野良箱

同人漫画サークル

23万ヒットありがとうございました

初めてお越しいただいた方も、ブクマしてくださっている方も、訪問ありがとうございました。
これからも当ブログをよろしくお願いいたします。
少女型球体関節人形注意 女の子 黒髪

以前、うpした球体関節人形ちゃんに服着せました。
  1. 2010/02/24(水) 09:20:49|
  2. カラーイラスト

映画「涼宮ハルヒの消失」感想

劇場版 涼宮ハルヒの消失 オリジナルサウンドトラック劇場版 涼宮ハルヒの消失 オリジナルサウンドトラック
(2010/01/27)
サントラエミネンス交響楽団合唱団

商品詳細を見る

【あらすじ】
キョン、涼宮ハルヒ、長門有希、古泉一樹、朝比奈みくるの5人からなるSOS団は、クリスマスに向けて準備を始めていた。
いつもの日常を送る皆であったが、ある日を境に世界が一変してしまった。
キョンが朝登校すると、昨日まで元気だったはずの友人谷口をはじめ、多くのクラスメイトがカゼをひいていた。
しかもカゼは一週間前から流行っていたのだという。
さらに、後ろの席にいたはずの涼宮ハルヒがおらず、かわりにここにはいないはずの朝倉涼子がいた。
周囲の人々は、誰もハルヒを知らないという。
奇妙なことに、みくるも鶴屋さんもキョンを知らず、古泉に至ってはクラスごと消滅していた。
一体どうなっているのか。SOS団の部室に足を運ぶキョン。そこには、窓辺に座って本を読む長門の姿があった。しかも長門はキョンを知っているという。
安堵するキョンだったが、どうも様子がおかしい。
長門は眼鏡をかけていて、しかも、普段の長門ならまずしないであろうしぐさや表情を見せるのだ。

【途中までネタバレなし感想】
映画「涼宮ハルヒの消失」見てきました。

ハルヒシリーズの原作小説は、発刊分全て既読です。
その中でも一番好きなのがこの「消失」でした。

ミステリアスでハラハラするストーリー、キャラの魅力、意外な結末と大変面白かったので。

私、アニメの第二期って見ていないんですが、同じような話を8回も放送したエンドレイスエイトは話題になりましたね。あまり良くない意味で。
エンドレイスエイトにうんざりしたはずの人が、消失を見終わってから、改めてエンドレエスエイトを含むTVシリーズを全話見返そうという気になったという話を聞きました。

消失に登場する眼鏡をかけた長門は、「アナザー長門」とか「消失長門」と呼ばれています。
小説を読んだ時点では、私は消失長門より、第一話から登場しているノーマル長門の方が好きだなぁと思っていました。
が!アニメになって動く消失長門の破壊力は相当なものでした。
耳を真っ赤にしたり、恥らうように微笑んだりと、いちいちかわいすぎるのです。

自分はキョンでもないのに、無性にハルヒに会いたくなる映画でした。
わがままで突飛でやりたい放題で自信過剰なハルヒ。
いなくなるとこんなに寂しいなんて。

作画レベルや演出は常に高水準でした。アニメ制作の知識ってまるでないんですけど。

キョンが首に巻いたマフラーや、消失長門の膝掛け(毛布)の扱いが細かかったです。

【以下、ネタバレあり感想】
【“映画「涼宮ハルヒの消失」感想”の続きを読む】
  1. 2010/02/18(木) 22:37:52|
  2. 映画感想

映画ゴールデンスランバー感想(途中からネタバレあり)

ゴールデンスランバー~オリジナルサウンドトラック~ゴールデンスランバー~オリジナルサウンドトラック~
(2010/01/27)
斉藤和義

商品詳細を見る

【あらすじ】
仙台でパレード中の総理大臣がラジコンヘリ搭載の爆弾で暗殺された。
その時、青柳は、旧友森田に釣りに行くと誘われ、現場近くにいた。
全く身に覚えがないのに首相暗殺犯と断定されてしまった青柳。
次々と現れる証拠。
青柳は、巨大な陰謀から逃げ切れるのか。

【途中まで、ネタバレなし】
原作既読で好きな作品なので、ぜひ見たかった映画です。
一月ほど前に入手したパンフレットでは、もう大分先のストーリーまで明かしてあったので、バラしすぎじゃないかと心配でしたが、この作品の肝になるような伏線や名台詞は全て伏せてあったことに後で気づきました。

原作小説版の感想はこちらのエントリーで

原作では、確かキャラクター視点が切り替わって、かつ、現在と20年後とその他の時系列が入り乱れた4部構成かなんかでした。
映画では、素直な時系列で(多少前後するけど)臨場感がありつつ見やすく作られていました。

大変面白かったです。何度も涙が出ました。次にくるセリフも展開も知っているのに泣けました。知っていたからこそなのかもしれません。
それと笑いどころもたくさんでした。
青柳というか主演の堺雅人さんの、「笑いながらツッコミ」がよかったです。
「なんで○○?ww」っていう。
これらのツッコミは笑えると同時に泣けたりもしました。

電車が40分遅延したため、劇場に入った時にはもうタイトルが表示されてました。
その前には何が映っていたのでしょうか。
アバンタイトルって結構重要なシーンが流れたりするものだと思うのですが。
(追記:脚本読んだ所、エレベーターでキルオの噂をするシーンだったらしいですね。)

青柳の元カノ、樋口晴子役は、竹内結子さんでした。学生時代のシーンは髪型が違うのですが、本当に若い女の子に見えました。

原作でははっきり名前が出ていませんでしたが、ゲーム「シーマン」が登場してました。
やっぱり、あれってシーマンだったんだ。と嬉しくなりました。

大統領じゃなくて総理大臣になってましたっけ。小説版より現実に近そうです。
漫画みたいだと思っていたキルオと小鳩沢ですが、映画だと割りと普通に見られました。
キルオ役の人は、つい最近見た映画では主役でした。すごく小っちゃく見えるんですけど、身長どのくらいなんですかね。
「バクマン。」という漫画に出てくるキャラクター「新妻エイジ」みたいな髪型をしていました。
キルオの指名手配書は、青柳が最初に逃げたシーンでも映ったような気がします。

愛や友情や絆というのは、言葉にすると安っぽくてうそ臭いんですけど、本当にあるんだなぁと思えました。
別にはっきりとそういう単語は出てこないのに、それらを感じさせる、それでいて、エンターテイメント性に満ちたお話でした。

帰りたい青春というのがあるのはうらやましいですが、そういうものがあると切なくなったり、そこへの戻れなさに絶望したりすることもありそうです。

青柳、いつまで釣り人ルックなんだ…wって気になってました。

ワンセグテレビを見るためにPSP(?)が活躍してました。

原作未読の方にもお勧めの映画です。

【以下、ネタバレあり感想】
【“映画ゴールデンスランバー感想(途中からネタバレあり)”の続きを読む】

テーマ:見た映画の感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/02/16(火) 20:55:08|
  2. 映画感想

COMITIA91(コミティア91)参加レポート

2009/02/14(日)に東京ビッグサイトで開催された、創作オンリー同人即売会コミティア91にサークル参加してきました。

去年の8月ティアは、委託参加でしたし、11月のティアは申し込んでもいませんでした。
なので、今回は、5月ティア以来3回ぶりの直接参加でした。
コミティアで売り子一人体制は、はじめてだったかもしれません。

自分のスペースを写真撮影したのですが、デジカメ専用取り込みソフトが見つからないので、画像はUPできません。

【台車、散る】
冬コミで活躍した台車をコミティアでも使おうと、あらかじめ東京のホテルに送っておきました。
しかし、届いた台車はすでに破損、車輪が取れて使い物にならなかったのです。
残念ですが、ホテルで引き取ってもらい粗大ごみにしてもらいました。
宅配便に頼む時、「コワレモノ」の指定をしておかなかったばかりに。

【開場】
サークル入場30分ほど前に開場入り口に到着しました。
サークルチケットはあらかじめ切り離して置かないと、スムーズな入場ができませんのでご注意ください。
私は、ホテルで切り離して、肩掛け鞄の一番取りやすいポケットに入れておきました。

【設営】
台車なしで、在庫およびディスプレイ用品の入った箱2つを自スペースまで運べるか心配でしたが、幸い自陣のすぐ隣が荷物置き場だったため、一つずつ手で持って運び込むことができました。
直近のイベントでは2~3回くらい、Xenさんに貰ったキノコ柄の敷物を使っていましたが、今回は、ひまわり柄の布を敷きました。(100均で買ったテーブルクロスだと思う)

布は、机の半分の幅、床に付かない程度の大きさにたたみ、裏をガムテープでとめました。
その上にポスタースタンド二本と棚(100均で買った食器整理用)を置き、ガムテープで固定しました。

本は、最新刊を前面中央に、冬コミ新刊をその両サイドに並べ、既刊は奥(スペース内側から見て手前)に並べました。
棚が余ったので、前面に並べ切れなかった在庫置き場にしました。その際、裏表紙を上にしました。表紙と違う絵も見ていただこうと。
2列並んだうちの1列に、ペーパーを重ねて置きました。
ペーパーは、自宅で印刷したりコンビニでコピーしたりして作りましたが、折ったのは会場内です。

ポスターは、A3のものを3枚用意しました。
1枚は机前方に向かったポスター立てへ、1枚は机側面へ向けたポスター立てへ(今回は、横が通路だった)、1枚は机前面に垂らすように敷物に貼りました。

値札は、Xen作のものを使用しました。
「新刊」札の他に「'09冬コミ新刊」という札も作っていただきました。
在庫には、冬コミ時の値札が貼られたまま会場に送りました。
が、値札つきの既刊2種を荷物に入れ忘れたのです。

急遽、細い付箋にボールペンで「600」「1000」と書いて貼りました。
そのかっこよさショボさを画像でお見せできないのが残念です。

つり銭入れと売り上げ冊数の記録用紙を用意して設営終わりです。

【巡回受付】
受付では、登録カードと見本誌の提出を行います。
他のイベントで既に販売した本でも、コミティアで初売りなら見本誌シールを貼って提出します。
今回は、冬コミ新刊とティア新刊あわせて5冊出しました。
何の問題もなくすんなりクリアできました。

【一般入場開始】
先頭の彼らは、サークル入場時間より前から並んでいます。

皆様、壁や大手さんを目指すので、誰も立ち止まりません。
目の前を過ぎ行く大群を見送っておりました。

はじめて本を買っていただいたのは、開始11分後でした。
思ったより早いタイム。ありがとうございました。

新刊シールの威力というのはありますね。
冬コミ新刊というのは、本来なら既刊なんでしょうけど、まず目に飛び込むのは新刊の文字ですから、全くシールが付いていないより手に取ってもらえる率が高いみたいです。
それと、表紙がポスターの絵柄になっているという作品は、まず手に取るという方が多かったです。

【買い物】
開始30分後に買い物に行きました。
友達に頼まれたおつかいの道すがら、自分で読みたいと思った本2冊を買いました。
どちらもプロ作家さんの作品で、両方とも主人公が眼鏡でした。

【正】
売り上げ冊数は、オーソドックスですが、「正」の字を書いてカウントしました。

【差し入れ】
食べ物など差し入れくださった方ありがとうございました!
売り子中、飴をいただきました。おいしかったです。
本を買った際にチョコを2個いただきました。
バレンタインデー開催ですからね。
DECOチョコ配ってるサークルさんもあったみたいです。
チョコ配りは、赤ブーブー系だと禁止らしいですね。

【ご挨拶】
今回は、自分からはあいさつ回りにいかなかったのですが、何人か来てくださりありがたかったです。
お話できてとても楽しかったです。
私も参加させていただいた百合合同誌、とても良い本でした。
百合や愛や恋や性というものの概念が一変するような個性的な作品が集まってました。

【スケブ】
スケブというかケント紙にオリジナルキャラクターを描かせてただきました。
シャーペンとシャーペンに付いた消しゴムで作画しました。
その後、シャーペンの芯が切れました。ギリギリでした。

【ラストスパート】
閉会までスペース出してました。最後の30分くらいで人が増えたような気がします。
一般参加者さんは、まず、人気サークル、知人のサークル、チェックしたサークルを回ると思います。
その後、あてもなく会場を流す人もいるようです。それと、サークル参加者が買い手に回ったというのもあるかもしれません。
知名度もなく、注目もされず、一般参加者にとっての優先度も高くない、とお嘆きのサークルは、最後まで残るといいことあると思いますよ。
閉会の拍手中、5冊売れました。(5種を1冊ずつ)
あわてていたため、値札つきの本がまざっていたり、1種が2冊重なっていたりしましたが、ありがたいことにちゃんと指摘していただき事なきを得ました。

【無料配布物】
ペーパーは、持ち込み分配りきりました。
また、お買い上げの方に差し上げた「ポストカード2種」と「紙袋」もなくなりました。

【代表】
コミティア代表者(だと思う…)がよく働いてらっしゃいました。物を運んだり。
スタッフの皆さんもお疲れ様でした。

【呼び込み】
コミティアは、過度な呼び込みはご遠慮してねルールだったと思いますが、呼び込みさんいらっしゃいました。

【おしゃれさん】
シルバーアクセサリーをした男性が多かったように感じました。指輪とか、チェーンとか。

【営業】
いくつか名刺いただきました。こちらは名刺持ってないのでお返しできませんでしたが。
直接的な漫画仕事へのお誘いというわけではありませんでした。
書店委託するかもしれません。審査が通れば良いのですが。


【すれ違い通信】
「レイトン教授のロンドンライフ」ですれ違い通信状態にしておいたら、3人とすれ違えてました。
私は、「ホームズの服」をプレゼントにしていました。
お三方からは、食べ物とぬいぐるみをいただきました。ありがとうございます。今回はまとも!
前回冬コミ時には、「サカナモドキ」を貰いましたからね。釣り上げると「ハッピー」が下がるというありがたくない魚です。
すれ違ったばかりの人ってフレンドパークにいるんですね。知りませんでした。
フレンドパークに3人いて、うち2人がいちごの着ぐるみ姿でした。アバターの格好が反映されるみたいですね。
ということは、向こうのパークには、私のアバターがいたんですね。
通信時の服装は、王冠、黒ぶちめがね、プリンセスな手袋、釣り人の服、釣り人の靴、釣り人のズボンでした。
チグハグ。
釣りのおつかいイベント中だったので釣り人の格好だったのです。
普段は、全身お姫様コーディネイトなんですよ。でも、メガネははずせません。これがないと、自分のアバターって感じがしないんですよ。

【アンケート】
売り上げ冊数や満足度以外の項目は、昼過ぎくらいには記入を終えていました。
会場から出る時に提出しました。もう、アンケートBOXをしまうところでした。

【撤収】
今回、一人で売り子をしたため、いつもより時間がかかりました。過去最長です。
棚が箱に入らなかったので、旅行用鞄に入れました。
15:30に閉会して、荷物を送り終わったのが16:21でした。
開会前2箱だった荷物は1箱になりました。冊数的には半分も売れなかったので在庫あまりまくりです。
宅配便待ちの列は長く伸び、会場の端などで2回折れていました。
台車なしでこの距離、この時間を!?と思いましたが、旅行用鞄(カート付き)を斜めにし、伸ばした持ち手に箱を縦置き、手を添えつつ腹肉を駆使して角度をキープ、これでなんとか運ぶことができました。
が、車輪は蛇行するし、持ち手はグラグラするしで危険な香りでした。
想定以上の負荷がかかったんでしょう。危うく、台車に引き続き旅行用鞄まで壊すところでした。
今後は、やっぱり荷物運びは台車でやろうと思います。
箱を床に置いて脚で蹴るのも、けっこうメジャーな運搬方法みたいですね。
足首捻挫しそうです。

並んでいる間に、会場内の机がどんどん積み重ねられていきました。椅子も集められていきます。
そして、後ろ向きに長いトラックが2台入ってきて、積み込んでいきました。
ビッグサイト会場の中程までトラックが入ってくる光景なんて初めて見ました。

【ゴミ】
たしか、初参加時に気づいたことなんですが、ゴミ袋は必要です。
なのに忘れました。ちなみに冬コミの時も忘れたと思います。同じ過ちを何度繰り返せば…!
意外とゴミって出るんですよ。段ボールをあけた時の梱包材やらなんやら。
冬コミ時も今回も、空いたダンボール箱をゴミ箱代わりにして事なきを得ました。
自分でゴミ捨て場に持っていこうと思ってたんですが、スタッフさん(撤収手伝いの参加者さんかも)が、「それゴミ?」って言って持っていってくれました。
ありがとうございました!

【新刊】
最新刊「暗闇平均台」は、現物を見るのが当日でした。とてもきれいな印刷でした。ありがとうございます、印刷屋さん。
表紙が黒いので、指紋がベタベタつきます。

最初の6回くらいは、普通に読めていたのですが、それ以降読みづらさを感じる箇所が出てきました。
目をどう動かしてよいのか分かりにくいページがあったのです。
帰宅するなりコミスタ立ち上げて、吹き出しの位置を変えたバージョンも作成してみました。
多分、こちらの方が読みやすい…迫力ダウンの感もあるけれど、少なくとも必要な情報は伝わりやすいのでは…ということで、修正版を公開しています。
「暗闇平均台」をお持ちの方は、こちらのエントリーにも目を通していただけると幸いです。
【バグ】「暗闇平均台」お持ちの方へ【修正パッチ】
その後どうされるかは、お任せします。

【おわり】
直接参加はとてもよいものですね。(金がかかること以外は…印刷費や参加費はまだいい。問題は、交通費と宿泊費だ)
目の前で自分の漫画を読まれたり買われたりする実感がありますし、お知り合いとお話するのがとても楽しいですし。
もっとゆっくり色んな本が読みたいです。
見本誌読書会行きたいです。たくさん読んで、レビューしまくりたいです。でも、遠すぎる…!
  1. 2010/02/15(月) 15:12:02|
  2. 同人誌・オフライン

2月コミティア(COMITIA91)にサークル参加します

コミティア91 
【日時】2010年02月14日(日曜日)11:00~15:30
【場所】有明・東京ビッグサイト 東4ホール 

【サークル名】野良箱
【スペースNo.】き18a
【配置図】
コミティア91配置図詳細 創作オンリー同人即売会


【ジャンル】その他
【参加形態】直接参加
【売り子】舵木野良

【頒布物】(表現形態は、すべて「漫画」)
《新刊》1種
暗闇表紙縮小
「暗闇平均台」300円 
A5/28P/オンデマンド印刷/フルカラー表紙
泣き続ける男と女子中学生が、暗闇の中、平均台の上を歩き続ける漫画
《'09冬コミ新刊》3種
ウザめが表紙ブログ用
「ウザ男と眼鏡」300円 
A5/28P/オンデマンド印刷/フルカラー表紙
男子高校生二人がどうでもいい会話をするショートショートギャグ漫画
パペット表紙ブログ用
「パペット浄瑠璃」200円 
A5/20P/オンデマンド印刷/フルカラー表紙
黒子を引き連れた少年と腹話術人形を操る少女の傀儡4コマギャグ
再録表紙ブログ用
「再録短編集 野良箱2008-2009」1000円 
A5/172P/オンデマンド印刷/フルカラー表紙
以前コミティアで発行した同人誌の再録本
読みきり漫画「スパルタな姪と二人の叔父」「幸福の沸点」「ワンデイ使い捨て」「虐待専用ウサギ」「GUN MeDICINe」「報われない子供」を収録
《既刊》2種
野良猫技師
「野良猫技師」1000円
B5/134P/オフセット印刷/フルカラー表紙
読みきり短編漫画6本収録
少年・青年向け
アイロス
「アイロス・ブラントの学園生活」600円
B5/64P/オンデマンド印刷/フルカラー表紙
学園ファンタジー漫画1本収録
【装丁・デザイン協力】
「野良箱」発行物の装丁・表紙デザインは、全て「NHKD the Manufacture」のXenkichiさんにお願いしてます。

テーマ:同人活動 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/02/14(日) 18:41:12|
  2. 同人誌・オフライン

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」感想

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]
(2008/01/25)
濱田岳瑛太

商品詳細を見る

【あらすじ】
大学入学のため引っ越してきたばかりの椎名は、河崎という男に誘われて本屋を襲撃することになる。
河崎は、隣の隣の部屋に住んでいるブータン人ドルジのために、広辞苑を盗むのだという。
椎名は、本屋裏口でモデルガンを構え、ボブ・ディランを一回歌うごとにドアを蹴る様に命じられる。

【途中まで、ネタバレなし感想】
原作既読です。

原作小説の感想はこちら

話の組立ても映像上の演出もとてもよかったです。

この話には、椎名が引っ越して来てからの現代パートと、河崎、ブータン人のドルジ、ドルジの恋人琴美の物語である過去パートがあります。
見てても混乱しないつくりになっておりよかったです。

ブータン人独特の死生観、風習がよく出てきて、全体に流れていました。

動物虐待と外国人差別という要素もあります。が、別に説教くさくありません。
麗子さんじゃありませんが、「助けられる人は助けたい」という心境になるのも分かるエピソードでした。
自分は外国人差別なんてしてないぞ!というつもりでしたが、意外とそうじゃないかも…と思わされました。
椎名は、比較的外国人に理解があるように描かれていましたが、それでも、バス停で困り、周りの乗客や運転手に疎まれている外国人の為に、具体的には何もできませんでした。

ガイジン という言葉を蔑称ととる外国人が多いというのはよく聞きます。日本人からすると、単なる省略語だと思うのですが。
それについて外国人達がコメントしたとある本をちょろっと読んだ所、「ガイジン」という言葉そのものを「ソトノヒト」という意味に取りひっかかっているというより、「ガイジン」という言葉が使われるシチュエーションがいちいち差別的なんだといいます。
たとえば、「このアパート外人さんお断りだよ」など。
他の国から来た人に対して、わざわざ「あなた外国の方なんですね」って言うこと自体が感覚的に分からないっぽいです。

この映画に登場するほとんどの人は、ドルジやその他の外国人を「外人」と呼びます。思いっきり悪いニュアンスで言ってます。
全く必要ではないシーンで、警察が「あなた外国の人?」みたいにニヤついて聞くシーンがあります。
その時点ではそんなことは本当にどうでもよいことなのに聞きます。
悪意があろうとなからろうと、感じ悪いです。特に言われた本人やその身近な人には嫌な問いかもしれません。

先入観ってすごいものですね。
原作を読んでいる為、色々と本当の所を知っていたはずなのに、それでもおかしな感覚に陥りました。

原作を読んだ時点では、ペットショップの店長麗子さんを、漫画やライトノベルっぽいキャラクターだと感じていたのですが、映画で見たら、そういった印象はありませんでした。
いくつかエピソードを削っているせいでしょうか。それとも、3次元だから?
麗子さん役の大塚寧々さんが美人すぎます。

椎名が本屋襲撃の片棒担いでる時、後ろから話しかけられて「はぁ!?」みたいな変な声出したのが面白かったです。

今原作が手元にないので詳しい比較はできません。

【以下、ネタバレあり感想】
【“映画「アヒルと鴨のコインロッカー」感想”の続きを読む】

テーマ:映画 - ジャンル:映画

  1. 2010/02/07(日) 02:08:56|
  2. 映画感想

FC2Ad