちから、窮屈でない程度の自然の好意を示されました。何の打算もない好意、押し売りでは無い好意、二度と来ないかもしぬひとへの好意、自分には、その白痴か狂人の淫売婦たちに、マリヤの円光を現実に見た夜もあったのです。
しかし、自分は、人間への恐怖からのがれ、幽かな一夜の休養を求めるために、そこへ行き、それこそ自分と「同類」の淫売婦たちと遊んでいるうちに(以下略
――――引用終わり

葉蔵は、自分と売春婦は似ていて、売春婦はマリヤ(聖母マリアの事だと思われる。)のようでもある、と考えています。
だからと言って、売春婦≒葉蔵≒マリヤと思っているわけでもないんですよね。マリヤというからには、女性限定のイメージなのでしょう。

共産主義の会合に出席し続けたのは、マルクスに傾倒しているわけではありませんでした。
生まれつき「日陰者」だという自覚を持つ葉蔵とっては、組織が「非合法」であるという点で、居心地が良かったのです。
よほど、合法で日の当たる世界とそこに適応している人間が恐ろしかったのですね。

その後も、女と金と日陰者意識が、葉蔵の人生に大きく影響します。

【以下、ネタバレあり感想】
【“太宰治「人間失格」”の続きを読む】

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/06/17(金) 01:52:01|
  2. 読書感想文(小説)

FC2Ad