野良箱

同人漫画サークル

PCゲーム「沙耶の唄」プレイ感想

沙耶の唄 Nitro The Best! Vol.2沙耶の唄 Nitro The Best! Vol.2
(2009/07/31)
Windows

商品詳細を見る

【あらすじ】
大学生の匂坂郁紀(こうさか ふみのり)は、事故の後手術により生還を果したが、後遺症で知覚障害を起こしてしまった。
彼の目には、人間は不気味な化け物に、部屋も建物も景色も、豚の贓物のようにしか映らない。
そんな中、美少女「沙耶」だけは、人間の姿に見えるのだった。

【途中まで、ネタバレなし感想】
18禁のアダルトゲームですので、性描写はがっつりあります。絵でも音声でもテキストでも。
それ以上に、グロ要素が多いです。多いというか、ほぼ全面的にグロと言っても良いでしょう。
設定上、主人公の郁紀から見た世界は、一面そんななので。
ですが、グロ耐性低い私でも平気でプレイできました。すぐに「慣れ」ました。
主人公にとっての化け物(普通の人から見たらただの人間)は、デザイン的には、メタルスレイダーグローリーに出てくるエイリアンに近いです。私は存じませんが、「クトゥルフ神話」と似たモチーフだそうです。化け物は、触手等のある粘性の強い生き物です。
(グロテスクな画像には、フィルターがかけられるそうです。本当に苦手だと言う人は、フィルターONでプレイ可能でしょう。)

悪意ではなく、善意や友情や愛情が悪いほうに転がりまくる感じが、皮肉きいてて面白かったです。

平均プレイ時間は5時間、エンディングは3つ、ということで、サクっと短時間でプレイできました。
選択肢による分岐は、2回しかありませんでした。ほぼ、一本道のサウンドノベルといった感じです。
なので、とりあえずは上の選択肢を選んでました。で、それがエンディングまで行ったら、次は下を選んでみるという。
物語を理解する上では、この順番で正解だったようです。

所謂、攻略対象、エロスなシーンのある女性キャラクターは二人となっております。
個人的には、「耕司」という、主人公の友達に萌えました。(※彼は、攻略対象でもエロ要員でもありません)

十分に、鬼畜鬱エログロゲームと言い切れる内容なのに、かえって「純愛」が際立った形で感じられます。

開幕直後からインパクト大で引き込まれました。
不明瞭でくぐもった音声、奇怪なビジュアル、文字化けしまくったテキスト、不気味なサウンド。
かろうじて、会話の内容と状況が理解できるレベルです。
これが、主人公郁紀の見ている世界なんですね。
なお、このゲーム、複数視点システムになっています。
つまり、プレイヤーは、郁紀以外のキャラクター主観も体験することが出来るのです。
最初の場面は、直後、正常な人から見聞きしたバージョンでも繰り返されます。仲の良い大学生グループによる、実に平凡な会話なんですね。

【以下、ネタバレあり感想】
【“PCゲーム「沙耶の唄」プレイ感想”の続きを読む】

テーマ:エロゲ - ジャンル:ゲーム

  1. 2011/03/31(木) 15:54:21|
  2. ゲーム

TVアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」10話ネタバレ感想感想WEB漫画

以下、まどマギ10話までのネタバレがございます。未見の方は、ご注意ください。
【“TVアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」10話ネタバレ感想感想WEB漫画”の続きを読む】

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/03/31(木) 13:37:21|
  2. WEB漫画

PSPゲーム「ダンガンロンパ希望の学園と絶望の高校生」プレイ感想

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
(2010/11/25)
Sony PSP

商品詳細を見る


【あらすじ】
様々な分野で超高校級の才能を持つ生徒だけをスカウトする「私立希望ヶ峰学園」。
そんな学園に、平凡で何の特技も無い少年、苗木誠が入学する事になる。
彼は、平均的な高校生の中から、抽選で選ばれた「超高校級の幸運」である。
はじめて学園に足を踏み入れた苗木は、視界が歪み眠り込んでしまう。
目を覚ますと学園の様子が変わっており、玄関も窓も封鎖されていた。
苗木は、他の14人の生徒と共に、学園に閉じ込められ、無期限の共同生活を送ることを要求される。
学園の外に出る条件は、他の生徒にバレないように誰かを殺すこと。
殺人が起きた一定時間後、学級裁判が開かれる。全員で話し合い、真犯人だと思う者に投票する。
犯人を当てられれば犯人だけがオシオキ(処刑)され、誤った人物を指名してしまえば犯人以外が全員オシオキ(処刑)、犯人だけが学園を出て行ける。

【おすすめ実況動画】(公式により、第一章丸ごと、プレイ動画の公開が許可されています。)


【途中まで、ネタバレなし感想】
事前に知っていた情報は、「この子気に入った、と思ったら、すぐに退場しちゃうゲーム」という口コミでした。
つまり、生徒が次々減っていくものらしい、という事しか分かっていなかったのです。

平面の立ち絵や背景を立体的に配置するという2.5D空間の表現が面白かったです。
音楽、シナリオ、システム、ストーリー、キャラクター、声、ムービーどれも良かったです。

CERO:Dで17歳以上推奨ゲームですが、絵的な意味では、血がピンクにしてあったり、オシオキ(処刑)がホラーの苦手な人でも平気なレベルに抑えてあるなどして、安全です。
シナリオと設定は、精神的にシンドイのですが、

それでもクリアできました。

ギャグ・パロ・下ネタが満載で、そのお陰で、いい具合に気が抜けリラックス、深刻な場面の中にもアホなやり取りがあって、大分救われました。笑いは大事だと再確認。

裁判のメインシステムは、キャラクターのオート会話で飛び交う文字の矛盾点を言葉の弾丸「コトダマ」で撃ち抜くというアクションです。

「サイコポップ」な世界観や、個性的過ぎるキャラクター、ネタとガチの絶妙なバランス等が相まって、かなり独特なゲームになっていると思われます。

シナリオ、セリフ、サブタイトルを通して、「絶望」と「希望」というのがキーワードになっています。
絶望という種を育てるのが希望なら、いっそ希望など抱かない方が良いのか、それとも、人間には、どんなに絶望的状況の中にも希望を見出し絶望に打ち勝つ力が備わっているのか。

キャラクターは、通常の会話時は、一部ボイスつき、学級裁判はフルボイスとなっています。
学園長モノクマの声は、大山のぶ代さんです。ドラえもんボイスで、とんでもないセリフを口走りますので、そのギャップがインパクトありました。
残酷なセリフはいかにもな悪役ボイスで言うより、のほほんとした能天気な声で言った方が破壊力あるもんですね。

学級裁判以外の場面は、一人称視点で3Dマップ上を移動しつつ、人に話しかけたり、気になる所を調べたりする、古典的な(?)アドベンチャーゲームとなっています。

全体的に音楽がすごくかっこいいです。場面にマッチしていて、いい具合に絶望感ややる気、わくわく感などを煽ってくれます。

他キャラクターとの好感度システムも導入されています。(クリアには必須でない為スキップが可能です)
各章の殺人が起きる前に、自由行動時間があるのですが、キャラクターに話しかけ、プレゼントを渡す事で親密度が上がるのです。
それにより、裁判や移動、探索にに有利な能力を手に入れられますし、メンバーのバックグラウンドを知る事ができるのです。
キャラクターについて知り得た裏設定は、「通信簿」に書き加えられていきますが、シナリオへは一切影響しません。
なぜなら、殺人の動機がキャラの個性や過去、人間関係に強く依存しているため、人だけ挿げ替えるというシナリオ分岐はかなり難しそうなのです。
通信簿を伸ばすと、キャラクターへの理解と愛着が増しますが、その反面、殺人や処刑で受けるプレイヤーの心理的ダメージが増すという諸刃の剣です。

「学級裁判」は、全ての証言と証拠が揃わないと始まりません。つまり、「殺人の起った一定時間後に開廷される」という設定ですが、制限時間はないので、焦る必要なくマイペースにプレイできます。

おおまかに言うと、良く出来たゲームでお勧めです。おもしろいです。ゲームとプレイヤーの相性については、人に寄りけり過ぎて、実際やってみないと分からない、という所だと思います。

【以下、ネタバレあり感想】
【“PSPゲーム「ダンガンロンパ希望の学園と絶望の高校生」プレイ感想”の続きを読む】

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2011/03/30(水) 22:07:51|
  2. ゲーム

映画「ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団~はばたけ、天使たち~」感想

あの子

【あらすじ】
スネ夫にラジコンロボを自慢されたのび太は、悔しくてドラえもんに巨大ロボを出してくれと頼む。
「かっこよくて大きくてビームを出せるロボットならここにいるじゃないか」とドラえもん。
のび太は、「ドラえもんみたいなのじゃなくて、もっとかっこいいロボットがいい」と駄々をこねる。それに拗ねたドラえもんは、どこでもドアで北極に行く。後を追うのび太。そこには、青い球体が転がっており、大きなロボットの部品が空から降ってきたのだった。
自宅に戻ったのび太とドラえもん。庭に次々と部品が落ちてくる。二人はそれを鏡面世界で組み立て、「ザンダクロス」と名づけた。

【途中までネタバレなし感想】
旧作が好きで何度もビデオで見返した映画のリメイクです。
新ドラの声にもすっかり慣れ、違和感はありませんでした。

巨大ロボットの作画がとてもよかったです。巨大感も動きも質感も素晴らしく、旧作とはまた違う存在感がありました。
街の描写は、リアルな都市っぽく(東京がモデル?)、民家や高速道路、高層ビル等とロボの対比が迫力ありました。
いくつか、破壊、衝撃波、戦闘描写などがあるのですが、ひたすらかっこいいです。
ストーリーはおいといても、アクション部分を見てるだけで面白いです。

キャラクターが皆善良というわけではなく、ドラえもんやのび太からして女好きで、若干腹黒く、毒舌入っていて、でも憎めなくて笑えました。
「笑い」ポイントは、旧作より多かったように思います。劇場の子供達が声を立てて笑っていました。

女性キャラが皆かわいく、ちょいエロでした。描線に強弱があるせいなのか、それとも、キャラクターデザインの関係なのか分かりませんが、肉感的で、キャラクターが元々持つフェティシズムを増幅させているようでした。
しずかちゃんとゲストヒロイン・リルルがかわいいのは勿論、のび太のママ「玉子」が魅力的でした。
ママは、何気なく、パパと熱々な様子が伺えます。(ミニトマトを箸で食べさせてあげてる)

ストーリーの流れは、大幅には改編されていないのですが、鉄人側のエピソードがかなり肉付けされています。
心情変化の説得力が増していました。
その分、いくつかのお気に入りシーンやセリフはごっそりカットされてますが、それまで詰めたらバランスおかしいですし、上映時間に収まらないので、そうするしかなかったと思います。

登場人物の表情が豊かで、昔よりディフォルメが効いているようです。
新しいひみつ道具も出てきます。コミカルなものもあり、子供達が喜んでいました。
基地やメカなど、SF的な部分の造形やエフェクトがセンス良くて本格的でした。

全体的には、笑えて、感動できて、他者を思いやる強さ、弱者を自分とは違うものと虐げる醜さを描いていて、なによりロボとアクションがかっこいい、という映画なので、子供から大人まで楽しめると思います。

【以下、ネタバレあり感想】(旧作のネタバレもあります)
【“映画「ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団~はばたけ、天使たち~」感想”の続きを読む】

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2011/03/13(日) 21:44:23|
  2. 映画感想

版権

飛び出すブログ絵

ゲーム器本体は、実写の写真です。今年から、この子一人に絞りました。それまで三股しておりました。
  1. 2011/03/10(木) 03:32:40|
  2. カラーイラスト

FC2Ad