野良箱

同人漫画サークル

ヘミングウェイ「移動祝祭日」

移動祝祭日 (新潮文庫)移動祝祭日 (新潮文庫)
(2009/01/28)
アーネスト ヘミングウェイ

商品詳細を見る

【概要】
晩年のヘミングウェイが、かつてパリで過ごした日々を回想する自伝エッセイ。

【感想】
注釈読むと、事実とは異なる点が多々あるようです。
わざとそうしている部分もあるでしょうし、単に記憶違いという所もあるでしょう。

作中には愛人の名前が出てきません。
しかし、「破滅的な夏」など、最初の妻との不和・離婚を表す言葉は、時々出てきます。

自分と愛人とを出会わせた人と、愛人自身を呪うような文が入っています。
巻末解説によれば、「リッチな連中を憎悪したこともあったけど、不倫は本当は自分の失敗だった。」と反省していたのだそうです。
草稿からそういった部分をカットしたのは、メアリー夫人とのことで、どんな意図があってそのような事をしたのでしょうか。
「最初の妻ハドリーが再婚したと知り、罪の意識から開放された。二人目の妻ポーリーンを心から愛せるようになった。」という趣旨の文もバッサリ切られたそうです。
なぜ切る。
メアリー夫人は、ヘミングウェイのイメージをコントロールしたかったのでしょうか。
「過去を省みず我が道を行く男」的な。
力強いけど、「いい人」からは程遠い何かです。
物分りの良い善人よりは、わがままで何でも他人に責任転嫁していく強引な人物の方が「文豪」って感じはしますね。

ヘミングウェイは、闘牛が好き、という印象だったのですが、競馬や競輪にもハマっていたようです。

カフェで見かけた女性に心奪われ、「いまきみはぼくのものだ」と創作意欲に燃えるシーンが作家ぽくてかっこよかったです。短編を書き終わり顔を上げると、その娘はもういませんでした。

妻のミスでそれまで書き溜めた原稿を1つ除いて全て失うという事件がありました。
大惨事!

「壁に掛けられない」作品というのは、きっと品がなかったり後ろ暗かったり神聖じゃなかったりするものだと思うのですが、そういった作品の中にも名作はあると思います。むしろそういう作品だからこそ。

悪口の多い本です。
「本当はそのとき、"このくだらない連中に好かれたのだとすると、どこか欠点があるのでは?”と反省すべきだったのである。」とかすごい言い様です。
当時そう思わなかったとすると、その後に嫌なことがあって、それが回顧録に反映されているのでしょうね。
ひょっとすると悪口にはフォローがあったのかもしれません。
それを、ヘミングウェイの死後、メアリー夫人が削除したのでは。違う可能性も大ですが。

最初の方は「空腹感」という言葉が繰り返し登場します。
実際には、貧乏ではなかったと言いますから、物理的に腹が減っていたのではなく、精神的な飢餓感を抱えていたのではないでしょうか。

ヘミングウェイは、いくつかのロシア文学を読んでいました。
知人とドストエフスキーについて語る部分があります。
知人はドストエフスキーを悪く言うのですが、「糞と聖人を書くときが最高」「悪文なのに読者を感動させる」という点では認めているみたいです。
ヘミングウェイとその知人どっちのセリフか分かりませんが、「カラマーゾフの兄弟」を最後まで読み通せなかったので、いずれ再挑戦したい、とのことでした。
「外国文学は、翻訳にもよるよね」みたいな話もしてました。

「初めて水着をもたずに泳ぎに行く少女のように、興奮していた。」という一文は、意味がよく分からないのですが、美しい印象を残しました。
  1. 2009/09/09(水) 19:12:39|
  2. 読書感想文(小説)

コミティア89(COMITIA89)に委託参加した感想

※2009/09/08 追記

本日2009/08/23は、コミティア89の開催日です。
うちのスペース情報は、こちらのページでご確認いただけます。

今回、頒布物に同封したペーパーは、以下の通りです。
長髪髭おっさん 金髪ハーマイオニー系ふわふわくせっ毛幼女 女の子

ペーパーでは、「次回以降はなるべく直参」って書いてありますが、次回11月ティアは欠席いたします。2月は直参予定です。

新刊「報われない子供」の誤植情報です。
p17
(誤)「研究成果の述べるように」
(正)「研究成果を述べるように」

P18
(誤)「図書館」
(正)「図書室」

その他、誤植、デッサン狂い、不要な線の消し忘れ、キャラの顔がコマごとに違うなどの不具合を発見しましたら、然るべき形に脳内補正しておいてください。
P12の1コマ目、キャラの顔が草なぎ剛さんに似ているのは偶然です。別に彼がモデルというわけではありません。

さて、私は今回はじめて委託参加をいたしました。
委託物の見本誌は、会場内の委託コーナーに並べられます。
買い手が、欲しい本をなんかの紙(見たことないので曖昧な記述ですいません)に書き、それをコミティアスタッフに渡すと、商品が買えるそうです。
これを「倉庫からの品出し方式」というらしいです。

今日は、本だけが東京の会場に行き、私は北海道に残ったため、イベントのレポートはできません。
が、委託参加ってこんな感じ、という手順について書いてみたいと思います。

まず、委託参加の申込をします。
コミティアにおける委託は、今のところ8月と2月の年2回しか受け付けていないようです。
また、オンラインによる受付は行われていません。郵送オンリーです。
直接参加用の申込要領を読んでおくことは必須条件で、委託申込用紙にも、「ちゃんと読んだよ」とチェックを入れる箇所があります。

委託セット数により、料金が異なります。
1セットは、1種・30部までです。
2種でそれぞれ15部を委託する場合は、2セットの申込になります。
また、1種を45部委託する場合も、1セット30部の上限を超えているため、2セットの申込となります。

申込後、抽選に受かってスペースが取れると、委託参加用の案内書が届きます。これは、直接参加用のものとは異なり、スペース配置図などはついてきません。
案内書には、委託依頼書であるところの「委託品リスト」の書き方や委託物の納品方法が書かれています。

「委託品リスト」には、コミティアの角印(朱色)が押されています。
コピーは不可で、この印が押されたものだけが原本として有効です。
「委託品リスト」に、委託物の名称、数量(見本誌を除く)、サイズ、販売価格、18禁の有無と売上の送金方法等の必要事項を記入したら、署名します。

署名後、コピーをとり、コピーの方に自分のハンコを押印します。
つまり、コミティアの印が白黒で、自分の印が朱色という状態になります。
原本は手元に保存し、コピーの方を委託物、在庫返却用伝票(たしか、ヤマト運輸)と共にコミティアに送ります。

なお、コミティアには、イベント開催の10日前必着です。
新刊原稿の〆切設定は、お早めに。

委託物のビニール袋詰めは必須です。
袋の封は必ず綴じなければいけません。

また、袋の余った部分は、テープで止めるなどして、邪魔にならないようにします。

コミティア当日は、委託スペース上に、ポップやポスターなどのディスプレイ物を置くことはできません。
また、ペーパーやフライヤーも置けません。

本の購入者にペーパーを配布したい場合は、折ったペーパーを委託物に挟み込み、一緒に袋詰めすると良いです。

売れ残った在庫物は、数日後に「委託品リスト」と共に返却されてきます。
そこには、こちらから送った委託依頼書に色々書き足して、コミティアの印を押したものも同梱されているそうです。

というわけで、今日の時点では、何冊売れたのか、はたまた1冊も売れなかったのかは、不明です。

委託参加は、私のような地方在住者にとって、交通費と宿泊費がかからないという大きなメリットがあります。
東京近郊にお住まいの方でも、「コミティア当日、予定が合わなくて会場に行けない」という場合、有効利用できます。

デメリットは、コミティアに参加する友人・知人に会えないこと、イベント参加の実感が湧きにくいこと、頒布物に関する生の反応を見られない・聞けないこと、他サークルの本を買えないこと、在庫がすぐに手元に戻ってこないこと、売上を当日に把握できないこと、納品〆切が早いこと、ディスプレイでアピールできないこと、などがあると思います。

でも、今回は、委託参加できて本当に良かったです。
とにかく、精神的にも体力的にも金銭的にもお得で楽ちんなのです。
自分で売り子や会計をやらなくて良いという利点もあります。(売り子業務が好きな人には物足りないかと思いますが。)
コミティアスタッフの方、ありがとうございます!

【追記】2009/09/08在庫が返却されてきました。

新刊「報われない子供」の袋の外には、「85-1 ¥200」というシールが、既刊「GUN MeDICINe」には「85-2 ¥400」というシールが貼られていました。
スペースNo.「委085」の内の1種目、2種目という意味でしょう。

戻ってきた「委託品リスト」には、残部・販売数・売り上げ合計が、書かれてました。
リスト送付時に私が押した印鑑(朱)は、白黒状態になり、新たにCOMITIAのハンコ(朱)が押されていました。
向こうでコピーを取ったのですね。

売り上げ冊数は、直接参加の時より若干落ちる感じです。
(サークルさんによっては、委託参加の方が売れる所もあるらしい。)

お買い上げいただいた方、ありがとうございました!!
  1. 2009/09/08(火) 12:53:58|
  2. 同人誌・オフライン

ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」亀山郁夫・訳

カラマーゾフの兄弟 5 エピローグ別巻 (5) (光文社古典新訳文庫)カラマーゾフの兄弟 5 エピローグ別巻 (5) (光文社古典新訳文庫)
(2007/07/12)
ドストエフスキー

商品詳細を見る

【あらすじ】
放蕩生活を送り、常時道化を演じる父フョードルとその三人の息子、そして女達の物語。
長男ドミートリー(ミーチャ)は、女好きで金遣いの荒い退役軍人。
次男イワン(ワーニャ)は、博学な無神論者。
三男アレクセイ(アリョーシャ)は、ゾシマ長老に心酔する見習い僧侶。
それまで、アリョーシャが知ることのなかった兄二人が帰郷してくる。
そして、長老の庵室で、家族会合の場が設けられることになる。

【途中まで、ネタバレなし感想】
話題があっちゃこっちゃ行く話なので、あらすじを書くのも難しい小説です。
各巻の裏表紙にネタバレが書いてあるのでご注意下さい。

キリスト教に関する描写が大変多いです。
アリョーシャが所属しているのは、西洋のカトリックやプロテンスタントとは異なる、ロシア正教会です。
ロシアにはこの他にも鞭身派や去勢派など、なにやらマニアックな分派があるそうです。
激しい自罰や他罰行為を行う教義です。
キリストや聖書を書いた人(?)もそんな宗派ができるとは想像していなかったでしょう。多分、そんな教え聖書に書いてない。

神はいるのかいないのか。
神の存在を信じても、神の創った世界は信じない。的な問答が数多くでてきます。
悲惨な事件や児童虐待がなければ、善悪を認識できないのなら、こんな世界は嫌だ、的なセリフもあったと思います。

話の本筋では、ある重大事件を中心に、女の取り合いと、女同士の憎しみ合い、金の貸し借りが展開されます。
金銭に関しては、くどいほど書かれていて、その金額に何か特別な意味があるのか?というくらい繰り返されます。
「金は借りても、全部使わず一部でも返せば俺は泥棒じゃない。卑怯者ではあるけど。」的、謎の金銭感覚や、妙な、プライド上の線引きが登場します。

というわけで、大雑把なストーリーを書き出すと、大変人間くさくて俗っぽいものになるのですが、一方、神の存在問題などやたらめったら高尚な精神的葛藤も絡んでおり、また、神話や既存の戯曲をモチーフにしている点もあります。それでこの感想の冒頭、「話題があっちゃこっちゃいく」と述べたのです。

精神分析学的には、興味深い物語なのだそうです。

そんな女のどこがいいんだよ、そんな男のどこがいいんだよ、というくらい性格のひん曲がった人物が出てきて愛し合います。
ただ単に善良で害のない、一緒にいて穏やかに過ごせる相手よりも、お互いに激しく傷つけあい、その傷を舐めあう関係の方が、より一層、精神の奥深くまで近づけるのかもしれません。

「死んだ罪人が、生前唯一よい行いをした。彼は、葱を辿って地獄から天国に行こうとしたが、他人を蹴落とそうとした為に自分も落ちてしまう」という挿話が出てきます。
これは、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」とそっくりですが、この二つの話にはさらに元ネタがあって、それが「ロシア民話」もしくはポール・ケーラスが収集した「カルマ」なのだと言います。

作中、足の悪い少女、足の腫れた夫人、足を賛美する詩などがでてきます。
作者は足フェチでNTR属性持ちでマゾヒストな部分があったと解説にありました。
それって、谷崎潤一郎とかぶってる気がします。

ロシアの心、ロシアの大地、ロシア的な、…とロシア魂を表すような単語がいくつも出てきましたが、つまる所、「ロシアらしさ」って何なのでしょう。

全5巻中の第5巻は、その大半が訳者・亀山郁夫による解題です。ドストエフスキーの人生についても説明されています。
以下、その解説も参考にしつつ感想を書きます。

【以下、ネタバレあり感想】
【“ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」亀山郁夫・訳”の続きを読む】

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/09/05(土) 17:16:24|
  2. 読書感想文(小説)

ルイス・キャロル「不思議の国のアリス」

2010年実写映画版感想はこちらです
作者が撮った少女写真集の感想はこちらです

不思議の国のアリス (河出文庫)不思議の国のアリス (河出文庫)
(1988/10)
高橋 康也高橋 迪

商品詳細を見る

【あらすじ】
お姉さんと並んで土手に座っていたアリスは、上着を着て懐中時計を持ちピンクの目をしたウサギを追いかけて穴の中に落ちてしまう。
そこは、不思議な世界だった。

↓「不思議の国のアリス」を読んで、イメージイラストを描きました。
  絵の下に感想がございます。
アリス 二次創作 らくがき


【ネタバレなし感想】
各ページの下に、訳者の解説がついています。

登場する動物の英語名が、アリスのモデルになった姉妹達の名に因んでいたり、作中のアリスとモデルのアリスの誕生日が同じだったりするなど様々な点を、注釈なしでは知らずに終わるところでした。
作中のアリスは、ちょうど満7歳だと推定されるそうです。

胴と頭部の分離イメージや四肢を見失う描写など、身体欠損のモチーフが繰り返し登場します。
また、アリスが「昨日の私と今日の私は、同じ私か」との疑問を抱いたり、名前を問われているのに「自分は何なのか分からない」と答えるなど、アイデンティティー喪失の危機を思わせる場面も多いです。
ふわふわした明るくかわいい雰囲気もありながら、相当ブラックなものを感じさせるお話でした。

アリスは物語の初期、飼い猫ダイナのことをよく考え話題に出します。
それなのに、地下世界で「チェシャー・ネコ(ニヤニヤした猫)」に出会った時には、全くダイナのことを思い出さないのです。
その辺がすごく不気味です。
訳者の解釈では、ダイナは「地上とアリスを繋ぐ唯一のもの」なのだそうです。
66ページ以降ダイナの名が出てこないということは、それ以降アリスの心の居所が、より深度を増していったという事でしょうか。
悪夢にズブズブとのめり込んでいく感覚です。

アリスの体は大きくなったり小さくなったりします。
途中から思い通りに大きさを調節できるようになっている点が、地下世界に適応していっている感じがして怖いです。
地下に来た当初のアリスは、「飼い猫ダイナは狩りが得意だ」という話をしては、動物達を不機嫌にさせたり怖がらせたりしていました。
何べん同じミスするんだよ!と思ってましたが、後半では相当気が回るようになっていました。
時として、都合の良い嘘をつくようにすらなりました。
本当のことを言ったら、この世界に対応できないこともあるのです。

作中で数少ないアリスの理解者ドードーは、作者ルイス・キャロルの本名を訛らせたものだそうで、敵の多い地下世界において、ドードー=作者はアリスの味方みたいです。

「帽子屋」と「3月ウサギ」は、気が狂っている(mad)と作中で言われています。
彼らは何故狂っているのか。
それは、もともとある「帽子屋のように気が狂っている(フェルト処理用の水銀で幻覚症状を起こす職業病)」と「三月のウサギのように狂っている(3月はウサギの発情期」という成句から逆生成されたキャラクターだから、なのだそうです。

「逆」というのは、アリス全体によく出てくる要素です。
「女の子っていうのは、蛇と同じくらい卵を食べるのよ」→「かりにそうだとしたら、女の子は蛇だということになるじゃないの。」
「イヌは気ちがいじゃない。イヌは怒るとうなり、うれしいと尻尾をふる。」→「ところがおれは、うれしいとうなり、怒るとしっぽをふる。ゆえにおれは気ちがいである。」
といった間違った発想の飛躍が頻繁に起こります。

「猫の体は消えてニヤニヤ笑いだけが残った」とかどういう状態なのでしょう。
顔がなかったら、表情も残り得ないと思うのですが。カオス!

駄洒落、韻踏み、同音異句などの言葉遊びが大変多い作品です。
日本語訳するのはさぞ困難だったでしょう。

動物達が石版に一生懸命なにかを書き付けるシーンが、なぜかいじらしく、少し切なく感じられました。
まったく悲しい要素ゼロなのに不思議です。

作中のアリスが「わたしのこと、誰か本に書くべきよ」と言うなど、メタ・フィクション的な手法が用いられています。
他にもメタ・フィクション的入れ子構造を思わせる部分があります。

生き物が生き物を食べる、生き物が生き物の命を奪う、という関係性が随所に登場しました。
例えこの作品に何の教訓もないのだとしても、読み手の心には、必要、もしくは、無用な殺生についての印象が、いつの間にか刻み込まれていそうです。

古今東西の小説、映画、漫画、音楽などに多大な影響を与えた「不思議の国のアリス」ですが、今回読んであらためて、「こりゃあ、引用したくなる話だわ」と思いました。
深読みする気持ちがよく分かります。
物語がナンセンスでも、そこに意味を見出したくなるのです。
これは何を象徴してる、とか、これはあれの隠喩だ、とか。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/09/04(金) 22:09:09|
  2. 読書感想文(小説)

森見登美彦「四畳半神話大系」

四畳半神話大系 (角川文庫)四畳半神話大系 (角川文庫)
(2008/03/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る

【あらすじ】
大学三回生の「私」は、唾棄すべき友人「小津」とともに、実益のない2年間を送ってきた。
思えば、映画サークル「みそぎ」に入ったのが間違いであった。
もしあの時別の道を選んでいれば、「薔薇色のキャンパスライフ」を手に入れられたかもしれないのに。

【途中まで、ネタバレなし感想】
登場人物のうち、「樋口師匠」と「羽貫さん」は、同作者の別作品「夜は短し歩けよ乙女」と共通して登場します。
また、映画サークル「みそぎ」や「詭弁論部」「閨房調査団青年部」などいくつかの団体も、「夜は短し~」と同名です。
舞台や世界観が同じようです。
てっきり、「四畳半~」が「夜は短し~」のスピンオフ作品なのかと思いましたが、調べたら「四畳半~」の方が先に発表されていたので間違いでした。

「夜は短し歩けよ乙女」の感想はこちら

優秀な学生を軟禁してレポートを大量に代筆させる<印刷所>というのが特に面白いです。
本筋にはほとんど絡みませんが。
軟禁された学生に、何らかの報酬は与えるられるのでしょうか。

本作では、同じ単語の連続して使われている箇所が幾つかあるのですが、それがテンポ良かったです。
【例】
「不機嫌と不機嫌の相互作用が不機嫌を生み、生まれた不機嫌たちがさらに不機嫌を生み落とすという臭気紛々たる悪夢の連鎖。」
「ただ人の恋路を邪魔することに憂き身をやつして、恋路の走り方などかけらも学んでこなかった私が、しかもこんなに誇り高い私が、今さら自尊心の藪に埋もれかけた恋路をおめおめ走れるか。」

第1話から第4話まであり、登場人物、団体、設定はほぼ同一ですが…。
第2話を読み始めた時に、あれ?え、え?ってなりました。

【以下、ネタバレあり感想】
【“森見登美彦「四畳半神話大系」”の続きを読む】

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/09/01(火) 21:34:27|
  2. 読書感想文(小説)

桐生操『世界禁断愛大全 「官能」と「耽美」と「倒錯」の愛』

世界禁断愛大全―「官能」と「耽美」と「倒錯」の愛 (文春文庫)世界禁断愛大全―「官能」と「耽美」と「倒錯」の愛 (文春文庫)
(2009/07/10)
桐生 操

商品詳細を見る

【概要】
「ホモ・セクシュアル」「近親相姦」「ロリータ・コンプレックス」「サディズム」「カニバリズム」の五章からなる、世界人物伝。

【ネタバレあり感想】
「ホモ・セクシュアル」の項で先頭切って登場したのが、作家のオスカー・ワイルド先生です。裁判のことが書かれています。
その他、ゲイの作家が多数出てきます。
ジャン・コクトーは、ラディゲという詩人を世に送り出したといいます。
コクトーは、単に美しい人とラヴるだけではなく、才能を見出しそれを育てました。同性愛者にも色々いますね。
以前、別の本を読んだ時にも思いましたが、ゲイの作家は、意外と男女の愛憎小説を書いたりしますね。
本人のセクシャリティーと物語は別ということでしょうか。
男性同士の恋愛小説にしないのは、周りの目や社会的圧力もあるでしょう。
また、異性間の恋愛を描いた方が、若干普遍性が高いものとも思われます。

「近親相姦」の章は、なんだか芸術性を感じるエピソードが多かったです。
実話がそのまま文学にできそうです。
バイロンの異母姉との近親相姦はガチだそうですが、「嵐が丘」作者のエミリ・ブロンテが本当に兄と関係を持ったかどうかは、憶測の域を出ないようです。
私は「嵐が丘」未読なのですが、この作品は読み方によっては、近親相姦の可能性があるのだそうです。
少し話が戻りますが、バイロンの妻が、夫とその異母姉との関係を裏付ける資料を集めたというのが面白かったです。それは、現在「ラヴレス文書」と呼ばれているとのことで、読んでみたいです。
実の父に捨てられ、父に焦がれながら、奔放な男性遍歴をたどったアナイス・ニンの「日記」は、神話的ですらあります。

「ロリータ・コンプレックス」の章では、最初に語源となった小説、ウラジミール・ナボコフの「ロリータ」について書かれてます。
「ロリータ」は既読でしたが、ストーリーをほとんど忘れていたので、本書にかかれたあらすじを読んで、「こんな話だったのか」と再確認しました。
「ロリータから教えられるものはなにもないから無意味な作品だ」という批判に対して、作者ナボコフが放った「教訓的小説というものは読みもしないし書きもしない。わたしにとって文学作品は直截に美的悦楽とでもいうべきものを与えるのみ存在する」というのは名言です。
チャップリンとヒトラーもロリコンの章で語られていました。
ロリータ的な幼い映画女優達の写真が載ってるのですが、確かにかわいい。これは魅力的ですよ。
少女監禁・暴行・殺人の話題も出てきて、ここら辺りから不穏な空気が漂ってきました、この本。
「デンマーク児童性愛者協会」が、合法組織である所がすごいです。

「サディズム」の章トップバッターは、数百人の少年を惨殺したジル・ド・レ男爵です。
今まで読んだジル・ド・レ関連の文章で、一番残酷で陰惨な描写です。ひいいい。
まず部下達に少年をいたぶらせ、「それを助けてあげるやさしい私」といった風に登場。少年が笑顔を取り戻すと、抱きしめてナイフで刺す。
ひでぇーーーー。その後の展開は、グロテスクすぎてここには書けません。
告発されたジルが、拷問されると聞いてあっさり口を割ったのがヘタレです。
人に残虐行為するのは大好きだけど、自分がされるのは恐ろしいんですね。
「サディズム」の項の中では、その語源となったマルキ・ド・サド侯爵などかわいい方でした。
彼は、人を鞭で打つのが好きなサディストであると同時に、鞭打たれる事をも望むマゾヒストでもあったのです。あと、男性に対しては「受け」だったりもしたみたいです。

「カニバリズム」は、人間が人肉を食べることです。
当然、殺人が付き物です。
各人、好きな「部位」がある様子。
人肉嗜好の他に、同性愛やロリコン、サディズムなど別の変態性欲・ストレートではない性的指向も持ち合わせている場合が多いようです。

というわけで、様々な愛の形が書かれた本書ですが、第三章「ロリコン」の後半以降は、それを愛と呼んでいいものか疑問な、暴力的かつ猟奇的なものが多かったです。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/09/01(火) 18:20:15|
  2. 読書感想文(小説)

FC2Ad