野良箱

同人漫画サークル

映画「ショーン・オブ・ザ・デッド」感想

ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]
(2011/04/27)
サイモン・ペッグ、ケイト・アシュフィールド 他

商品詳細を見る

【あらすじ】
家電量販店に勤めるショーンには、幼馴染の親友のエドがいて、いつも一緒にゲームをしたり、音楽を聴いたりしている。
ショーンの恋人リズは、彼の煮え切らない態度や、いつでもどこでもエドがくっついてきて、なかなかショーンと二人きりになれないことに苛立つ。
ショーンとリズが別れた次の日、理由は忘れたけど(人工衛星的なものがどうかなかった?)町中にゾンビがあふれ出す。
ショーンは、リズとエドと母と義父を守り、皆で生還する為のプラン(浅はかかつやたら都合のよい妄想を数パターン)を練り、皆で馴染みのパブ「ウィンチェスター」に向かう。

【途中まで、ネタバレなし感想】
普段、レンタルショップに行ってもホラーは苦手ジャンルで棚ごとさけていたのですが、機会があり見てみました。

これは、とても楽しい映画でした。ギャグだらけです。
ロメロ監督の「ゾンビ」が下敷きになっているということで、ショーン~の後に元ネタを見て、基本設定をはじめ、あちこちがパロディになってるんだという事が分かりました。

なんでもない動作を、細かくカット分けて、さも意味ありげにテンポよく効果音(短い音楽?)をつけてバン・バン・バン・バンとドアップにするという手法が何度も用いられていました。
これも、他の監督のパロなんでしょうか。(追記・・・どうやら、この監督オリジナルの編集スタイルらしい)

ショーンとエドがTVから流れて来た、ゾンビに対する対処法や、家の中に隠れて実を守る方法、「ドアはきちんとしめてバリケードを築こう」を食い入るように見つめているその奥のドアががら空きでゾンビが入ってきているのに、直前まで気付かない、など、本来ならとても恐ろしい場面なはずなのに、幼馴染二人組のアホっぷりのせいで、コメディになっていて笑えました。

また、ショーンとエドが趣味で集めている音楽レコードを武器に戦うわけですが、緊急時なのにいちいち投げていいレコードとこれは投げちゃ駄目だというものを選別していてバカでした。
とはいえ、家で聴いていても車で聴いていても「うるさい!」と言われ、何の金にもならないし、本職とも無関係で、純然たる趣味である音楽レコードが、自分の身を守り敵を打ち砕く武器になるというのは、何でもその人の肥やしになるんだなぁ、音楽という娯楽を好きでいてよかったね、と思えました。

厳格なショーンの義父には、ゾンビ騒ぎより、車中の音楽のやかましさの方が大問題で、即刻消せ!と怒ります。
論点ずれていて緊張感薄いといいますか、なんとも、結束力のないサバイバルチームです。
だからこそ、楽しくて、ホラーが苦手な人でもいけると思います。
とはいえ、若干の痛々しい場面や、血、グロテスクな表現は付き物ですから、そういったものに全く耐性がない!あらかじめそういうのだと分かってたら絶対に見ない!という人にはお勧めできません。

途中から、昔リズに振られた眼鏡男デービッドとその彼女ダイアンも合流します。
デービッドは、まだリズのことが好きならしく、ショーンとエドをあまり心よく思ってはいない、という設定らしいですが、それを知らずに見ると、常識的な事しか言ってないなぁという印象でした。少し冷たすぎる、人間味に欠ける、とも取れますが、その場面での最善策は、彼の言ったとおりだと思いました。
が、映画最後まで見たら、必ずしもデービッドの考えが正しいというわけでもなかったことに気付かされました。

クイーンの音楽に合わせて、まるで餅つきのようにゾンビをかわるがわる殴打する場面には笑いました。
この映画のハイライトの一つと言ってもいいかもしれません。
♪ハバナグッターイ ハバナグッターイ

全体的にはコメディ・ホラーなので笑って気楽に見れるのですが、人としてとても辛い選択を迫られる場面が何度もありますし、登場人物が怒りや悲しみに暮れたりもします。
友情、愛情、勇気、希望など、王道かつ大事なことも描かれています。

そして、なんとも社会派な皮肉に満ちた、妙にリアルなラストを迎えるのです。
ゾンビ映画ってこういう終わらせ方があったのか!!と驚くと共に、いじわるなアルアルって感じで大変楽しめました。苦笑いと大笑いの間くらいの、なんとも言いがたい笑いが出ました。
こんなのありかよww という。

【以下、ネタバレあり感想】
【“映画「ショーン・オブ・ザ・デッド」感想”の続きを読む】

テーマ:ゾンビ映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/04/28(木) 17:27:04|
  2. 映画感想

貴志祐介「悪の経典」感想

悪の教典 上悪の教典 上
(2010/07/29)
貴志 祐介

商品詳細を見る

悪の教典 下悪の教典 下
(2010/07/29)
貴志 祐介

商品詳細を見る

【あらすじ】
高校教師の蓮実聖司は、勉強の教え方がうまく、ユーモアもあり、甘いマスクをしたイケメンなので、生徒に人気がある。特に女子は彼を「ハスミン」と呼び、親衛隊(S.S)まである。
そんな蓮実は、教師、生徒、保護者の起こす様々な問題を鮮やかに解決していく。
一見、人間的にも教師としても優れているかに見える蓮実だったが、感受性の強い少女・片桐怜花は、彼に違和感と恐れを抱いている。
蓮実には、生まれつき、「他者への共感能力」が完全に欠落しているのである。
上・下巻通して、なんだかんだあって、たくさん人と生き物が死ぬ。

【途中まで、ネタバレなし感想】
二つのミステリ系ランキングで1位をとった作品ですが、一般的に「ミステリ」と言われてイメージするような、「事件が起こる、犯人がいる、被害者がいる、探偵役が犯人を暴く」というスタイルとは少し異なります。
確かに、犯人も被害者も探偵役もいるんですけど、9割以上ロクデモナイ奴です。善良かつ一般的な人は殆どクローズアップされません。皆、脛に傷持つものか、現行でクズばかりです。

ジャンルとしては、ミステリで合ってるんでしょうが、もう少し細かく分類すると、教育現場に対する問題提起+サイコ・ホラー+サスペンス+学園パニックものと言った雰囲気です。

蓮実の問題解決方法は、お?結構いいじゃん、というものから、それは駄目でしょ!というものまで様々ですが、一つ一つの問題は、おそらく日本中の高校でも日常的に起こっているものでしょう。
モンスターペアレント、イジメ、授業妨害、体罰、ハレンチ教師、無気力覇気なし教師、など。

教育心理学や心理療法で用いられそうな心理テストが色々出てきます。私も学校で受けたり自己分析させられたりしたことがありますが、それが実際教育現場どのように利用されているかはわかりませんでした。
この本に書いてあることも、真に受けすぎてはいけないでしょうね。診断結果の見方自体は、きっと統計的に正しいのでしょうが、蓮実は、そのデータの使用方法がかなり独特ですから。

しかし、「これなんてエロゲ?」というくらい、教師達が生徒に手を出しすぎです。性的に。

登場する女子に「BL」の概念があるんです。でも、特別オタクでも腐女子でもないようで、「ボーイズラブ」という言葉は、一般的な女子にも浸透しているのでしょうか?

猟奇表現や動物虐待、精神疾患とそれに対処するお薬の名前とか出てくるので、そういうのがNGだという人は、読むのを避けておいた方が無難かもしれません。
ただ、あまりに人が沢山死ぬもんですから、読んでて残酷だなぁと思う感覚すら麻痺してきますけど。これが、共感性を欠いた状態なんでしょうか。

蓮実と並んで主人公扱いなのは、そんなに出番多いわけではないですが、片桐怜花でしょう。
この本に出てくる様々な犯罪や陵辱、グロテスク描写より、怜花視点での暗闇を数秒間歩く場面が一番こわかったです。
怜花がつるんでる男友達は、カンニングの主犯だったり大麻を吸ってたりするような輩です。
怜花は、感受性が強く繊細な割りに、倫理や規則・法律にはそこまで厳しくないようです。多分、自分の主観的感情と価値観、直感の締める部分が大きいのでしょう。

上巻ラストの校長演説。まさに、心の底から湧き上がる本音中の本音、魂の叫びでしたね。
逆説的に勇気付けられる内容でしたが、同時に、悪趣味過ぎるジョークとして笑えました。

別の「塾や学校が舞台のミステリ・ホラー系漫画、ラノベ、ゲーム」の時も思いましたが、こんな物騒な学校通いたくないです。とはいえ、なんとなく不自然な事件が起きている、という程度では、早々転校を決断できるものでもないですし、真実に気づいたごく一部の生徒以外には、日常風景なんでしょうね。

【以下、ネタバレあり感想】
【“貴志祐介「悪の経典」感想”の続きを読む】

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/04/28(木) 00:48:03|
  2. 読書感想文(小説)

FC2Ad