野良箱

同人漫画サークル

映画「相棒-劇場版Ⅱ-警視庁占拠!特命係の一番長い夜」感想

相棒 劇場版II オリジナル・サウンドトラック相棒 劇場版II オリジナル・サウンドトラック
(2010/12/22)
池頼広、水谷豊 他

商品詳細を見る

【あらすじ】
警視庁で、部長幹部12人を人質にした篭城事件が発生する。
犯人である元警視庁所属の刑事・八重樫哲也の要求は不明である。
その直前、八重樫の手から女性警視庁職員・朝比奈圭子を救った神戸尊は、杉下右京に報告、事件を察知するが、中園参事官が指揮を執る(?)捜査本部は、強行突入を決行することに。
突入には反対する右京だったが…。

【途中までネタバレなし感想】
上層部が皆人質になってしまうので、てるお(中園参事官)が実質トップになってしまいます。
てるおの肩にのしかかる重圧!浮ついてろくに実のある活躍のできないてるお、上司と部下に対して態度を変えるてるおがコミカルで笑えました。

最初の方の場面も、後から思えば、全く違うものとして受け取れるのですから面白いです。
思い込みや先入観というのは、真実を捻じ曲げます。

神戸くんと大河内監察官(ラムネの人)は、序盤から対のように描かれています。ある時は親しく行動を共にし、ある時は意見の相違からぶつかりあいます。

予告を見た時点では、この篭城事件を上映時間いっぱいまでやり、特命係が解決しておしまいなのかと予想していましたが、違いました。かなり早く立てこもり場面が終了するので驚きました。
しかし、物語は、むしろ事件後から始まるのです。
犯人の動機は不明ですし、人質幹部達の言動もどこか不自然です。
この件には大きな裏がある…そう感じはするものの、最初は何がなにやら想像できませんでした。

正義と悪、被害者と加害者というのは、単純な対立項としては説明しきれない、そんなお話でした。
一人の人間がその両方を行き来することは当たり前に起こります。また、一つの事象をどの視点から見るかで立場は変化するのです。

右京さんのアクティブな動きが面白かわいかったです。
一見クールですましている神戸くんですが、内面の熱さが表出する場面もあり、彼なりの信念を感じます。

さりげない伏線の回収が上手でした。
真犯人探しのミステリーとしてよく出来ていますし、人間ドラマとしても丁寧なつくりです。
トリックや、いくつかの嘘も面白かったです。

篭城事件に関連したとあるデータファイルが警視庁、警察庁全体に関わる鍵になります。
その中には何が入っているのか、観客には途中まで分からないようになっています。それを知った所で、どう使うのかも予想外でした。
各人の思惑も、キーアイテムの持つ意味も、二重三重に絡み合う構造で、それでいて順番に解きほぐされていくのでさほど混乱しないで済みました。

巨大権力の闇を暴くことはできるのか。

あまりにネタバレ厳禁なお話過ぎて、劇場ホールを出たら一言も話せないという状態でした。ロビーにまだ見てない人が次の回を待ってますから。

この映画は、単体作品としてまとまってますので、普段のTVドラマ版や劇場版第一弾を未見の方でもお楽しみいただける内容かと思います。

カメラを通した色合いと言いますか、照明、撮り方などがいい具合にシックで適度な重厚感がありました。
爆破も火力抜群で本格的です。

【以下、ネタバレあり感想】
【“映画「相棒-劇場版Ⅱ-警視庁占拠!特命係の一番長い夜」感想”の続きを読む】

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/01/16(日) 02:21:41|
  2. 映画感想

2011年明けましておめでとうございます

2011年賀絵

昨年見に来てくださった方ありがとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

テーマ:自作イラスト - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/01/01(土) 00:00:01|
  2. カラーイラスト

FC2Ad