野良箱

同人漫画サークル

映画「真夜中のカウボーイ(真夜中のカーボーイ)」感想

真夜中のカウボーイ [DVD]真夜中のカウボーイ [DVD]
(2007/01/26)
ダスティン・ホフマンジョン・ボイド

商品詳細を見る

【あらすじ】
ジョーは、色々とトラウマのあるらしい地元テキサスからニューヨークに出て、体一つで稼ごうとする。女性相手の男娼、ジゴロになる気なのである。彼は、いつもカウボーイの服装をしてラジオを聞いている。
ジョーは、ラッツォ(ネズ公)という脚の悪いホームレスの男に売春を斡旋してもらうが、相手は男な上に宗教どっぷりだったので逃げた。ラッツォに騙された!と怒るがなんだかんだでラッツォと同居生活を送ることになる。
ラッツォは、ジョーの仕事がうまくいくようサポートする。

【途中まで、ネタバレなし感想】
ホモ・セクシャルと熟女と狂信者だけで9割構成されているような映画でした。
公開当時は成人指定だったというだけあり、全編ちょくちょく性描写がありますので、家族や友達と一緒に見ると気まずいかもしれません。

突然過去シーンが挿入されるので、最初なんだか分からなかったのですが、ジョーのトラウマは、幼少期に自身の祖母に性的虐待をされていた、美人の彼女を集団Go!KANされた上精神病院送りにされて、自身もレイポされた、父親か牧師みたいな熱心すぎるキリスト教徒に(恐らく洗礼だろうけど)川に沈められた、などがあるようでした。

おばあちゃんにいたずらされていた割に年上の女性に対する嫌悪はなく、どちらかというと熟女好きに見えました。
おばさんばかり狙うのは、金持ちそうだからだとは思うんですけど、てっきり自分のばあちゃんで目覚めて熟女マニアになったのかと。

主人公のジョーは、カウボーイの衣装を着ていることで、より、「田舎から出てきたてのオノボリさん」という雰囲気が強くなっていました。今時、大きな街で、そんな格好している人なんて他にいないのです。

自称「リコ」のラッツォが怪しくてかわいかったです。背が低いのは、役者さんが本当にそうなんですかね。キャラクターに合ってました。
決して性格は良くない、むしろ悪いのですが、魅力的ですね。
車に轢かれそうになったのは自分が悪いのに、運転手に罵声を浴びせて車のフロントをバンバン叩いたり、何かにつけて「俺は脚が悪いんだぞ!」と強調したり、デモ活動している人をヤジったり。
ラッツォは、詐欺師的な位置で結構稼いでるのかと思っていましたが、実際は廃墟に住みつく無職で金がありません。
その上、病気でいつも咳き込んでいます。
ラッツォが孤独だったのは、その奇妙な容貌やハンディキャップによるところが大きいようです。人格歪んでますし。

ジョーもずっと孤独だったようです。
ラッツォの紹介で相手させられそうになったキリスト大好き過ぎおじさんにも看破されてました、孤独だと。
おじさんは、誰にでもそう言っているのかもしれませんが、ジョーにとっては図星だったのだと思います。

ジョーは、心の傷を与えてきた対象に拒否感と愛着両方を持っているようです。
キリスト教についてはどう思っているんでしょうか。全面的に嫌悪と恐怖だけってこともなさそうなんですけど。
最初、ニューヨークに向かうバスの中で聞いていたラジオから、かなり狂信的な番組が流れてたんですけど、その時、ジョーはどういう顔して聞いてましたっけ。

【以下、ネタバレあり感想】
【“映画「真夜中のカウボーイ(真夜中のカーボーイ)」感想”の続きを読む】

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/05/08(土) 10:51:16|
  2. 映画感想

FC2Ad